「10の秘密」第3話|菜七子が回し蹴りした相手は誰なのか?

ドラマ「10の秘密」あらすじキャスト

「10の秘密」記事一覧

どうも、夏蜜柑です。
火曜夜9時「10の秘密」第3話のあらすじと感想。

物語が動いてきた感じはあるんですけど……全体的に緊張感がなくて、誘拐とか脅迫とかヒリヒリする場面になってもなんとなく「ゆるい」のが残念です。

サスペンスなら、もっとスリルと苦みがあってもいいんだけどな~。きっとこのドラマはこの感じでいくんだと思う(あな番の影響?)。

でも向井理さん演じる圭太の矛盾したキャラクターには、ちょっと興味を引かれます。どこから見ても“凡庸”で“いい人”なのに、「姑息」という。

この先、どう変化していくのか楽しみです。

第3話のあらすじ

圭太(向井理)は自殺した矢吹(中林大樹)のパソコンからコピーした〈帝東建設〉の不正の証拠をを由貴子(仲間由紀恵)に渡す。

データを受け取った由貴子は〈帝東建設〉の社長・長沼(佐野史郎)に取引を持ちかけ、長沼はこれに応じる。

圭太と菜七子(仲里依紗)が瞳(山田杏奈)の帰りを待っていると、宇都宮(渡部篤郎)が圭太の靴を持って現れる。宇都宮は圭太が〈帝東建設〉の秘密を握っていることを知りながら、長沼には報告せずにいた。

由貴子は誘拐犯の二本松(遠藤雄弥)と会い、データを渡して瞳を取り返す。由貴子に送られて圭太のもとに戻った瞳は、10年前の事件について圭太を問い詰める。

幼い頃の断片的な記憶を思い出し、両親の離婚も今回の誘拐事件も自分が起こした10年前の事件のせいではないかと恐れていた瞳。圭太は瞳に10年前の秘密を打ち明ける。

10年前、圭太と由貴子は友達の別荘を借り、幼い瞳と家族3人で泊まりに行った。夜、2人がテラスで話し込んでいる間に瞳がいなくなり、必死に探す2人。

圭太が瞳を見つけたとき、瞳は炎に包まれる小屋の前に立ち尽くしていた。足元にはランタンが落ちており、出火の原因は瞳だと思われた。

近くの別荘や家が何軒か燃えたが火元は特定されなかった。名乗り出るべきだと言う由貴子に対し、建築家を目指していた圭太は保身のために隠すことを選択。

瞳は火事で亡くなった人がいたのではないかと問うが、圭太は否定する。瞳が貯金を全額おろしていたのは、探偵を雇って10年前のことを調べるためだった。

圭太は翼の部屋を訪ね、疑ったことを謝罪する。瞳と話し合い、お互いに聞きたいことを聞けたと嬉しそうに語る圭太に、翼は「あなたの罪はそれだけですか?」と問う。

圭太が会社に出勤すると、水戸が部下と揉めていた。部下は検査日を早めることに納得がいかず、ほかを優先したという。「10万も払ったのに約束が違う」と不満をぶつける水戸。

その会話を上司に聞かれ、圭太は不正な金を受け取ったとして懲戒解雇されてしまう。圭太は母・純子(名取裕子)に金の相談をするが、「親に泣きつくなんて情けない」と説教される。

切羽詰まった圭太は、〈帝東建設〉の宇都宮を訪ねる。圭太は「例のデータを持っている」と告げ、社長の長沼との面会を要求する。

矢吹のデータについて説明する圭太。建築中のタワーマンションは図面上はSRC構造(鉄骨鉄筋コンクリート)だったが、現場写真では2階までしか鉄筋が入っていなかった。

圭太は「工期短縮とコストダウンを狙った会社ぐるみの明らかな偽装」だと訴え、長沼にUSBを見せて「いくらで買っていただけますか?」と持ちかける。

その頃、由貴子は二本松と合流。手に入れた大金を二本松の車に積み込む。

登場人物はこちら

ドラマ「10の秘密」あらすじキャスト「10の秘密」登場人物(キャスト)・各話あらすじ・感想まとめ

第3話の感想(ネタバレ有)

由貴子の策略と矢吹氏の悲劇

由貴子のおかげで瞳は無事に帰還。

ちょっとあっさりしすぎて拍子抜け……と思ったら、やっぱり誘拐犯と由貴子はグルでした。

瞳を二本松に誘拐させて、同時に圭太の行動を監視させ、ちょうどいい頃合いに現れて犯人と交渉したように見せかけ、圭太に矢吹氏のデータを盗みに行かせ、そのデータを使って〈帝東建設〉と取引し、大金を手に入れた……という顛末ですかね。

悪い女だなぁ~、由貴子。
娘にまで嘘ついて、心配してる演技して。

しかも、まだ何か企んでそうだから怖い。

チェインストーリー#3.5を見ると、矢吹氏はとことんいい人で、会社ぐるみの偽装工作とは疑いもせず、ずーっと上司や宇都宮氏にマンションの欠陥を訴え続けていたんですよね。

プロジェクトから外されて異動になるまで気づかないという鈍感な人でもあったので、由貴子を疑うこともしなかったはず。

思い詰めた彼が最後に頼ったのが、顧問弁護士の由貴子だった……というのが悲劇でした。

彼が由貴子に連絡してから、自殺に至るまでの間に何があったのかは描かれていませんでしたが、死を選ぶほど絶望的な状況に陥ったのでしょう。

ここまで来たら、由貴子にはとことん“悪い女”を貫いてほしいわ。

10年前の秘密が明らかに

さて、ようやく10年前の秘密が明らかになりました。

別荘地での火事を起こしたのは、幼少時の瞳でした。
瞳のためと言いながら、実は保身のために真実を隠すことにした圭太。

ちょっとずつ、彼の「姑息」な本性が見えてきましたね。
10万円を受け取ったのも、意外ではないのかも。

そしておそらく10年前の火事では誰かが亡くなっているのでしょう。圭太は瞳を傷つけないために「死んだ人はいない」と嘘をついていましたが。

火事で亡くなった人は、ピアニストの翼と関わりがありそうです。
彼は圭太と瞳親子に強い憎しみを抱いているようでしたから。

第2話で圭太がお金を振り込んでいたのは、被害者の遺族だと思われますが、翼はそのことを知っているのかな。

菜七子が回し蹴りをした相手は誰なのか?

未だに手がかりが乏しい菜七子の秘密。

今回の瞳との会話で、彼女の秘密が六本木の酔っ払い…つまり彼女が回し蹴りでKOした男に関わりがあることがわかりました。

「あの時、なんか聞いた? 私たちの会話」と瞳に確かめていたので、聞かれたくないことを話していたのだと思います。

六本木での菜七子は、いつもの雰囲気と全然違ってましたよね。
服装も髪型も化粧も。

やはり風俗関係でしょうか?
男に騙されて借金を背負わされて売られたとか?

マッチングアプリを利用していた保育園の同僚に「気をつけなよ」と注意していたことも気になります。アプリを利用して売春しているのか?

でも客を回し蹴りするというシチュエーションがピンと来ないし、ありきたりだなぁ。

実は暴力団組長の愛人で、回し蹴りした男は言い寄ってきた手下のひとり、っていうほうが面白いけど、これだとコメディだもんなぁ。

黒幕は由貴子でも〈帝東建設〉でもなく、菜七子という可能性もありますよね。

矢吹氏が自殺したときに持っていたUSBと手帳は現場から見つかっていないので、誰かが隠し持っているのだと思うのですが、あれ菜七子が持っているのかも。

就職するのかと思いきや、社長を脅迫

不正な金を受け取ったことが上司にバレてしまい、会社をクビになってしまった圭太。

母・純子に泣きつくも「お金にだらしない大人は最低です」と一刀両断。元小学校教師だったというお母さん、いつもこんなふうに息子を叱っているのかしらねぇ。

で、思い詰めた圭太は〈帝東建設〉へ乗り込むのですが。

わたしはてっきり「秘密を守る代わりに建築士として雇え」と要求するのかと思ってましたよ。まさか社長に直接会って、脅迫するとは!

ぶっ飛んでますね、圭太。
やはり“凡庸”なだけの男ではなかった…。

でも“凡庸”であることに変わりはないので、社長を脅しているときも言葉に詰まったり、若干オドオドしてて可笑しかった。

おまけに「いくらで買っていただけますか?」って、相手に委ねてどうすんのよ! ここは「1億で売ります」くらい言おうよ!!

圭太の凡庸キャラが滲み出ているシーンで、面白かったです。
由貴子とは違う意味で怖いわ、圭太。