愛してたって、秘密はある。第5話|すり替えられた指輪

ドラマ「愛してたって、秘密はある。」第5話が放送されました。

今回も新たな謎が増えるばかりで、ますます混迷してきましたね。
誰も彼も怪しく見えてしまいますが、謎を解くヒントは「2006年」にあると見ました。

第5話あらすじ

奥森(堀部圭亮)の名で送られた荷物を受け取った爽(川口春奈)。荷物の中身は奥森のトロフィーと、爽が花火大会でなくした髪飾りだった。黎(福士蒼汰)は爽からトロフィーを見せられ、混乱。それは、黎が奥森を殴り殺した凶器だった。

そんな黎の思いをよそに、何も知らない爽は、奥森が生きていて黎に声を掛けようと花火大会に来ていたのではないか、このトロフィーがあれば奥森と再会できるかもしれない、と警察に届けようとする。そんな爽に対して黎は思わず、声を荒らげてしまう。

黎は、誰が爽にトロフィーを送ったのかを調べ始める。配送センターを訪ねると、送ったのは女性と判明。その配送センターの近くには、果凛(吉川愛)が通う女子高があった。

黎のもとに、またしても差出人不明のメールが届く。不安に駆られる黎の前に、果凛が現れる。果凛は黎に、奥森家の戸籍謄本は盗んだのではなく、誰かが送ってきたからだと告げる。

黎は爽とともに、ジュエリーショップで結婚指輪を選ぶことに。しかし、店内にトゥーランドットが流れ、動揺した黎は店を飛び出してしまう。黎の姿に不安になる爽。

一方、晶子(鈴木保奈美)は風見(鈴木浩介)に、黎から婚約者をまだ紹介されていないのかと尋ねる。爽の名前を聞いた風見は、なぜか動揺して…。

黎は、立花(遠藤憲一)と向き合うことで、爽への想いを強くし、サプライズで婚約指輪をプレゼントしようと決意。そんな中、爽に「奥森黎の秘密は手帳の中」というメールが届く。爽は、黎がいない隙に彼の手帳を開き…。

引用元: http://www.ntv.co.jp/aishitetatte/

第5話ネタバレ

黎の手帳から、自分の高校時代の写真を見つけた爽は、激しく動揺します。
しかし黎に確かめることもできず、爽は何も見なかったフリをします。

その頃、風見はひとり、スケジュール帳に記入した黎の結婚式の日を思い詰めた表情で見つめていました。晶子の写真を見て頭を抱え、堪えきれないように叫び声をあげる風見。

暁人(賀来賢人)は、ある人物を尾行して病院へ向かいます。そこは、晶子と風見が勤める港北医科大学附属病院でした。その人物が院長室へ向かったのを見て、暁人もエレベーターに乗りこもうとしますが、偶然すれ違った奥森晶子の後を追いかけようとして風見に遮られます。

立花は、平成18年(2006年)に自分が担当した事件の起訴状を見ていました。そこには「港北医科大学附属病院」の文字が。晶子もまた、2006年の日記を見つめます。

黎は爽に内緒で婚約指輪を買います。それをじっと見つめる虎太郎(白洲迅)。

黎と爽は教会の下見に行き、爽は黎の手帳を勝手に見てしまったことを告白します。

「どうして私に何も聞いてくれなかったの?」
「全然気にならないって言ったら嘘になるけど、なんか、どうでもいいやと思って。爽が嘘ついてようが、何隠してようが、どうでもいい。全部、受け入れるよ」

黎は、爽に「好きです」と言い、婚約指輪を渡そうとしてケースを開けます。
そこには、「1989 SHOKO to KOSUKE」と刻まれた錆びた指輪が入っていました。

第5話感想&推理

爽の秘密が今度こそ明かされるかと思いきや、まさかのスルー(笑)
う~ん……^^;
全部受け入れるっていう黎の気持ちもわかるけど、見ている方は焦らされまくってムズムズしてきました。

今回も怪しい動きをする晶子、立花、風見の3人。
中でも風見先生の言動がひときわ怪しくて、真犯人に急浮上してきました。
……が、私は風見先生が犯人ではないと思います!

今回、新たに加わった謎についてまとめてみました。

謎・その1「爽の写真」
どうも、写真に何かが写っているというわけではなく、日付(’07.09.03)に関係のあることみたいですね。この日に何か重大な事件が起きた……とかでしょうか?例えばですけど、爽が誰かを傷つけて間接的に自殺に追いやり、その誰かが死んだ日に撮った写真とか。

謎・その2「2006年」
晶子は2006年の日記を見ていました。その直前、立花が見ていた起訴状の日付は、平成18年(2006年)10月5日。どうやら2人が共有する秘密は、2006年に起きた事件に関係があるようです。そして、黎が父親を殺害したのも2006年(11年前)。すべて2006年で繋がりました!
爽の写真も2006年だったら何もかもドンピシャなのですが、残念ながら爽の写真の日付は2007年でした。

謎・その3「港北医科大学附属病院」
立花が見ていた起訴状にあったのは「港北医科大学附属病院」という文字でした。立花の息子・暁人が追っている事件も、「港北医科大学附属病院」に関わりがあるようです。暁人が「父親に失望した」事件というのは、おそらくこの事件のことだと思います。

謎・その4「香坂先生の時計」
また時計がアップになっていましたね!これは、確実に何かあります。香坂先生の時計がアップになったのは、黎が爽を喜ばせるために婚約指輪を買おうと思っていることを話している時でした。やはり、あの時計は誰かからのプレゼントだと思われます。

* * *

今のところ、私の予想する真犯人は、香坂先生が有力ですね。
でも、2006年に港北医科大学附属病院に関わる大きな事件が起きたことは間違いないので、その事件の真相がわかれば、いろいろなことが明らかになりそうです。


ほかの記事を読む?

愛してたって、秘密はある。第6話|風見が爽の事件の犯人 愛してたって、秘密はある。「トゥーランドット」が鍵?