刑事ゆがみ第8話|孤独は悪なのか?

ドラマ「刑事ゆがみ」

「刑事ゆがみ」

どうも、夏蜜柑です。
「刑事ゆがみ」第8話。

今回の羽生はワイルドでしたね。
普段は罵ってばかりいるけど、羽生は弓神の言葉をしっかり受け止めてる。
そして少しずつ影響を受けて、成長してる。
頼もしくなってきました。

以下、ネタバレを含みますのでご注意ください。

好きだった競走馬の引退を知って落ち込む弓神(浅野忠信)は、憂さ晴らしに羽生(神木隆之介)を連れてキャバクラに行く。馬の話ばかりして呆れられる弓神とは対照的に、キャバクラ嬢のキララ(久松郁実)たちからおだてられ、調子に乗って酒を飲む羽生。そこに猿渡愛実(市川由衣)がやってくる。弓神は、かつて愛実を窃盗容疑で逮捕したことがあった。愛実は、すっかり犯罪からは足を洗い、児童養護施設にいるひとり息子の実(吉沢太陽)と一緒に暮らすことを夢見て、キャバクラ嬢をしながら昼の仕事を探しているという。

それから数日後、愛実が高級マンションの敷地内で死体となって発見される。その手には180万円もの現金が握られていた。愛実は、このマンションでひとり暮らしをしている元銀行員の資産家・沼田徹(小林隆)の部屋から現金を盗み、逃げようとした際にベランダから転落した可能性が高かった。ただ、現金が戻り、沼田も被害届は出さないと言っているため、今回の一件は事故扱いになるという。

しかし弓神は、愛実が誰にも気づかれずに少額を盗むことから“透明人間”という異名を持っていたことや、彼女が弓神に窃盗に手を染めないと誓った様子から、彼女の死に不審を抱く。
そんな中、うきよ署強行犯係は、県警本部の須崎警視が指揮を執る高齢者を狙った詐欺事件の捜査に協力することになった。が、おとり捜査の最中、現金の受け子として現場に現れたのは…。番組公式サイトより)

第8話のネタバレ

現金の受け子として現場に現れたのは、キャバ嬢のキララだった。彼女は詐欺だとは知らず、ただのバイトのつもりだったと言う。さらに、愛実も一緒に仕事を引き受けていた。

ヒズミ(山本美月)の協力で、愛実の貯金がほとんど残っていないことがわかる。愛美は、自分が詐欺に加担したことを知り、被害に遭った女性に貯金をすべて渡していたのだった。

弓神と羽生は沼田について調べるが、証拠を押さえることができない。そんな時、弓神は再び詐欺事件の捜査に加わることになる。

羽生が運び屋の男になりすまして金の受け渡し場所へ行くと、そこへ沼田が現れる。沼田は詐欺グループの一員だった。愛美は、奪った金を被害者に返そうとして沼田の家に忍び込み、殺されたのだった。

定年退職をして生きる意味を見失った沼田は、詐欺グループの一員として働くことが生きがいだったと言う。

弓神は愛実の息子・実に会いにいき、愛実の部屋にあった手紙と誕生日プレゼントを渡す。
第8話のゲスト
猿渡愛実……市川由衣
キララ……久松郁実
沼田徹……小林隆

第8話の感想

先週はSNS、今週は独居老人と、現代社会が生み出す孤独がテーマに。
そのせいか、いろんな意味で切なさとやるせなさが重く胸にのしかかりました。

弓神は相変わらずブレないなぁ。
“真実を炙り出すためなら手段を選ばない”

今までなら、羽生はそんな弓神を軽蔑して暴走を止める役だったのに、今回は羽生自ら弓神式を実践して沼田の自白を引き出してしまう。
羽生が沼田を聴取するシーンは、凄みさえ感じてシビれました。

犯人が小林隆さん演じる沼田であることは、例によって一目瞭然。
だけど、犯行の動機はまったく予想できなかった。

私も今までの人生の半分をひとり暮らしで生きてきたし、時には二度と抜け出せないのではと思えるほど深い穴に落ち込んだりもしたけれど、さすがに「凶悪犯と一緒でもいい」と思うほどの孤独の闇に落ちたことはないなぁ……。

この人は、誰かに評価されないと生きていけない人だったんだろうな。
資産家でお金あるんだから、自分で会社興すとか、フリーで新しい仕事を始めるとか、ボランティアで働くとか、いくらでも方法はあったと思う。

でも、たぶんそういうんじゃなかったんだろうね。
組織に属して、誰かに仕事を命じられて、必死に期待に応えて、お金で評価してもらう。そういうことが、生きがいだったのかもしれない。

承認欲求は誰にでもあるし、仕事に生きがいを感じる気持ちもよくわかる。
だけど、犯罪者になってもいいから評価されたい、孤独から解放されたいという心理には、全く共感できなかった。

ドラマのストーリーとしては面白かったけど、こういうのを見ると、孤独=悪、というネガティブなイメージがさらに強くなってしまうんじゃないかと、その点だけが少し心配です。

世の中の人がみんな、孤独を悲しんでいるわけじゃない。
独りを楽しんでいる人はたくさんいるし、残りの人生を思うがままに生きるためにあえて家族と離れ、孤独を選ぶ人もいる。
そういう生き方もあっていいと思うし、いろんな生き方を認める世の中であってほしい。

孤独をポジティブにとらえて生きている人も多いのに、なぜそこはフィーチャーされないんだろう……ドラマに限らず、いろんな面で。

次回は再びロイコ事件が関わってくるみたいです。
オダギリジョーさん、やっと登場かなー?


ほかの記事を読む?

ドラマ「刑事ゆがみ」 刑事ゆがみ第9話|追い詰められた弓神 ドラマ「刑事ゆがみ」 刑事ゆがみ第1話|名コンビ誕生