刑事ゆがみ第1話|名コンビが見せる渋くて濃いドラマ

ドラマ「刑事ゆがみ」

(C)フジテレビ

どうも、夏蜜柑です。
ドラマ「刑事ゆがみ」第1話。

なんというか……渋いです。
弓神は名前どおり適当でチャラチャラした問題刑事。
羽生は真面目で青くて童貞。
ふざけたコンビなんだけど、内容は渋くて濃いです。
いいドラマ。

以下、ネタバレを含みますのでご注意ください。

第1話のあらすじ

弓神適当(浅野忠信)はうきよ署強行犯係の刑事。適当でだらしなく、人と一緒に行動することを嫌う変わり者だ。だが、ひとたび事件の捜査になると、常識やレッテルに惑わされず、ただひたすらに真実を追い求める男だった。
そんな弓神とバディを組むのは、上昇志向と正義感が強い若手刑事の羽生虎夫(神木隆之介)。早く出世したいと考える羽生にとって、違法捜査もお構いなしの弓神はやっかいな存在だ。弓神とは同期でもある強行犯係係長の菅能理香(稲森いずみ)も自分勝手な弓神には手を焼いていた。

ある日、女子大生の押田マイ(小倉優香)が、歩道橋下で仰向けに死んでいるのが発見される。死亡推定時刻は深夜1時。マイは酒を飲んで帰宅途中に、誤って階段から転落した可能性が高かった。が、死体を見て何かを感じた弓神は、羽生を巻き込んで勝手に捜査を始めてしまう。

弓神は、ハッカーの“ヒズミ”こと氷川和美(山本美月)からも情報を得て、事件当日、マイと一緒に飲んでいた友人・倉間藍子(大後寿々花)に会いに行く。すると藍子は、1週間ほど前にマイが電車内で痴漢した男を捕まえたこと、男から現金を受け取り警察には届けなかったこと、そして、その夜から嫌がらせを受け始めたことを打ち明ける。

弓神たちは、痴漢騒動があったうきよ台駅を訪れ、当日勤務していた駅員・坂木望(杉咲花)から話を聞く。望とは中学時代の同級生だった羽生は、思わぬ再会に心が躍る。やがて、弓神と羽生は坂木の協力を得て、痴漢疑惑の男・沢谷(岡田義徳)を発見するが…。番組公式サイトより)

ネタバレ

捜査の過程で、殺された押田マイには1千万近い預金があり、痴漢でっち上げの常習犯だったことがわかる。マイと行動を共にしていた友人の倉間藍子も共犯者だった。

弓神の命令で、弓神は駅員室でパソコンを借り、そこで倉間を誹謗中傷する掲示板を見つける。次は倉間が狙われると考えた弓神と羽生は、倉間の家を見張ることに。

そこに現れたのは、望だった。
最初から望を怪しいと見ていた弓神は、罠を仕掛けたのだ。

「多くの人が冤罪で苦しんでいる。私は正しいことをした」と言い張る望に、弓神は沢谷が本当に痴漢の常習犯だったことを打ち明ける。

第1話ゲスト

坂木望……杉咲花
沢谷……岡田義徳
沢谷薫子……小倉優子
倉間藍子……大後寿々花
押田マイ……小倉優香

スポンサーリンク

第1話の感想

望が犯人だということは、もう最初のほうでわかっちゃうんですけど、その理由が複雑なんですよね……。

私は単純に、駅員の仕事をしていてストレスが溜まって、爆発しちゃったのかと思ったんだけど、それだけではないみたい。

どうやら彼女は過去に痴漢に遭った時、怖くて声を出せなかったらしい。
だから、被害に遭ってもいないのに、痴漢だと大きな声を出して無実の人を犯人に仕立て上げ、金を巻き上げる押田マイを許せなかったのかなぁ。

でもきっと、心のどこかに「羨ましい」という気持ちもあったと思うんだよね。
そういう矛盾する気持ちが、どんどんネガティブな方向へ発展していったのかもしれない。

それにしても羽生にはちょっと騙されたなー!
私はてっきり、望が職場で辛い思いをしているのを見た時に、彼女が犯人だと気づいたと思ったよ。「わかった!」みたいな鋭い目をしてるもんだから。

でも全然気づいてなかった(=_=)
ま、そういう位置のキャラみたいだね。

あとは、山本美月さん演じるしゃべらないハッカー・ヒズミ。
原作には登場しない、オリジナルキャラクターらしいですね。
今後のストーリーにどう絡むのか楽しみ。

「刑事ゆがみ」記事一覧を見る