愛してたって、秘密はある。最終回|物足りない結末、完結編あり?

「愛してたって、秘密はある。」の記事一覧を見る

ドラマ「愛してたって、秘密はある。」最終話(第10話)が放送されました。

謎がすべて明らかになりましたね!
説明が多くて、ついていくのに必死でしたけど^^;
ラストは一応、ハッピーエンドでした。

個人的には、あともう1回くらい、どんでん返しが欲しかったかな~。

最終話あらすじ

「奥森(堀部圭亮)を殺したのは自分だ」と爽(川口春奈)に告白した黎(福士蒼汰)。爽は驚きのあまり、黎を拒絶してしまう。

爽の態度にショックを受けながらも、黎は罪を償おうと警察に向かう。しかしその矢先、一ノ瀬(矢柴俊博)から、奥森を殺したトロフィーを爽に送った人物が判明したと告げられる。段ボールが送られた配送センターの防犯カメラに映っていたのは、黎がよく知る女性で————。これまで黎を脅かしてきた不気味な出来事は、すべてこの女の仕業だったのか…信じられない黎は、真相を確かめるまでは自首を思い留まることに。

そんなある朝、黎は自宅のリビングで、ビリビリに引き裂かれて散乱した奥森の日記のコピーと、見覚えのないDVDを見つける。そのDVDには、真夜中のリビングで日記のコピーを破いてまき散らす、思いもよらない人物の姿が…!!

一方、黎を拒絶してしまったことを後悔する爽は、虎太郎(白洲迅)から、「黎と連絡が取れなくなった」と聞かされ、思わず黎の家へ走る。しかし、そこで待っていたのは…。

黎は警察へ向かい、晶子(鈴木保奈美)と接見することに。そこで晶子の口から語られたのは、衝撃の事実だった…!黒幕は果たして誰だったのか…!?ついに、すべての謎が解き明かされる!!そして、黎と爽の愛の行方は————?

最終話ネタバレ

配送センターの防犯カメラに映っていたのは、晶子でした。
さらに、DVDに入っていたのは、日記のコピーを破いてまき散らす黎自身の姿でした。

黎は香坂(山本未來)にすべてを打ち明け、晶子の接見に立ち合うことに。爽もまた、もうひとりの黎の存在を知り、晶子に話を聞くため同席します。

晶子は、黎にはもうひとりの人格・朔が存在すると言います。
黎が大学生になったばかりの頃、父の日記を読んで自分が犯した罪の深さに気づき、それを受け入れることができず、朔を生み出してしまったのでした。

朔は、父を殺したことになんの罪悪感も持たず、傍若無人に振る舞い、黎の結婚を阻止しようと、晶子に協力させたのでした。

最初は朔に命じられてやっていた晶子でしたが、爽の父が立花弘晃(遠藤憲一)だと知って、黎に爽との結婚を諦めさせようと思った、と語ります。

事実を知って、ショックを受ける黎。
黎は、香坂と爽に自首することを告げて立ち去ります。

しかし、黎は自首していませんでした。そのことを知った爽は、黎の家を訪ねます。そこには、やはり朔がいました。

爽は、警察に連絡し、「彼氏に暴力を受けています」とウソをついて、朔を捕まえてもらいます。爽の言葉で自分を取り戻した黎は、爽に「ありがとう」と言い残し、連行されます。

父・弘晃が退院する日、爽は弁護士になることを決めます。
爽は、殺人の疑いで逮捕された黎に会いにいきます。

別れを告げる黎に、爽は「100のウソを重ねたって、これにはかなわないよ」と婚約指輪を見せます。指輪には、「ずっと、ふたりで」という言葉が刻まれていました。

「罪を償ったら、今度こそはめてね」と言う爽。
2人の未来を語り、「朔がいてもいい」と言う爽に、黎も答えます。

「ずっとふたりで、俺と一緒に生きてください」
「これからもずーっと、“しょば”にいます」

以前、黎が噛んだ台詞を真似する爽に、笑みをこぼす黎。

爽との面会を終えた黎は、廊下でふと足を止めます。
「バラの香りがする」と呟く黎。

最終話感想

謎が全部明かされてスッキリしたけど、正直、それほど意外な結末ではなかったですね。
予告で想像できる範囲の結末で、少し物足りない感じがしました。
最後の最後に、もう一回どんでん返しあるかな?とワクワクしてたんだけど。

いちばん残念だったのは、香坂先生の時計のオチ。
それはないよーーー!!
あんなに何度も繰り返し思わせぶりに映しといて!
事件とは一切なぁ~んにも関係なかったじゃん!
本当にガックリだよー。

なんか、いろいろ詰め込みすぎた最終回でしたねー。
爽の家族のことや、風見先生のことは、もう少しその後が見たかった。
黎のお母さんだって、黎に言いたいこと、もっとあったと思う。香坂先生じゃなくて。
そのへんが、ざっとしすぎていた気がする。

それに、頭の中が事件の真相を処理するのにフル回転で、心がついていけなかった。
ラストの2人のシーン、もうちょっと心に余裕を持って見たかった。
もう1話分くらい、余裕をもってくれたらよかったのにな……。

でも、原作のない面白さを、思う存分味わえたドラマだったと思います。
毎回、推理するの楽しかったし。
福士蒼汰さんの“黎”の演技には、大いに騙されました^^;
朔の演技、最高でした。

で、朔と黎の対決を描いた【完結編】がHuluで配信中とのこと。
後でゆっくり見に行こうと思います。

追記
日本テレビ広報部によると、Huluで配信されているのは【完結編】ではなく【番外編】とのことです。ドラマは、この地上波の最終回で完結しています。

「愛してたって、秘密はある。」の記事一覧を見る


ほかの記事を読む?

愛してたって、秘密はある。Hulu配信「僕は誰だ?」は完結編なのか? 「愛してたって、秘密はある。」伏線の答え合わせ