「バークスキンズ」最終話(第8話)平和の終わり…イロコワの襲撃

海外ドラマ「バークスキンズ」あらすじキャスト

「バークスキンズ」記事一覧

海外ドラマ「バークスキンズ」第8話(最終話)のあらすじと感想です。

いやー予想どおり何もかも解決しないまま、最悪の展開を迎えて終わってしまいましたねー。今のとこシーズン2の発表はないんですよね、これ。

でも海外の評価は悪くないので、そのうち発表があるかもしれません。

第8話「黒い太陽」のあらすじ

ハミシュとセルビーはフランス人入植者の家を焼き払い、皆殺しにする。セルビーは北の入植者を襲うため、クックから銃を受け取るようハミシュに命じる。

マチルドはトレパニーとメリッサンドの結婚式の準備をする。修道女たちが遺体を回収し、クックとデュケも無事に帰還した今、イロコワ問題は解決したも同然だと安堵する。

マリの存在が気になるメリッサンドは、トレパニーに「マリをセルの妻にすればいい」と提案。トレパニーから話を聞いたセルも乗り気になり、マリに結婚を申し込む。

ハミシュは「取引を遂行しないとイロコワがウォビクを襲う」とクックに告げるが、クックは銃を渡そうとしない。デュケはハミシュに取引を持ちかけ、クックが隠した銃を密かに盗み出すが、その場をルナーデットに見られてしまう。

殴って気絶させたルナーデッドと銃の入った樽を荷車にのせ、イロコワのもとへ運ぶデュケ。ルナーデットがいないことに気づいたマチルドは、ブシャールとともにクックを問い詰め、樽の中に銃が入っていたことを知る。

マリはセルの妻になることを決め、トレパニーに最後の食事をふるまう。館に戻ったトレパニーは床に倒れて意識を失い、翌朝メリッサンドが遺体を発見する。メリッサンドから知らせを受けたセルは、完成したばかりの“スカイテーブル”に遺体を運ぶ。

銃を手に入れたイロコワは約束を破り、ウォビクを襲撃しようとする。ハミシュは虐殺事件を仕組んでイロコワに罪を着せたのはイギリス人だと明かし、町を救おうとするが、セルビーに撃たれてしまう。

ルナーデットを救出するため森の中に入ったブシャールは、イロコワに遭遇し殺される。ハミシュはイロコワに八つ裂きにされかかるが、逃げ出したルナーデットに助けられる。

銃を持ったイロコワがウォビクを襲撃する。その頃、トレパニーはスカイテーブルの上で目を覚ます。

登場人物はこちら

海外ドラマ「バークスキンズ」あらすじキャストバークスキンズ|全話あらすじ・感想・登場人物(キャスト)・予告動画

第8話の感想(ネタバレ有)

平和の終わり…イロコワの襲撃

びっくりしたのは、前回すごい気になる場面で終わったのに、その続きがばっさり省略されてて、マチルドの「もうイロコワの件は終わったも同然よ」の一言で片付けられたこと。一瞬「1回分見逃した?」かと焦りましたわ。

イロコワに包囲されたマザーたちは、無事に神父の遺体を回収できたらしい。そしてクックとデュケも解放され、みんなウォビクに帰還して平和な日常に戻ってました。

問題は、クックが「遺体と引き換えに銃を渡す」とハミシュたちに約束したこと。ところが町に戻ったクックは、イロコワに銃を渡すことを拒みます(この期に及んで!)。

狡賢いデュケは、クックがマチルドの宿に隠していた銃を盗み出して金と引き換えにハミシュに渡し、銃を手に入れたイロコワはウォビクを襲撃。止めようとしたハミシュはセルビーに撃たれてしまう。

そのハミシュを救ったのが、サイコパスらしい少女ルナーデット。結局、彼女は虐殺事件について何も語らないままでしたね。キーパーソンになりそうでならなかったなぁ。

マリに毒殺されたトレパニーは、蘇ったんだろうか。ラストシーンで彼が目を覚ました意味がわからない。マリは毒を仕込んでなかったのか、それとも失敗したのか。

彼女がセルの求婚を受け入れたのも、本心だったのかどうかはっきりしませんね。

歴史ドラマとしては◎、ストーリーは△

複雑な時代背景と緻密な人間模様を丁寧に描いていて、歴史ドラマとしてはとても見応えがあり、勉強にもなりました。

存在感ある修道女マザー・サブリーヌや宿の女主人マチルド、自ら運命を切り拓こうとするメリッサンドとデルフィーヌなど、女性キャラの描き方も魅力的で、好印象でした。

ただストーリーとしてはこれといった盛り上がりがなく、少しものたりなかったです。個人的にはもうちょいエンタメ寄りのほうが好み。

あと、やはり作品全体の雰囲気が殺伐としすぎてて、ちょっとしんどかった(画面が暗すぎるというのもある)。残虐なシーンも多かったし。

イロコワの襲撃を受けたウォビクの人々はどうなったのか。ハミシュは生き延びることができたのか。マリとセル、クックとデルフィーヌは結ばれるのか。

物語の続きは気になるんですけどね~。
続編が決定したとしても、たぶん見ないかな。

「海外ドラマ」記事一覧

ほかの記事を読む?