ブラックスキャンダル第3話|元婚約者の優しさが怪しい

ドラマ「ブラックスキャンダル」あらすじ感想

「ブラックスキャンダル」の記事一覧を見る

どうも、夏蜜柑です。
日テレ木曜深夜「ブラックスキャンダル」第3話。

意外とゆっくりで順当な展開。しかし勅使河原親子や唯菜についてはまだほとんど語られていないので、不気味ではあります。

夏蜜柑

平岩紙さんが強烈で、ドキドキしてしまう。

ふぐ丸

まさかのベッドシーン。

以下、ネタバレを含みます。

第3話のあらすじ

  • 亜梨沙(山口紗弥加)は、「フローライト」がこれまでに行ってきた不正の事実を暴き、事務所ごと潰すことを考える。会社の収益データにアクセスできるのは、社長の勅使河原(片岡鶴太郎)とチーフの花園(平岩紙)だけ。亜梨沙は花園を引きずりおろし、チーフに成り代わろうともくろむ。
  • 売り出し中のアイドルグループ「ミルキーロード」のマネージャー・犬飼(森田甘路)は、メンバーのミカ(田中真琴)と1年前から交際していたが、ミカの妊娠が発覚。花園にバレるも、自分が父親だと言い出せずにいた。
  • 花園に言われた通り、ミカに堕胎を勧める犬飼。だがミカが失踪し、犬飼はミカと結婚して子供の父親になることを決意する。2人が花園に全てを告白しようとした時、ミカとプロサッカー選手・鹿田の熱愛が報じられる。花園は、ミカが2年前に別れた元彼・鹿田と結婚させ、ミカを引退させようと企んでいた。
  • 犬飼とミカは花園に事実を伝え結婚する許しを乞うが、激怒した花園は「発生する損害を全額補償しろ」と言う。途方に暮れる犬飼とミカ。亜梨沙はミカの「アイドルを続けたい」という言葉を聞いて、ある提案をする。
  • ミカたちミルキーロードのメンバーは緊急記者会見を開き、ミカは鹿田と結婚しないこと、妊娠していることを公表。さらにシングルマザーとして今後もアイドルを続けていく、と宣言する。記者会見を見た花園は「ミルキーロードは終わりだ」と言うが、亜梨沙は勅使河原の前で「ここから新生ミルキーロードが始まるんです」と断言する。
  • 亜梨沙が屋上に行くと、純矢(安藤政信)がいた。5年前に紗羅(松本まりか)を信じることができなかったことを後悔していると涙ながらに話す純矢の背中に、亜梨沙は思わず寄り添ってしまう。
  • 亜梨沙に目をつけていた「週刊星流」の記者・巻田(片桐仁)は、亜梨沙が整形した藤崎紗羅だと気づく。

第3話の感想

自分が担当しているアイドルに手を出したあげく、妊娠までさせてしまった犬飼さん。

夏蜜柑

これはどう考えても犬飼さんが悪い。

でも起きてしまったことは仕方ない。
これからどうするか、自分たちで必死に考えて行動するしかない。

記者会見でミカはシングルマザーとしてアイドルを続けていく、と宣言してたけど。

犬飼さんとは結婚しない(別れる)ということ?
それとも密かに付き合いは続ける(一緒に子供を育てる)けど、籍は入れないってこと?でもそんなのすぐにマスコミにバレるよね。

それに、世間はそんなに甘くないと思うんだ。
父親のいない子供を産んだアイドルを今までと同じように応援したいと思う人は、少ないんじゃなかろうか。

亜梨沙は社長と花園さんの前でドヤ顔してたけど、そこまで完璧なやり方じゃないよねぇ。
ムリヤリ感がありすぎて、全然スッキリしなかったけどなぁ。

ブラックリベンジの主人公は〈狂気に囚われた復讐鬼〉という感じで自分のことしか見えてませんでしたが、今回の主人公は他人を思いやる優しさを残した〈ダークヒーロー〉のようです。

復讐のためなら手段を選ばない、という冷酷さは、亜梨沙には見られない。
マネージャーとして、事務所のタレントを思いやる優しさもあって。

だけど、それは亜梨沙の弱点でもありますよね。

「虐げられている人間を助けるためなら復讐は二の次」というスタンスが、この先命取りになるのでは。

元亜梨沙の婚約者・純矢は、やっぱり胡散臭いなぁ。
どうも信用できないです、この方。
腹の中がスケスケの巻田より、よっぽど怖い。

もしかして、亜梨沙の正体を知っているとか……?
あの涙も、亜梨沙を騙そうとしているように思えて仕方ないんですよねー(純粋な涙だったらスミマセン)

平岩紙さん演じる花園さんのヒステリーキャラが強烈で、だんだん面白くなってきました。

平岩さんが演じるせいか、あんまり強さは感じないんだよね。
壊れるときは一瞬だろうなーと思わせる、ちょっと異常さを感じさせる演技がうまい。

今回はまさかのベッドシーンもありました(軽いけど)

今後は亜梨沙vs花園の対決が激化しそうなので、楽しみです。

「ブラックスキャンダル」の記事一覧を見る


ほかの記事を読む?

ドラマ「ブラックスキャンダル」あらすじ感想 ブラックスキャンダル第2話|2世俳優は1億円もらっていた ドラマ「フェイクニュース」あらすじ感想 NHKドラマ「フェイクニュース」前編|誰もが加害者になりえる