「明日の約束」第3話あらすじ&感想:母親が友達を排除?イジメの真相は…

ドラマ「明日の約束」

どうも、夏蜜柑です。
ドラマ「明日の約束」第3話。

毎回、回想シーンで明かされる「明日の約束」が悲しすぎる。
こんなに悲しみに満ちた「明日の約束」があったでしょうか……。
子供の頃の日向の気持ちを思うと、泣ける。

以下、ネタバレを含みますのでご注意ください。

ドラマ「明日の約束」は、FODプレミアムで各話有料配信しています。

第3話の注目ポイント

  • 圭吾、長谷部、沢井の関係
  • 吉岡真紀子のインタビュー
  • ネットの書き込み
  • 辻先生の過去
  • 尚子の行動
スポンサーリンク

第3話のあらすじ

スクールカウンセラーの日向(井上真央)は、ある日、不登校が続く1年生の圭吾(遠藤健慎)から「好きになりました」と告白されるが、翌日、圭吾は遺書も残さず不可解な死を遂げてしまう。息子の死は学校の責任だとする母・真紀子(仲間由紀恵)の主張に対し、校長の轟木(羽場裕一)は記者会見を開いて対応は適切だったと説明。しかし、マスコミや世間の“犯人探し”は勢いを増し、学校は非難をあびる。

一方、日向は家でも過干渉の母・尚子(手塚理美)に悩まされていた。幼い頃から自分を縛りつけてきた母が、ついに恋人である本庄(工藤阿須加)の存在を知ってしまったのだ。これから始まる母の新たな“支配”に、日向の心は重くなるばかりで……。

そんななか、テレビで真紀子のインタビューが放送され、内部で圭吾に対するイジメや暴力があったのではないかと、バスケ部に疑惑の目が向けられる。

顧問の辻(神尾佑)は報道の内容を否定するが、日向はマネージャーの希美香(山口まゆ)の話から、圭吾と一部の部員の間で何かトラブルがあったのではないかと考え、担任の霧島(及川光博)とともに、部員に聞き取り調査を行うことにする。その日の放課後、本庄から「急用ができた」と約束をキャンセルされた日向は、帰り道で待っていた香澄(佐久間由衣)にネットで拡散しているという書き込みを見せられる。そこには、辻がかつて体罰で生徒に大ケガを負わせた、などと書かれていた――!
その頃、尚子は日向の恋人の本庄と接触しようとしていた…。番組公式サイトより)

第3話の感想

今回は大きな進展はなかったけど、毒親2人がじわじわ迫ってくる感じが怖い。
そしてその毒親2人に睨まれ、硬直状態の日向。
本庄、頼むからしっかり日向を支えてあげてーー!って感じ(>_<)

長谷部先輩と沢井と圭吾の3人は、以前は仲が良かったんだねぇ。
驚きの新事実。
てっきり圭吾が苛められてるとばかり思ってた。

2人とも「あいつのほうから離れていった」みたいな発言してたから、どうやら、原因は圭吾のほうにあるらしい。
たぶん母親の仕業だろうなぁ……。
あの2人が圭吾に近づかないように、何かしたのかもしれない。
日向の母親が、そうしていたみたいに。

バスケ部のイジメは、なかったんだろうか。
でも、第1話で苛められてるシーンあったよね、確か。
圭吾(の母親)が2人に何かしたから、その腹いせでイジメが始まったとか?

どっちにしても、辻先生は何も知らないようだった。
夜道で辻先生を襲ったパンプキン野郎は、たぶん何の関係もない人で、ネットで流れてる噂を信じて勝手に怒りを募らせて、辻先生に制裁を加えた……ような気がする。

「一度、間違いを犯した人間は、何年経っても許されない。罰を受け続けなければならないし、信頼も取り戻せない。今は、そういう世の中なんですよ」

辻先生の言葉が、すごく的を射ていたと思う。
今の世の中は、「もう十分酷い目に遭ってるじゃない」という人に対しても容赦ないから。

でも、記者の小嶋が言ってた「自分は正しい意見の持ち主だ、悪いヤツや間違ったヤツを叩きのめしてやるっていう快感」というのも、わかるんだよね。
確かに、誰の心の中にも、そういう気持ちはあると思う。
ただ、最近は度を超してて、歯止めが利かなくなってる感じがする。

とにかく日向が心配だ。
次回は本庄に母親のことを告白するようだけど、大丈夫かなー(-_-;)
本庄が日向の心の支えになってくれますように。

ロケ地・登場人物(キャスト)についてはこちら↓で書いています。

http://dramaeveryday.com/yakusoku_0/

「明日の約束」記事一覧を見る