「銭形警部 漆黒の犯罪ファイル」第2話あらすじ&感想(ネタバレあり):謎のゴート印刷

銭形警部 漆黒の犯罪ファイル

(C)WOWOW

WOWOWオリジナル版ドラマ「銭形警部 漆黒の犯罪ファイル」を見ています。

日テレ版のエンタメドラマっぽい『銭形警部』に比べると、WOWOW版は重厚な感じで本格的な刑事ドラマ。
おふざけ感はなく、個人的にはこちらのほうが好みかな?
銭形のごつごつしたアクションも見所です!
第2話は「友よ静かに眠れ」後編。

※以下、ネタバレあり※

第2話あらすじ

銭形(鈴木亮平)の大学の先輩で、世界的に有名な倉科教授(浜田学)が殺されます。
倉科の無念を晴らすため、犯人を捜す銭形と国木田刑事(三浦貴大)。

捜査の中で、倉科の恋人・未季(芦名星)に付きまとっていた男が容疑者として浮上するも、車にはねられて死亡。

事件は解決したかのように見えました。
が、矛盾を感じた銭形は、恋人・未季こそが犯人だったことを突き止めます。

未季の狙いは、倉科の研究データでした。
ところがデータにはパスワードがかかっており、銭形にパスワードを教えろと迫る未季。

もちろん、銭形はパスワードなんて知りません。
ふたりが格闘している最中、未季は何者かに狙撃され死亡してしまいます。

と、ここまでが前編のお話でした。

銭形は、公安部の阿部(渡部篤郎)から、未季のバックに国際テロ組織の瀬戸(原田泰造)がいたことを知らされます。

瀬戸は倉科の妹・藍(太田莉菜)を拉致し、研究データのロックを解除するパスワードを銭形に探すよう命じます。

銭形は、かつて倉科が「何かあったときはお前に託す」と言っていたことを思い出し、倉科が死の直前に残したメッセージをたどり、パスワードを見つけ出します。

なんとか瀬戸を捕らえた銭形でしたが、黒幕は意外な人物でした。

倉科の研究を支援していた官僚の松村が、私利私欲のために瀬戸を手引きしていた事実を知り、涙を流して悔しがる銭形……。

第2話の感想

途中、銭形が、瀬戸が潜伏している工場跡みたいな所に連れていかれる場面が出てくるのですが、そこの看板が「ゴート印刷」になってました(笑)

聞いたことあるなと思ったら、アニメ「ルパン三世 カリオストロの城」に出てくる伝説の偽札、「ゴート札」ですね!

ドラマはシリアスだけど、こんなところに遊び心が^^
思わず笑ってしまいました。

ところで、ドラマを見ていて気になるのが、銭形警部の年齢です。
鈴木亮平さん演じる銭形警部は、とってもかっこよくて素敵だけど、年齢的にはずいぶん若い感じがしますよね……。

でもでも!!
なんと銭形警部の年齢は、なんと29歳だそうです!!

アニメの銭形警部は、どう見ても40代~50代にしか見えませんけども……。
そうなると、鈴木亮平さんは現在33歳なので、年齢的にもピッタリのハマリ役ということになりますねー。

第3話「高度一万メートルの陰謀」は、飛行機内で起きる殺人事件。
次回も楽しみです。