NHKドラマ「盤上のアルファ」登場人物(キャスト)・あらすじ・原作

NHKドラマ「盤上のアルファ」

「盤上のアルファ」の記事一覧を見る

どうも、夏蜜柑です。
2019冬ドラマの紹介です。

玉木宏さん主演の将棋界を舞台にしたドラマ「盤上のアルファ~約束の将棋~」(NHK・BSプレミアム)。

連続テレビ小説「あさが来た」で“おもろい父子” を演じた玉木宏と近藤正臣のコンビ復活。
今、ブームに沸く将棋界を舞台に、復活を目指すふたりの男と、彼らを愛する人々の人間模様を描く熱き泣き笑いのドラマです。(公式サイトより)

原作は、元新聞記者の経歴を持つ作家・塩田武士さんの同名小説。
ドラマには羽生善治さんをはじめとする有名棋士のみなさんも登場します。

原作は関西が舞台ですが、ドラマは関東が舞台です。

番組概要

  • 放送局:NHK・BSプレミアム/BS4K
  • 原作:塩田武士『盤上のアルファ』
  • 脚本:山岡潤平(「銀と金」「荒神」)
  • 演出:岡田健
  • 音楽:林ゆうき
  • 主題歌:竹原ピストル「カウント10」

放送時間

  • BSプレミアム:2019年2月3日(日)から毎週日曜夜10時~【全4回】
  • BS4K:2019年1月30日(水)から毎週水曜夜8時25分~【全4回】

あらすじ

首都新聞社会部のエース秋葉隼介(玉木宏)は突如、文化部将棋担当へ異動を命じられた。己しか信じない秋葉は孤立していたのだ。さらに恋人の恵子(比嘉愛未)にも別れを切り出されてしまう。静(野々すみ花)が営む小料理屋でやけ酒を飲む秋葉に突如、大阪弁の真田信繁(上地雄輔)が絡んでくる。いきなりけんかを始める2人だが、何の因果か、同居することになってしまう。真田はかつてプロ棋士になれず、師匠・千田(近藤正臣)の元を逃げ出した男だった。だが、今再び、プロに挑戦するために戻ってきたのだ。最初は迷惑でしかたなかった真田の情熱を目の当たりにした秋葉は、徐々に将棋の世界にひかれだしていく。
(公式サイトより)

原作について

このドラマの原作は、塩田武士さんの小説『盤上のアルファ』です。

塩田さんが神戸新聞社の将棋担当記者だったときの取材経験を活かして書かれた作品です。
この作品で塩田さんは第5回小説現代長編新人賞を受賞し、2011年に作家デビューされました。

塩田さんの作品が映像化されるのは今回が初めてになります。

夏蜜柑

わたしはもっか熟読中。

登場人物(キャスト)

※第3回までのネタバレを含みます

秋葉隼介……玉木宏
首都新聞社記者。協調性がなく孤立し、社会部から文化部へ異動を命じられる。まったく知識のない「将棋」担当となり、辞職も考えるようになる(第1回)が、はからずも真田と同居するようになり、次第に興味を持つようになる。真田のプロ再挑戦にふれた記事が好評を博し、連載記事を書く(第2回)。

斉藤恵子……比嘉愛未
秋葉の恋人。小学校教諭で、将棋クラブ顧問。秋葉の自己中心的な面に嫌気がさし、別れを切り出す(第1話)。生徒の親からのクレームが原因で新学期から担任を外され落ち込んでいる時、伊達からプロポーズされる(第3回)。

真田信繁……上地雄輔
元奨励会三段。三段リーグ編入試験に挑戦する。幼い頃に両親が失踪、親戚に引き取られるも辛い日々を過ごし、中学卒業と同時に千田に弟子入りした。千田のもとでプロを目指すも26歳で奨励会退会に追い込まれ、将棋の世界から逃げていたが、再びプロを目指す(第1回)。
小学生のとき、借金取りで真剣師の林鋭生から将棋を教わる。秋葉の記事がきっかけとなって林と再会し、特訓を受ける(第2回)。

千田正三……近藤正臣
棋士九段。真田と伊達、天野の師匠。当初は真田を突き放していたが、秋葉や天野から懇願され、真田のプロ再挑戦をバックアップするようになる。

林鋭生……石橋蓮司
真田の父親の借金取立人で、将棋の元真剣師。かつて父親が失踪して独りになった少年・真田に将棋を教えた人物。その後、中学を卒業した真田を連れて千田のもとを訪ね、弟子入りを頼み込んでいる。
秋葉の記事を見て新聞社を訪ね、久しぶりに真田と再会。再びプロを目指す真田に勝つための将棋を教える(第2回)。真田のことを心配し、大金をはたいて対戦相手を買収しようとする(第3回)。

伊達和寿……堀井新太
棋士七段。真田の弟弟子。恵子の勤務する小学校の将棋クラブで指導している。物言いが辛辣で、容赦がない。多忙な中でも将棋クラブの指導を続け、恵子に「タイトルを獲ったら結婚して欲しい」とプロポーズした。真田が第五局に臨む前、秋葉からの頼みを受けて真田に最新の将棋を教える(第3回)。

静……野々すみ花
小料理屋「水明」の女将。常に穏やかで気品漂う女性。実は真田の元妻。真田が26歳で奨励会を退会になった際、離婚している。真田が将棋を辞めたのは自分のせいではないかと責任を感じている(第2回)。

天野耕平……加藤諒
真田の弟弟子。三段リーグで奮闘しプロを目指していたが、奨励会の「満26歳の誕生日を含むリーグ終了までに四段になれなかった場合は退会となる」という規則により奨励会を退会、将棋界を去る(第1回)。

天野奈美……原日出子
天野の母親。宇都宮でギョーザ屋を営む。

千田加代子……岡まゆみ
千田の妻。弟子だった真田をかわいく思っている。

鶴巻吾郎……安井順平
首都新聞社文化部部長。将棋を知らない秋葉の面倒をみる。当初は秋葉が真田の記事を書くことに反対で、人気の高い伊達の記事を書くよう勧めていたが、真田の記事が好評だったためさらに記事を書くよう背中を押す(第2回)。

久本佐奈江……夏子
首都新聞社文化部囲碁担当。祖父が囲碁のプロ棋士。

水上哲也……森下大地
奨励会二段。父は棋士九段。真田の三段リーグ編入試験の対戦相手となる。

ゲスト棋士のみなさん

羽生善治 九段(本人役)
第1回に登場。

加藤一二三 九段(本人役)
第2回に登場。

門倉啓太 五段(原八段役)
第2回に登場。若手天才棋士・伊達の対局相手。このドラマの将棋指導も担当。

森下卓 九段(水上九段役)
第3回に登場。

竹俣紅 女流初段(飯倉陽菜二段役)
最終回に登場。三段リーグ編入試験を受ける真田の対局相手。

「盤上のアルファ」の記事一覧を見る

ほかの記事を読む?

NHKドラマ「盤上のアルファ」 NHKドラマ「盤上のアルファ」第1回|原作と違って舞台は東京だけど楽しい 塩田武士著「盤上のアルファ」感想 塩田武士著「盤上のアルファ」感想|関西弁の掛け合いが楽しい将棋小説