「3年A組 -今から皆さんは、人質です-」第2話|フェイク動画を投稿したのは香帆

ドラマ「3年A組-今から皆さんは、人質です-」

「3年A組」の記事一覧を見る

どうも、夏蜜柑です。
「3年A組 -今から皆さんは、人質です-」第2話。

いろんな意味でハラハラするドラマ。
一颯は本当にいい教師なのか。この緊張感とテンションは最後までもつのか。

夏蜜柑
わたしが注目する人物は一颯と郡司です。

第2話のあらすじ

  • 3月2日。一颯(菅田将暉)が校内に立てこもってから一夜が明ける。郡司(椎名桔平)は一颯が以前勤めていた咲宮高校を訪ね、一颯が恋人だった同校の女性教師に暴力をふるっていたことを聞く。
  • 一颯の次の課題は、澪奈(上白石萌歌)が自殺するきっかけとなった動画をSNSに投稿した人物を特定することだった。その動画は澪奈の鞄にドーピングの薬が入っているのを撮ったものだったが、フェイク映像だった。
  • 甲斐(片寄涼太)たちは、一颯が本当は中尾(三船海斗)を殺していないのではないか、と疑う。隙をついて一颯に襲いかかり爆弾のリモコンを奪うが、それはニセモノだった。
  • 投稿者が名乗り出なければ全員殺す、と宣言する一颯。追い詰められた香帆(川栄李奈)をかばい、さくら(永野芽郁)は「私がやりました」と名乗り出るが、すぐにウソだとバレてしまう。本当に投降したのは香帆だった。
  • 自分だけが澪奈の友達だと思っていた香帆は、澪奈がさくらを選んだことでプライドを傷つけられ、澪奈に数々の嫌がらせを行っていた。「もうやめて」と言う澪奈に、香帆は「だったら死んで」と告げた。
  • だが澪奈は香帆を恨んではおらず、自分のせいだと語っていたことを一颯から知らされる。さらに、さくらは澪奈が香帆のことを「私の大切な友達」と話していたことを教える。澪奈の思いを知って激しく泣き崩れる香帆。
  • 2日目の授業が終わり、一颯は教室を出て行く。一颯は中尾の死を疑う甲斐たちに切断された手を見せるが、それは作り物だった。一颯は郡司に30人分のおにぎりを要求し、第1校舎の昇降口に持ってくるよう命じる。昇降口に現れたのは五十嵐(大友康平)だった。

第2話の感想

いくつか予想を裏切ってくれました。

澪奈の自殺の理由とドーピング疑惑の真相をあっさり明かしたこと。
さらに、謎の女性が一颯の恋人であると明かしたこと。

ドーピング動画を投稿した生徒は、川栄さん演じる宇佐美香帆でした。
あまりにもストレートな展開が、逆に予想を裏切ったという感じです。

一颯の目的(=ドラマの趣旨)のひとつは、澪奈の生きざまを通して3Aの生徒たちを正しい道に導くことのようなので、自殺の動機や犯人探しをめぐるミステリーはそれほど重要ではないという位置づけなのかもしれません。

月並みで軽すぎた〈お説教〉

展開は1話目と同じで、タイムリミットの午後8時を迎えて追い詰められた生徒のひとり(香帆)が真実を告白し、自らの過ちに気づかされるという流れ。

投稿者が香帆であることは、前回の伏線を素直に受け取れば誰でも容易に想像できることでした。

だからこそ、彼女がそんな最低な行動を取った経緯や、一颯の〈お説教〉の内容には、もうひとひねり欲しかったなぁと思います。

夏蜜柑
今回の一颯の〈お説教〉は月並みで、あまり刺さらなかったんですよね。

もし一颯の言うとおり、動画が拡散されたことが澪奈の自殺の原因だったとしたら、香帆の扱い方が軽すぎるようにも思います。どう見ても第1話のさくらのほうが重かった。

かつての友人を陥れて自殺に追い込むほど心をこじらせている香帆に、あの〈お説教〉がはたして響くのかという疑問もありました。

彼女には〈お説教〉よりもハンカチのエピソードのほうが響いたんじゃないかなぁ。
澪奈がさくらに「それ、私の大切な友達が好きなキャラクターなんだ」って言っていたことのほうが。

香帆が澪奈に贈ったハンカチ

香帆が澪奈に贈ったハンカチ

澪奈がさくらに贈ったハンカチ

澪奈がさくらに贈ったハンカチ

澪奈の一面しか見ていなかったこと、くだらないプライドを満たすために彼女を追い詰めたこと、それを知ったときの香帆の心の動きを、もっと丁寧に見せてくれたらよかったのに、と思う。

ドーピングを思わせるフェイク動画を作ったのは香帆ではないらしいから、その動画を作って香帆に送った人物のほうが罪が重い……ということなのでしょうか。

それにしても簡単に解決しすぎるなぁ。自殺の原因となった生徒なのに。

夏蜜柑
香帆にしてもさくらにしても、これっきりではなく、今後も続くかもしれませんね。

一颯の謎が深まる

心を病んだ女性が一颯の恋人だと断定されたことで、一颯をめぐる謎はますます深まってきました。なぜ、一颯はかつての同僚だった文香に暴力をふるっていた(と思われている)のか?

一颯が繰り返し文香の動画を見ていたり、文香を思いやる発言をしていることから、彼女を大切に思っていることは間違いない。一颯がこの事件を起こした理由には、彼女が絡んでいると思われるのですが……。

椎名桔平さん演じる郡司の動きにも、気になるところがありました。

文香の家を訪ねた郡司は、文香の父親からどこまで話を聞いたのでしょう?
そのあたりがバッサリ省かれていましたよね。もちろん故意にでしょうけども。

で、なぜ彼は文香のケータイを手にしていたんでしょうか。
文香に直接会って、彼女から借りたのでしょうか。

だとしたら、彼は一颯のもうひとつの目的に気づいているのかもしれません。

また、前回から気になっているのは、一颯が飲んでいる薬?のようなもの。
ずいぶん思わせぶりに映していたから、ただのサプリとかじゃないですよねぇ?

夏蜜柑
もしかして病気なの?

中尾くんはたぶん生きていますね。
切断した手はニセモノだったし、おにぎりは30人分(生徒28人+一颯+中尾)だし。

最後にケータイを持っていた生徒は誰なんだろう?

今のところ緊張感は持続していて充分すぎるほどゾクゾクさせられていますが、このテンションが最後まで続くのか心配^^;

「3年A組」の記事一覧を見る

ほかの記事を読む?

ドラマ「3年A組-今から皆さんは、人質です-」 「3年A組 -今から皆さんは、人質です-」第3話|郡司は元教師、生徒は生きていた ドラマ「3年A組-今から皆さんは、人質です-」 「3年A組 -今から皆さんは、人質です-」第1話|一颯が描いた2枚の絵