僕らは奇跡でできている第6話|つながった2つの世界

「僕らは奇跡でできている」あらすじ感想

「僕らは奇跡でできている」の記事一覧を見る

どうも、夏蜜柑です。
フジ火曜9時「僕らは奇跡でできている」第6話。

みんな自信がないんだよ、育実!!

だから泣かなくてもいいんだよ。
なんとかなるから心配はいらないよ。

育実とかつての自分自身に、そう伝えたくなる第6話でした。

一輝の大きな光には、そこに身を置きたくなるような温もりがあるのかもしれない。
だからみんな、自然と光のほうへ集まってくるのかも。

夏蜜柑

沼袋先生でさえ、居心地よさげだもんね。

以下、ネタバレを含みます。

第6話のあらすじ

  • 一輝(高橋一生)と育実(榮倉奈々)が一緒に森へ行ったことを知った山田(戸田恵子)は、食事会を開いて日頃お世話になっている“先生”たちを招こうと提案。一輝は、鮫島(小林薫)や樫野木(要潤)、育実たちに声を掛ける。
  • 食事会当日、沼袋(児嶋一哉)と熊野(阿南健治)、あかり(トリンドル玲奈)、祥子(玄覺悠子)も加わって、にぎやかになる。食事会の途中、タコが食べられないという一輝を異常に気遣う山田。
  • 翌日、一輝はクリニックを訪ね、育実に森で泣いた理由を尋ねる。育実は一輝と自分は違うと前置きして、真面目すぎる性格ゆえに何をしても自分を責めてしまう苦しさを打ち明ける。
  • 一輝は樫野木に森の作業を手伝ってもらう。昔はフィールドワークをやっていたという樫野木だったが、結婚生活を壊した原因となったことから、やめてしまったと語る。
  • 育実は一輝に連絡し、一緒に森に行きたいと伝える。一輝はリスの橋に屋根をつけて様子を見ていたが、リスが渡った形跡はなかった。育実は一輝に、本当は恋人と別れたくなかったと本心を漏らす。
  • 彼を信じられなかったのも、本当の気持ちが言えないのも、他人の目を気にしてしまうのも、自信がないからだと語る育実。一輝の言うとおり「自分はすごい」と証明したいウサギなのだと、涙をこぼす。
  • その時、2人の目の前でリスが橋を渡っていく。喜びを抑えきれない一輝と、あふれる嬉し涙を拭う育実。

第6話の感想

周波数が異なるクジラ

鮫島教授が食事会で話していた、1頭だけ周波数が異なるクジラの話が興味深かったです。

周波数が違うから、ほかのクジラとはコミュケーションが取れない。
自由なのか、孤独なのか。
そもそも、自由とか孤独の概念のない世界に住んでいるのか。

そのクジラは、年々周波数が変化しているという。
成長している証だと、嬉しそうに語る鮫島教授。

初め、わたしはこのクジラに一輝を重ねて聞いていました。
そのうちふと、「鮫島教授自身も含まれるのかもしれないな」と。

今は周波数が同じになって、誰とでもうまくやっていけるようになったけど、昔は教授も一輝と同じように周波数の異なる人だったのかもしれない。

だから一輝のことを理解できるのかも……。
と、そんなことを想像しました。

鮫島教授に「私は勘違いをしていたんでしょうかね」と打ち明ける山田さん。

みんなと楽しそうに語り合う“私が知らない一輝さん”を見て、山田さんは嬉しいと同時に、少し淋しいような複雑な心境だったのではないでしょうか。

夏蜜柑

「どっちにしたって順調」という鮫島教授の答えが素敵でした。

ふぞろいなギョーザたち

一輝と一緒にギョーザを作ることになった育実。

見た目にこだわらず、自由に形を楽しもうとする一輝に、育実は「絶対、破けますよ」と忠告します。

育実の言うとおりギョーザは破けてしまうのですが、山田さんは「だいじょーぶ、だいじょーぶ」とスープの中へ放り込む。

山田さんの料理は、一輝の自由をたやすく受け入れる大らかな料理なんですね。

夏蜜柑

わたしの料理は育実と同じく「窮屈」だわ…。

山田さんの料理があったから、一輝は自由にのびのびと育ったんだなぁ。
そう思うとますます、15歳以前の、山田さんがいない時期の相河家の事情が気になるわたし。

一輝が「タコを食べられない」のは、もしかして、両親の記憶と関わりがあるのではないでしょうか?

一輝は「理由はわかりませんが、タコを見ると嫌な感じがします」と言っていました。
山田さんは、タコと聞いたとたん、顔が引きつっていました。

一輝に思い出させたくない何かがあるのかもしれません。

つながった2つの世界

ようやく、育実が一輝の前で素直に本音を打ち明けてくれました。

自信がないから、自分がどうしたいかより人にどう思われるかを優先してしまう。
自信がないから、いつも自分を責めて自分をいじめてしまう。

自信がないから、「自分はすごい」と証明したい。

私はウサギです、とついに認める育実。
第1話で一輝に「先生はウサギっぽい」と言われてから、ここまで長い道のりでした。

でも、育実にとって必要な時間だったんだと思います。
むしろ、短いくらいです(そこはドラマなので仕方がない)

気づいたからと言って、急に変われるわけじゃない。
これからもきっと、三歩進んで二歩下がるような毎日だと思う。

だけど、リスは橋を渡りました。
育実の視界には、もうあっちの世界が広がっているはずです。

 

「僕らは奇跡でできている」の記事一覧を見る


ほかの記事を読む?

「僕らは奇跡でできている」あらすじ感想 僕らは奇跡でできている第7話|家政婦・山田さんと一輝の関係 「僕らは奇跡でできている」あらすじ感想 僕らは奇跡でできている第6話|つながった2つの世界