「ブラックスキャンダル」最終話|復讐劇の顛末は無理やりハッピーエンド

ドラマ「ブラックスキャンダル」あらすじ感想

「ブラックスキャンダル」の記事一覧を見る

どうも、夏蜜柑です。
日テレ木曜深夜「ブラックスキャンダル」最終話(第10話)。

ん?

血みどろ復讐劇が、どう転んだらハッピーエンドに?
ちょっとワケがわかんない……。

ふぐ丸
復讐はどこへ行った?

とっちらかったまま、無理やりまとめてしまった感じでした。
わたしは亜梨沙の感情についていけなかったけど、みなさんどうでしたか?

以下、ネタバレを含みます。

最終話のあらすじ

  • 勅使河原友和(片岡鶴太郎)の通夜が営まれた夜、亜梨沙(山口紗弥加)は純矢(安藤政信)を問い詰める。純矢は水谷の姉・明日那(中村静香)を認め、平然と「君と結婚したかったんだ」と言う。
  • 紗羅(松本まりか)の不倫スキャンダル記事が掲載されたのも、棚城健二郎(波岡一喜)が謝罪会見の場に現れたのも、すべて純矢が仕組んだことだった。呆然とする亜梨沙に「君なら必ず帰って来てくれると信じていた」と笑う純矢。
  • 亜梨沙から事情を聞いた花園由祐子(平岩紙)は動画を公開するよう促すが、亜梨沙は迷う。純矢は、小嶋夏恋(小川紗良)に主演映画の仕事を持ち込み、赤いハイヒールを贈る。
  • 赤いハイヒールを履いている夏恋を見て、亜梨沙はハッとする。自分も昔、純矢に赤いハイヒールを贈られたことがあるからだ。水谷明日那も赤いハイヒールを履いていたこと思い出し、夏恋に忠告する亜梨沙。
  • 新たに事務所を立ち上げた純矢は、記者会見を開く。亜梨沙は会場に流れるはずの映像を切り替える。純矢が明日那を突き落とす瞬間の映像が流れる直前、亜梨沙は映像を止め、「全ての罪を認めて謝罪して」と訴える。
  • 純矢は土下座をして、唯菜と婚約しているにも関わらず亜梨沙を愛してしまったことを謝罪する。そこへ水谷が現れ、ナイフで純矢を刺そうとするが、間に入った亜梨沙が刺されてしまう。
  • 亜梨沙は純矢にキスを迫り、純矢の舌を噛み切る。悲鳴を上げてのたうち回る純矢。「私たち、一滴残らず地球上から干されて消えよう」と純矢にささやきかける亜梨沙。
  • 3か月後、純矢が立ち上げた事務所は花園が後を継いで社長になっていた。夏恋のマネージャーとして働く亜梨沙のお腹には、新しい命が宿っていた。病院では、純矢が眠る病室に唯菜(松井玲奈)が現れ、純矢を連れ去る。

最終話の感想

無理やりハッピーエンド

なんだかシッチャカメッチャカなラストでしたねぇ。

このドラマにリアリティなんて求めてないけど、さすがに最後の「血祭りステージからのご懐妊ハッピーエンド」は無理があったと思うわ……。

マスコミの前であんな惨劇を繰り広げても、おとがめなしで済む世界なの?
それなら紗羅が不倫スキャンダルくらいで干されるっておかしくない?

夏蜜柑
辻褄が合いませんよ~。

水谷くんがナイフ出したところで大騒ぎにならないのも変だし、その後みんなで静かになりゆきを見守ってるのも変。

結局、純矢の犯した殺人罪が公になったのかどうかも不明。
水谷くんだけが逮捕されて、あとはもとどおりの平和な日常に戻ってしまった。

ふぐ丸
そんなワケないやろ!

ま、それ言い出したらキリがないんですけど。

復讐劇の顛末

亜梨沙の復讐の終わらせ方も謎でした。

夏蜜柑
あそこまでされても純矢を愛し続ける亜梨沙って……。

最後に純矢の舌を噛みちぎって「私たち、一滴残らず地球上から干されて消えよう」って言っておきながら、3か月後には清々しい顔をしてマネージャーの仕事に復帰しているところも含めて、ちょっとついていけなかった。

おまけに亜梨沙は純矢の子を妊娠してるらしい。
これ、どう受け止めたらいいの……謎。

復讐劇って、終わらせ方が難しいですよね。
たいてい最後は「愛が勝つ」みたいな終わり方になるけど、どうも腑に落ちません。

数々の作品がいろんなパターンをやり尽くしていて、何をやっても新鮮味がないというのもありますが。

最後は「マネージャーとは……」みたいなモノローグで感動的に締めていたけど、完全に問題がすり替わってますよね。えっ、そっち?みたいな。

紗羅とアリサのエピソードゼロ

ただ、わたしは最初から「山口紗弥加さんと松本まりかさんの演技を楽しむ」ことが目的だったので、その点では満足しています。

平岩紙さん、松井玲奈さん含め、女優さんたちのキレた演技を見るのはコワ楽しかったです。

あ、サイコパス純矢を演じた安藤政信さんと、第5話で赤ちゃんプレイの変態社長を演じた笠原秀幸さんも相当怖かったけど^^;

できればもう少し、松本まりかさんのシーンが見たかった。

紗羅の空白の5年間を描いた「エピソードゼロ」がHuluで配信されてるんだけど、正直わたしこっちの話のほうが断然興味あるわ。本編でやってほしかったなー。

あらすじ↓

5年前。女優の藤崎紗羅(松本まりか)は、仕組まれた偽りの謝罪会見ですべて失った。生きる希望を失い、死に場所を探して彷徨っていた時、同じく飛び降り自殺をしようとしていた謎の女・アリサ(山口紗弥加)に出会う。互いに死に場所を失いながらも心を通わせる2人の、奇妙な偶然が呼んだ共同生活が始まり…。Huluオリジナルストーリーでは、紗羅が矢神亜梨沙になるまでの空白の5年間が明かされる!(公式サイトより)

山口紗弥加さんは今回のドラマが初主演だったそうだけど、また主演ドラマ見たいです。

松本まりかさんはエキセントリックな役しか見たことないので、次回は平凡なOLとか主婦とかの役が見たいなぁ。楽しみにしています。

追記:「エピソードゼロ」の感想

Huluで配信されている「エピソードゼロ」(前後編合わせて40分)を見ました。見応えありました。

ほぼ山口紗弥加さんと松本まりかさんの2人芝居で、しっとりしたドラマです。

本編と違ってぶっ飛んだセリフも派手な演出もありませんが、本編では回想シーンでしか登場しない松本まりかさんが主役で、たっぷりと「藤崎沙羅」を見せてくれました。

5年前、紗羅(松本まりかさん)は不倫ねつ造記事によって何もかも失い、自殺をはかろうとしました。
そのとき、同じく自殺しようとしていた矢神亜梨沙(山口紗弥加さん)と出会います。

亜梨沙は既婚者に騙され、知らないうちに不倫をさせられて捨てられたのでした。
亜梨沙の境遇に共鳴した紗羅は、亜梨沙を救うため復讐を提案します。

2人で復讐計画を練るうちに、紗羅は生きる力を取り戻していく。
しかし亜梨沙は逆でした。

本当は、亜梨沙は不倫と知りながら男と付き合っていました。
そして紗羅がその事実を知ったとき、亜梨沙はすでにこの世にいませんでした。

自分が住んでいたアパートも、名前も、戸籍も、紗羅にあげるという遺言を残して、彼女は去りました。

3年後、紗羅は亜梨沙に生まれ変わるため、たった1枚だけ2人で撮った写真をもとに、亜梨沙の顔に整形したのです。

ここに出てくる亜梨沙は、ひとりで生きていくことができなかった弱くはかない女性でした。同じ山口紗弥加さんが演じているとは思えないくらい、別人。

夏蜜柑
可愛らしい山口紗弥加さんが見られます。

これ、本編で放送してほしかったなぁ。
本編はずっとフルスロットルだったので、見ていてしんどい部分があったんですよね。

こういうしっとりした回がたまにあったほうが、メリハリが効いていいと思うんだけど。
わたしの好みですけどね。

このドラマは、Huluで視聴可能です。※最新の配信状況と料金はHuluサイトにてご確認ください

「ブラックスキャンダル」の記事一覧を見る

ほかの記事を読む?