「執事 西園寺の名推理」最終回|西園寺の正体は謎のまま…続編あり?

「執事 西園寺の名推理」

どうも、夏蜜柑です。
「執事 西園寺の名推理」最終回(第8話)。

百合子様と西園寺の絆の深さが沁みる最終回でした。西園寺と丸山刑事の手錠繋がり捜査が最高に楽しかった!

西園寺の過去と大川との関係については謎のまま終わりましたが……続きがあるってことでいいんですよね?

以下、ネタバレを含みますのでご注意ください。

最終回のあらすじ

  • 百合子(八千草薫)のもとに、伊集院フーズの社長・安住正彦(スギちゃん)から直接話がしたいという手紙が届く。百合子の身を案じた西園寺(上川隆也)は、代わりに安住の部屋を訪ねるが、安住は何者かによって刺殺された直後だった。
  • 西園寺が現場から逃走するのを見た丸山(佐藤二朗)は、西園寺の足取りを追う。西園寺は伊集院グループの最高経営者会議までに真犯人を見つけ出し、百合子のために汚名を晴らそうと考えていた。丸山は真犯人探しに協力することを誓い、西園寺と行動を共にするが、西園寺はどさくさに紛れて逃亡する。
  • 佑一郎(里見浩太朗)は、西園寺に殺人容疑がかかっていることを理由に、百合子と代表の高島(国広富之)を失墜させようと企んでいた。しかし、西園寺の調査によって、真犯人が高島の腹心である内藤(林泰文)であることが判明。
  • 内藤は、安住によって粉飾決算が明るみに出るのを恐れ、祐一郎に相談。祐一郎に促され、安住を殺して西園寺に罪を着せようとしたのだった。内藤と祐一郎は、その場で警察に連行される。
  • 大川(古谷一行)は西園寺に「これが最後だと約束しろ」と促すが、西園寺は拒否。「奥様の平穏を脅かす者がひとりでも存在するかぎり、命に代えてもお守りする所存です」と宣言し、伊集院家に戻る。

最終回のゲスト

秦野慶子…かとうかず子
高島毅…国広富之
内藤…林泰文
増田浩二…信太昌之
安住正彦…スギちゃん
綿貫友里恵…上地春奈
矢木…土平ドンペイ
加茂優子…桜木梨奈

最終回の感想

西園寺の過去は、結局わからないままだったねー。

大川との関係も謎のままで、続編に期待をもたせる終わり方でした。
いろいろ気にはなりますが、続きを作ってくれるのなら全然問題ないです^^

ラストシーンで伊集院家のお庭に咲いていた「ガーデニア」。
和名は「山梔子(くちなし)」です。

いま、まさに至るところで香っていますよね。

今回の見どころは、なんと言っても西園寺と丸山刑事の手錠繋がり捜査&アクションでしょう!

殺人容疑がかかった西園寺に協力し、一緒に真犯人を探すと言う丸山刑事。
めっちゃ嫌そうだし怪しんでもいるんだけど、どこかで信頼してもいる。

こういうシチュエーション、萌えるよねぇ~。めっちゃ好きなやつ^^

手錠で繋がったままの2人が、襲いかかる数人の敵と戦うアクションシーンも面白かった。
丸山刑事がちょっと鈍くさいのが、またよいのです。

2人で海に飛びこむ直前、西園寺が「今までありがとうございました」って冷静に言うのがおかしかったわ(笑)

事件自体は単純で、百合子派の内藤(林泰文さん)が祐一郎派に寝返り、祐一郎の言うとおりに安住を殺して西園寺に罪を被せようとした、というものでした。

それによって百合子様に責任を取らせ、百合子派の現代表・高島を失墜させようとしたワケです。

祐一郎は本当に仕事ができるのかと疑いたくなるほど、お粗末な計画でしたねぇ。
会社を発展させるためって、こんなリスク冒して警察に捕まったら元も子もないじゃん。

最後は百合子様のお説教で反省したみたいだけど、ちょっとあっさり改心しすぎのような気もします。個人的には悪役のままでシーズン2に続いてほしかったなー。

西園寺の過去については、いろいろ妄想が膨らみますが、次のシーズンを楽しみに待ちたいと思います。

あっ、上川さんは9月23日からスタートするWOWOWの連続ドラマ「真犯人」に出るんだよね!これも楽しみにしてます^^

見逃し配信は…
ネットもテレ東にて、最新話のみ期間限定無料配信されています。

ほかの記事を読む?

WOWOW「真犯人」あらすじ感想 「真犯人」第1話|過去と現代をつなぐ男 「執事 西園寺の名推理」 「執事 西園寺の名推理」第1話感想|上川隆也と古谷一行の関係は?