「バークスキンズ」第3話|ハミシュがクロスを探す個人的な理由

海外ドラマ「バークスキンズ」あらすじキャスト

「バークスキンズ」記事一覧

海外ドラマ「バークスキンズ」第3話のあらすじと感想です。

ハミシュがウォビクにやってきた本当の理由、そして失踪したランダル・クロスとクックの関係が明らかになりました。

正直もう少しテンポよくてもいいと思うんだけど…。先の展開がわかっているのになかなか進まず、ずっと同じ場所で足踏みしている感じです。

第3話「本当の理由」のあらすじ

ハミシュは森の中でラファージに襲われるが、アンリが現れラファージを殺す。イヴォンが見張っていたクラップ神父は、宣教師たちに連れていかれる。

トレパニーが密かに“国王の娘たち”との結婚準備を進めていることを感じ取り、不安を隠せないマリ。セルはマリに追及されるが「何も知らない」と言い張る。

クックが虐殺事件に関与しているとみたハミシュは、ラファージが殺されたことを告げる。行方不明のランダル・クロスはハミシュの姉の夫で、姉のために彼を探しに来たと明かすハミシュ。

クックは虐殺事件の真相を語る。クロスが会社から与えられた任務は混乱を利用して土地を得ることで、クックに協力を依頼したのはクロスだった。

デュケはワイアンドット族の集落を追い出され、森の中で出会ったクックに助けを求めるが拒まれる。クックがトムを小屋に隠すのを見たデュケは、喋らない代わりに小屋の見張りを申し出る。

“国王の娘たち”のお見合いパーティーが開かれ、トレパニーはデルフィーヌに一目惚れする。トレパニーが大地主だと知ったメリッサンドは彼に接近し、自らを売り込む。

アンリはラファージの遺体を吊るし、クックに見せつける。危機感を抱いたクックはトムを森に連れて行くようデュケに命じる。トムにさらされた少女は宿に戻り、マチルドと再会する。

登場人物はこちら

海外ドラマ「バークスキンズ」あらすじキャストバークスキンズ|全話あらすじ・感想・登場人物(キャスト)・予告動画

第3話の感想(ネタバレ有)

ハミシュがクロスを探す個人的な理由

ハミシュはハドソン湾会社からの指示ではなく、個人的な理由でウォビクにやってきたことが判明。失踪したランダル・クロスは彼の姉の夫でした。

そしてクロスが会社に与えられた任務は、混乱を利用して土地を得ること。そのためにクックに協力を持ちかけ、虐殺事件を仕組んだようです。ハミシュはそのことを知らなかったようで、ショックを受けていましたね…。

失踪中のクロスもそのうち登場すると思うけど、この虐殺事件には、まだわたしたちが知らない秘密が隠されているんでしょうか? 司祭も少女もいっこうに喋らず、ずいぶんもったいぶっている印象ですが。

メリッサンドはトレパニーに目をつける

ようやく“国王の娘たち”のお見合いパーティーが開かれました。待ち望んだ結婚相手を前にして、無邪気に舞い上がるトレパニーが面白かった。

トレパニーはデルフィーヌを気に入り、必死に口説いていましたが、「金持ちと結婚する」と公言していたメリッサンドはトレパニーに目をつけた様子。

メリッサンドは絶対に逃さないだろうから、きっとトレパニーは彼女と結婚することになるんだろうなぁ。

家では、結婚に感づいたマリが嫉妬メラメラ状態。館から何かを持ち出して埋めていたけど、なんだろう? 黒い羊のときといい、彼女の行動は謎めいていますね。

「海外ドラマ」記事一覧

ほかの記事を読む?