「シグナル/時空を超えた捜査線」#10あらすじ&感想:親子が最悪の展開に…

シグナル/時空を越えた捜査線

(C)Warner Bros.Entertainment Inc.

どうも、夏蜜柑です。
アメリカドラマ「シグナル/時空を超えた捜査線」第10話。

ええええ~何なの、この展開!
なんでこんなことになっちゃうの?
もう嫌な予感しかないよーっ。

以下、ネタバレを含みますのでご注意ください。

#10「運命の夜」注目ポイント

  • メーガンの行方
  • カイルの想い
  • 決行の夜
  • クラリネット

#10「運命の夜」あらすじ

2016年。逃亡したジョーはメーガンと、ある山小屋に身を隠していた。一方、レイミーとともにジョーの殺害計画を立てたフランクは、決行日を翌日の夜に決め、着々と準備を進める。レイミーは、90年代初めから入退院を繰り返していたメーガンの音声記録を入手し、セラピストとの会話から、ジョーの居場所を掴む。そして運命の夜がやってくるが……。WOWOW公式サイトより)

ネタバレ

フランクとジュリーはやり直すことを決め、町を出て新しい生活を始めることを考える。フランクは自分を裏切ったサッチを許せず、サッチの家を出ていく。

レイミーとフランクは、ナイチンゲール・キラーを抹殺してジュリーが生きている世界を取り戻すため、ジョーの殺害を決意。フランクは決行の夜に向けて入念に準備を進める。

レイミーはカイルが事故に遭ったと聞き、病院へ駆けつける。カイルの想いを知ったレイミーは、決行の夜、カイルの病室を訪ねる。

レイミーのもとにメーガンから連絡が入る。彼女が告げる住所へ向かうと、メーガンは既に殺されていた。ジョーを追ったレイミーは、逮捕せずに射殺する。

フランクはジョーを襲い、睡眠薬で眠らせて車のトランクに乗せるが、森へ運ぶ途中でジュリーから電話が入り、レイミーが車の中に演奏会で使うクラリネットを忘れたと告げられる。
後部座席に気を取られたフランクは、衝突事故を起こしてしまう。

#10「運命の夜」感想

なんか……ものすごいことになってきましたねー(>_<)

レイミーも、まさか8歳の自分がフランクの邪魔をするとは、思ってもみなかっただろうね~。あのクラリネットは、レイミーがパパに演奏会に来て欲しくて、わざと置いてったみたいだし。

っていうか、レイミーがお父さんに殺人を命じる神経が理解できないよ。
レイミーって自己中心的というか、思い込みが激しすぎてついて行けないところある。
そもそも、冷静な判断ができてない気がする。

本当に、ナイチンゲール・キラーはジョーなの?
まだ確証もないのに決めつけて、しかも殺すなんて、早計すぎない?

義理の父親から酷い目に遭わされて、あげく殺されたメーガンのことを思うと、カッとなる気持ちもわかるけど、なんで撃ち殺すかなー。焦りすぎ。

ジョーを殺すことに躊躇がなかったのも、ダニエルが好きなのにカイルをキープしたままなのも、結局、1996年にいるフランクがナイチンゲール・キラーを殺せば、この世界がリセットされると思ってるからだよね。

うーーん……。
なんかモヤモヤするなぁ。

これを言ったら身も蓋もないけど、リセットされてもレイミーだけが元の世界の記憶を維持してるって設定、ほんと変だよねー。

もともと最初からありえない設定だということは納得済だし、辻褄が合わないことばかりなのもわかってたから突っこまないようにしてたけど、ここにきていろいろ気になってしまった。
深く考えてはいけないドラマなんだけどね^^;

あと、今回いきなりゴードの父親が出てきたのも、違和感ありまくりだった。
事件に関係あるとは思えないんだけど、なんでこの回で登場させたんだろ?

残り3回。レイミーとフランクがどうなるのか気になります。

▼リメイク元、キャスト(吹き替え)についてはこちら

シグナル/時空を越えた捜査線
あのSF映画をリメイク!アメリカドラマ「シグナル/時空を超えた捜査線」

「シグナル/時空を超えた捜査線」記事一覧を見る