悪魔の弁護人・御子柴礼司~贖罪の奏鳴曲~第6話|母との再会、加害者家族の苦悩

悪魔の弁護人・御子柴礼司~贖罪の奏鳴曲~

「御子柴礼司」記事一覧

どうも、夏蜜柑です。
「悪魔の弁護人・御子柴礼司~贖罪の奏鳴曲~」第6話のあらすじと感想です。

今回から最終章がスタート。
依頼人は、なんと御子柴の実母・郁美でした。

疲れ切った老女を演じた浅野温子さんがすごい。
ほとんどメイクをせず、かつての美女オーラを消し去ってます。

さすがだなぁ。

第6話のあらすじ

御子柴(要潤)の事務所に妹の薦田梓(森脇英理子)が現れる。梓は殺人容疑で逮捕された母・郁美(浅野温子)を助けてほしいと訴える。

母と妹とは、御子柴が少年院に収容されて以来30年以上会っていなかった。家族とは縁を切ったと依頼を退ける御子柴だったが、梓は「死体配達人の母親を弁護してくれる人なんてほかにはいない」と言う。

母・郁美は、再婚した資産家の夫・成沢拓馬(市山貴章)を首吊り自殺に見せかけて殺害した疑いをかけられていた。御子柴は弁護を引き受け、拘置所にいる郁美と面会する。

再会を喜ぶ母に対して、あくまでも弁護人という態度を崩さない御子柴。「私はやっていない」と訴える郁美だったが、状況は最悪だった。

警察による鑑識の結果、成沢が首を吊ったロープには郁美の皮膚片が残っており、遺書の署名部分はカーボン紙のインク、成沢の体からは多量のアルコールが検出された。しかも子供がいない成沢の遺産は、すべて郁美に相続される。

かつて郁美と梓が住んでいたアパートを訪ねた御子柴は、2人が“死体配達人”の家族だという理由で長年にわたって嫌がらせを受けてきたことを知る。

郁美は1年前に成沢と婚活パーティーで知り合い、結婚していた。結婚した理由について郁美は「淋しかった」と答え、“死体配達人”の母親だと知っても態度を変えなかったのは彼だけだったと語る。

洋子に「どうして佐原みどりちゃんを殺したんですか?」と聞かれた御子柴は、「理由などない」と答える。

当時、人間も動物も虫も同じ命だと信じていた御子柴は、虫をバラバラにするのと同じように、好奇心で人間の体をバラバラにしたのだった。

被害者家族だけでなく、自分の家族をも苦しめてきたことに気づいた御子柴は、関わらない方が家族のためだと考え、梓や郁美に対してわざと突き放した態度を取る。

初公判が始まる。郁美が自殺を偽装したと主張する岬検事に対し、御子柴は女ひとりで男性の体を持ち上げるのは不可能だと反論する。

すると、岬は成沢家の納戸から見つかった滑車を新たな証拠として提出する。梁には滑車を取り付けた痕跡があったという。

声を荒げて郁美を弁護する御子柴に、岬は「被告人は弁護人の実の母親です」と暴露してしまう。

登場人物はこちら

悪魔の弁護人・御子柴礼司~贖罪の奏鳴曲~悪魔の弁護人・御子柴礼司~贖罪の奏鳴曲~|登場人物(キャスト)・あらすじ

第6話の感想

母親はどう思っていたのか

原作『悪徳の輪舞曲』がベースになっている最終章。
ということは、第1作目の『贖罪の奏鳴曲』の事件は扱わないってことですね。

今回に繋がる話ではあったんだけど……まぁWOWOWでやったしね。

WOWOW版では、御子柴の母親は事件後に妹とともに姿を消して音信不通になっていて、彼は母親が自分に対してどんな思いを持っているのか、ずっと知りたいと思いながら知ることができずにいました。

なぜ、彼女は息子に会おうとしなかったのか。
30年もの間、連絡を取ろうとしなかったのか。

本当は、事件を犯した息子のことを、どう思っていたのか。

御子柴は母親の思いを知ることができないままでした。今回のドラマでは、そのあたりにも踏み込んでくれるのでしょうか。

浅野温子の女優魂

30年ぶりに再会した母親・郁美は、1年前に再婚して幸せな結婚生活を送っていました。少なくとも周囲にはそう見えた。

でも、婚活パーティーで知り合ったという夫、どうも匂いますね。資産家で人格者で街の人々から頼りにされていたという完璧さが、逆に怪しい。

そして今回のラストで、郁美が「ごめんなさい、ごめんなさい」と繰り返しつぶやきながら、滑車を使って夫を吊り上げている回想シーンが出てきました。

偽装工作をしたのは、やはり郁美のようです……。

それにしても、郁美を演じる浅野温子さんには女優魂を見せつけられましたね~。ほとんどメイクをせず、白髪まじりで、完全に老女。驚きました。

若い女優さんたちも見習ってほしい。
入院中も、風呂上がりも、寝起きもバッチリメイクなんて、ありえない。

加害者家族の苦悩

母・郁美が夫殺しの容疑で逮捕され、弁護を引き受けることになった御子柴。

調査する中で、母と妹がどんな生活を送っていたのか、御子柴ははじめてその一端を知ることになります。

「あんな怪物を生み出した家族にも問題がある」
「本人が少年法に守られて罰せられないなら、親が責任を負うべき」

そんな世間の声を聞いて、御子柴は被害者の家族だけでなく自分の家族も苦しめていたことを知ります。

そもそも御子柴は、なぜ幼い少女を殺したのか。

ずっと気になっていたのですが、今回ようやく御子柴が答えてくれました。「理由などない」と。

興味本位に虫を殺して解体するのと同じように、人間を殺してバラバラにしてみたかったという御子柴。

彼の行為を理解できる人は少ないでしょうね。
親だって、子どもを理解できるわけではないですから。

岬検事の家庭事情

法廷で御子柴と対峙する岬検事にも、複雑な家庭事情があることがわかりました。

妻とは死別、一人息子は法曹界を捨ててピアニストになってから疎遠。弁護士だった父親は、7年前に詐欺組織の片棒を担がされて逮捕され、不起訴に。それ以来、やはり疎遠になっている様子。

「法による罰則こそが社会に秩序をもたらしている」という信念に支えられている人ですから、罪を犯した父親が罰を受けずに戻ってきたことが許せないのでしょう。

それを許したら、自分がこれまで作り上げてきたものがすべて壊れてしまう。そう思っているのかもしれません。

残り2話。まだまだ驚きの事実が隠されていそうなので、最後まで気が抜けません。

「御子柴礼司」記事一覧