「あなたには渡さない」登場人物(キャスト)・あらすじ・原作

ドラマ「あなたには渡さない」

どうも、夏蜜柑です。
2018秋ドラマの紹介です。

11月10日スタートのテレ朝土曜深夜ドラマ「あなたには渡さない」

木村佳乃が平凡な主婦から“戦う女将”に!
水野美紀演じる“夫の愛人”と壮絶バトル!
田中哲司、萩原聖人も巻き込んで修羅場の連続…!
大人の濃厚ラブ・サスペンスがここに開幕――!!(番組公式サイトより)

連城三紀彦さんの小説「隠れ菊」を現代版にリメイクしたドラマ。
大人の濃厚な世界が描かれるようです。

ふぐ丸

キャストがいいね。

夏蜜柑

少し苦手なジャンル。ついていけるかなー。

※この記事は随時更新中です

番組概要

  • 放送局:テレビ朝日系
  • 放送時間:11月10日(土)から毎週土曜夜11時15分~
  • 原作:連城三紀彦「隠れ菊」
  • 脚本:龍居由佳里(「白い影」「越路吹雪物語」「四月は君の嘘」)/福田卓郎(「富豪刑事」「愛を積むひと」)
  • 音楽:沢田完
  • 演出:植田尚/Yuki Saito

あらすじ

料亭の御曹司で板長を務める夫・旬平(萩原聖人)と結婚し、20年間、家庭を守ってきた専業主婦の上島通子(木村佳乃)。そんな彼女の前に突然“旬平の愛人”と名乗る女・矢萩多衣(水野美紀)が現れ、こう告げます。「ご主人をいただきにまいりました」

多衣から夫の署名入りの離婚届を突きつけられた通子は、料亭が倒産寸前であることなど、思いもよらなかった事実を次々に突きつけられることに。どん底の思いを味わう通子は、それでも持ち前の勝ち気で前向きな性格から、多衣に旬平との婚姻届を6000万円で買い取ってもらうことを提案。自らが女将となって料亭を立て直すことを決意します…!(番組公式サイトより)

原作について

このドラマの原作は、連城三紀彦さんの小説「隠れ菊」です。

created by Rinker
¥434 (2018/11/18 22:20:26時点 Amazon調べ-詳細)

1994年4月1日から1995年3月31日まで、静岡新聞で連載されました。
第9回柴田錬三郎賞受賞作品です。

ドラマ化は、今回が3度目。
1996年にフジテレビ系(賀来千香子さん主演)で、2016年にNHK・BSプレミアム(観月ありささん主演)で放送されています。

わたしは原作未読で、過去のドラマも見ていません。
まっさらの状態で、今回のドラマを楽しみたいと思います。

登場人物(キャスト)

※第1話のネタバレを含みます

上島通子……木村佳乃
有名料亭「花ずみ」の板長・旬平の妻。短大卒業後、旬平と見合いをして一目惚れ。20年にわたり「家庭を守る堅実な主婦」の役目を全うしてきた。突然現れた矢萩多衣から夫との愛人関係を告げられ、離婚を余儀なくされる。

上島旬平……萩原聖人
通子の夫。父親の跡を継いで料亭「花ずみ」の板長を務めている。女将である母親が亡くなった後、店を立て直すことができず多額の負債を抱えてしまう。「花ずみ」の倒産が確実となり、通子に離婚を言い渡す。

矢萩多衣……水野美紀
金沢にある酒造会社の女社長。6年前から旬平と不倫関係にある。旬平の母とも親しくしていたらしい。突然通子の前に現れ、旬平との離婚を迫る。

笠井芯太郎……田中哲司
建設会社の社長。通子の兄の中学時代の友人。当時から密かに通子に思いを寄せていた。再会後、影ながら通子を応援する存在になる。

堀口八重……荻野目慶子
「花ずみ」の仲居。旬平から偽装離婚だと言われ、離婚届の証人欄に署名する。新生「花ずみ」を手伝うことになる。

矢場俊介……青柳翔
旬平の下で働く板前。

上島一希……山本直寛
通子の息子。大学生。現在は実家を出て独り暮らしをしている。

上島優美……井本彩花
通子の娘。高校生。通子に反発し、家を出たいと思っている。


ほかの記事を読む?

ドラマ「あなたには渡さない」 あなたには渡さない第1話|振り返らない女 「獣になれない私たち」あらすじ感想 獣になれない私たち第3話|スカッとさせてくれ!