「愛してたって、秘密はある。」ロケ地・主題歌・キャスト・あらすじ

「愛してたって、秘密はある。」の記事一覧を見る

福士蒼汰さん主演のドラマ「愛してたって、秘密はある。」が7月16日(日)にスタートします。

いつも爽やかな好青年を演じることが多い福士蒼汰さんですが、今回は「殺人犯」でもあり、その秘密を隠したまま女性を愛するという複雑な役どころ。

誰にだって、秘密はある。
けれど、その秘密が「殺人犯」だったら──?

「愛する人の秘密をどこまで許せるか?」という究極の問いがテーマです。

番組情報

  • 放送局:日本テレビ系
  • 放送時間:2017年7月16日(日)から毎週日曜夜10時~
  • 企画・原案:秋元康
  • 脚本:桑村さや香
  • 主題歌:家入レオ「ずっと、ふたりで」
  • 音楽:林ゆうき、橘麻美
  • チーフプロデューサー:福士睦
  • プロデューサー:鈴間広枝、柳内久仁子
  • 演出:河合勇人、佐久間紀佳

あらすじ

弁護士を目指す司法修習生の黎(福士蒼汰)は、同期の司法修習生・爽(川口春奈)と交際中。黎は爽からプロポーズされ、二人は結婚を決意する。幸せな将来に向けて順風満帆な人生を送っているように見える黎。しかし、彼には誰にも言えない秘密があった。

11年前、中学生だった黎は、父の皓介(堀部圭亮)が母の晶子(鈴木保奈美)に激しい暴力を振るっているところを目撃。晶子の命の危機を感じた黎は、とっさに皓介を殴り殺してしまう。黎と晶子は皓介の遺体を自宅の庭に埋めて、黎の罪を隠す。以来、黎の心には常にこの日の出来事が重くのしかかっていた。

黎は、友人の司法修習生・虎太郎(白洲迅)とともに神奈川地検で検察修習中。自分が人を殺してしまったことから、「罪にはそれぞれ理由がある」という信念を持つ黎は、どんな被疑者にも真剣に向き合って事件の真相を探っていく。

そんなある日、結婚の報告をするため爽の実家を訪れた黎は、彼女がずっと隠してきた秘密を知ることとなる。爽の父親は、黎が検察修習をしている神奈川地検の検事正・立花弘晃(遠藤憲一)だったのだ。立花はどんな凶悪犯も落としてきた評判のコワモテ検事。「娘の恋人は被疑者みたいなもんだ」と、取調べのように立花に詰問された黎は、「父親は4年前に病死した」と思わず嘘をついてしまう。

そんな中、黎のもとに不気味なメールが届く。差出人は不明だが、黎が父を殺したこと、父の遺体を庭に埋めたことを知っているようで…。誰かが自分の秘密を知っている…その事実におびえる黎。しかし、不可解な出来事はメールだけに留まらず、次々と黎の身に降りかかってきて…。

登場人物(キャスト)

奥森黎……福士蒼汰
中学3年の夏、母親への暴力を止めようと、父親を撲殺してしまう。その過去から「罪にはそれぞれ事情がある」ことを、身をもって知っているため、犯罪者を弁護する弁護士を目指している。
心優しく、真面目な青年。母親思いで、一人っ子のため責任感が強い。縦列駐車が苦手など、不器用な一面も。自分に恋愛なんてする資格はないと思っていたが、爽と出会い、恋に落ちてしまう。

立花爽……川口春奈
司法研修生。父親が検事のため、検事を目指している。兄が厳格な父に反発し検事になることを拒否したため、父の期待を一身に背負うことに。両親に溺愛されている。
まっすぐで明るく、天真爛漫。誰とでも仲良くなれる人気者タイプだが、寂しがり屋の一面も。料理はカレーしか作れない。黎と結婚したいと思っているが……。

奥森晶子……鈴木保奈美
黎の母。看護師。港北医科大学付属病院の医師だった皓介と結婚、専業主婦となり黎を出産。忙しい夫を支え、黎を大切に育ててきたが、ある時期を境に夫の暴力に悩むようになる。夫の「失踪」後、看護師として復職し、黎を育てる。

奥森皓介……堀部圭亮
黎の父で、港北医科大学付属病院の医師。11年前に他界したが、表向きは「失踪」したことになっている。上昇志向が強く、仕事一筋。ある時期を境に、妻への暴力が始まる。

立花弘晃……遠藤憲一
爽の父。神奈川地方検察庁の検事正。真面目で融通が利かない性格。曲がったことが大嫌いで、罪を裁くことに人生を捧げてきた。

立花茜……岡江久美子
爽の母。専業主婦。児童養護施設で育ち、必死で働いて上京。幸せな家庭に強い思い入れがある。

立花暁人……賀来賢人
爽の兄。週刊誌に出入りするフリージャーナリスト。幼い頃から、厳格でエリート志向の強い父の期待を一身に受け、検事を目指していた。しかし、ある事件をきっかけに父に反発、権力の闇を暴く仕事を選ぶ。

安達虎太郎……白洲迅
司法修習生。黎と爽の法科大学院時代からの友人で、黎と一緒に検察修習中。ナルシスト気味だが、お調子者で気さく。密かに爽に好意を抱いているが……。

香坂いずみ……山本未來
小さな法律事務所を構えている弁護士。法科大学院の講師もしており、黎と爽の恩師でもある。

山田隆也……柄本時生
香坂法律事務所のパラリーガル。気が小さく、いずみを恐れているが、ついつい本音を口にしてしまう正直者。

風見忠行……鈴木浩介
港北医科大学付属病院の消化器内科、准教授。独身。もともと皓介の後輩医師。黎にとっては父親代わりの存在。ほのかに晶子に好意を抱いていて……。

浦西果凛……吉川愛
横浜市内の私立女子校に通う高校生。高校受験の際、黎に家庭教師をしてもらっており、黎に片思い中。神出鬼没で謎の多い存在。

一ノ瀬義男……矢柴俊博
港西警察署・刑事課の刑事。叩き上げの現場主義。口は悪いが正義感が強く、捜査には手を抜かない熱血漢。

引用元: http://www.ntv.co.jp/aishitetatte/

ロケ地

神奈川県横浜市の三協商事

黎と晶子が住んでいる奥森家のロケ地には、神奈川県横浜市青葉区田奈町にある三協商事の建物が使用されたようです。

首都大学東京

福士蒼汰さん演じる黎と、川口春奈さん演じる爽が通う法科大学院には、京王相模原線南大沢駅近くの首都大学東京・南大沢キャンパスがロケ地に使用されたようです。

追記:図書館で、爽が黎にプロポーズする場面の撮影が行われました。

横浜地方検察庁川崎支部

神奈川県川崎市川崎区にある、横浜地方検察庁川崎支部でも撮影の目撃情報がありました。(JR川崎駅から徒歩10分)

そのほか、川崎の仲見世通り法政大学多摩キャンパス横浜ワールドポーターズ付近アルテリーベ横浜本店などでも撮影が行われたようです。

主題歌

主題歌は、家入レオさんの「ずっと、ふたりで」です。

家入レオさんの13枚目のシングルで、7月26日に発売されます。
ご本人のブログのコメントによると、

大切な人の光と影。
そのどちらも愛おしく思っているから、そばにいる。
あるがままでいてほしい。
そんな願いを込めて歌った曲です。

とのこと。
ドラマは秘密が渦巻くラブミステリーですが、とても優しい、温かい曲ですね。

ひとこと

「誰にでも秘密がある」ということ位、わかってはいるけれど。
まさか、好きな人が「殺人犯」だとは思わないですよね、普通。

秘密といわれて思い浮かべるのは、せいぜい、浮気とか借金とか、その程度で。
主人公の黎のように、優しくて真面目で信頼のおける人なら、なおさらです。
しかも爽にとっては、結婚したいと思うほど、大切な人です。

ドラマのテーマは「愛する人の秘密をどこまで許せるか?」なのだから、黎の秘密が暴かれてしまうことは、間違いありません。
それを知った時、爽はどういう行動を取るのか……。

いつも爽やかな福士蒼汰さんが、どんなふうに闇の部分を演じてくれるのかも楽しみです。

「愛してたって、秘密はある。」の記事一覧を見る


ほかの記事を読む?

愛してたって、秘密はある。第1話|ラスト10分の驚愕! 愛してたって、秘密はある。「トゥーランドット」が鍵?