悪魔の弁護人・御子柴礼司~贖罪の奏鳴曲~第7話|生きることも許されない

悪魔の弁護人・御子柴礼司~贖罪の奏鳴曲~

「御子柴礼司」記事一覧

どうも、夏蜜柑です。
「悪魔の弁護人・御子柴礼司」第7話のあらすじと感想です。

最終話を前に、御子柴が廃業宣言してしまいました。
少年法に懐疑的だったあすみと岬検事の心もグラグラ揺れています。

正義を〝武器〟にすることの怖さについて、自分自身を振り返って考えてしまいました。

第7話のあらすじ

検事の岬(津田寛治)によって夫殺しの被告人・成沢郁美(浅野温子)が御子柴(要潤)の実の母であることが法廷で暴露され、事務所には再び嫌がらせが殺到する。

岬は福岡県警の刑事・友原行彦(大西武志)の訪問を受け、御子柴の父・園部謙造の自殺の状況が今回の成沢拓馬(市山貴章)の自殺と瓜二つだという情報を得る。

郁美は謙造の死後、3000万円の保険金を受け取っていた。岬は法廷で、成沢の自殺偽装は郁美にとって2度目の犯行だったのではないかとほのめかす。

御子柴は反論するために父・謙造を「自分勝手な死に逃げた」と言い、郁美は「今の言葉、取り消して!」と激昂。第二回公判は閉廷となる。

御子柴の妹・梓(森脇英理子)は再びマスコミの標的に。御子柴は家族への批判を自分に向けるため、あすみ(玄理)の取材に応じる。

「家族愛とは人の弱さがもたらすものでしかない」「弁護士として法外な弁護料を受け取るのは当然の権利だ。少年法が私を生かした」とあえて辛辣な言葉で語る御子柴。

あすみの記事が新聞に載り、洋子(ベッキー)はマスコミの報道に煽られた少年に階段から突き落とされて怪我を負う。あすみは自分の書いた記事が犯人の背中を押したと知って反省する。

洋子を見舞った御子柴は、周りの人間を不幸にしていると自分を責め、「生まれてこなければよかったのかもしれない」と呟く。そんなふうにひとりで何もかも抱えていたら壊れてしまう、と涙を流す洋子。

岬は御子柴の口座の取引記録を見て、毎月25日に100万円が送金されていることを知る。送金先は佐原みどりの母親・成美。振込人は園部信一郎名義になっていた。

御子柴は郁美と接見し、弁護士を廃業することを告げる。

登場人物はこちら

悪魔の弁護人・御子柴礼司~贖罪の奏鳴曲~悪魔の弁護人・御子柴礼司~贖罪の奏鳴曲~|全話あらすじ感想・登場人物(キャスト)

第7話の感想

生きることも許されない

実の母親の弁護をしていることで、世間から非難される御子柴。“死体配達人”の事件以来、隠れるように生きてきた妹・梓も再びマスコミに注目されることに。

御子柴を許そうとしない人々の言葉を聞いていると、「生きるな」と言っているように聞こえます。

「法は私を裁かなかった。それでも生きろと社会に放り出された。教えてくれ。どうすれば償える? どうすれば罰を受けられる?」

償うために生きているのに、生きることさえ許されないなら、どうすればいいんだろう。

人生の中で一度でも「生まれてこなければよかった」と思ったことがある人ならば、この言葉がどれほど深い絶望を語っているかわかるはず。

自分以外の人間を理解することは難しい。
洋子のように一途に信じることができる人は、現実にはそういない。

人間がもっと単純でわかりやすくて、悪人と善人を一瞬で見分けることができれば、信じることも許すことも簡単にできるかもしれないけれど、そんな人は存在しない。

「正義」を武器にするのは自分を守りたいから。自分たちと犯罪者との間にわかりやすい線引きをして、自分は「こちら側」にいるのだと、安心したいのかもしれない。

御子柴の父は自殺ではない?

御子柴の父・園部謙造が自殺ではなかった可能性が浮上。 当時、捜査にあたっていた福岡県警の刑事が登場し、岬検事に情報提供しました。

この刑事も「犯罪者は罰すべき」という認識のようで。週刊誌で郁美の記事を見てわざわざ上京するくらいですから、よほど犯罪者を憎んでいるのでしょうね。

刑事によると、そのとき郁美は「あの子さえ、あんなことしなけりゃ…」と呟いたそうです。

彼はその後に続く言葉を「私はお父さんを殺さずにすんだ」と予想して、郁美を「悪党」だと断言していたけれど、思い込みが強すぎません?

「こんな目に遭わずにすんだ」とか「お父さんが自殺することなんてなかった」という言葉が続くと予想するほうが自然だと思うのですが。

郁美が殺した可能性あるのかなぁ。
だとしたら辛い。

次回はついに最終回。

弁護士を辞める決意をした御子柴ですが、このまま逃げるとは思えません。最後にどんな結末が待っているのか、楽しみに待ちたいです。

「オトナの土ドラ」記事一覧