僕らは奇跡でできている第9話|樫野木先生が落とした爆弾

「僕らは奇跡でできている」あらすじ感想

「僕らは奇跡でできている」の記事一覧を見る

どうも、夏蜜柑です。
フジ火曜9時「僕らは奇跡でできている」第9話。

すごい爆弾を落としてきましたね。

最後の砦は樫野木先生だろうなーとは思ったけど、まさか最終回直前にこんな強烈な爆弾を落とすとは。要潤さんにその役を担わせるところも含め、すごい。

樫野木先生の一方的な攻撃に何も言えず、泣きながら立ち去る一輝。
どんなに傷ついたかと想像すると心が痛みます。

同時に、樫野木先生が抱える苦しさもビシビシ伝わってきて、たまらなかった。

一輝のキラキラした部分を肯定的に描くだけでなく、それを真っ向から否定する人の思いも同じようにすくい上げる脚本に脱帽です。

以下、ネタバレを含みます。

第9話のあらすじ

  • 一輝(高橋一生)は琴音(矢作穂香)に進路相談と称して呼び出され、「つきあってほしい」と告白される。一輝が断ると、琴音は育実(榮倉奈々)のことが好きなのかと一輝を問い詰める。
  • 琴音に問われたことで、育実に対する気持ちを考え始める一輝。そしてようやく導き出した「水本先生は面白い」という答えを、一輝は直接育実に打ち明ける。一輝を意識し始めていた育実はそれを聞いて困惑する。
  • 樫野木(要潤)に頼まれて娘の香澄(矢崎由紗)を迎えに行った一輝は、フィールドワークに興味を示す香澄と意気投合。香澄は樫野木が昔フィールドワークをしていたころの写真を嬉しそうに一輝に見せる。
  • ネットでたまたま見つけた「コンチューバーN」の動画にハマっていた新庄(西畑大吾)は、沼袋のデスクに動画と同じぬいぐるみを見つけ、沼袋がコンチューバーNだと気づく。
  • 元妻が再婚すると聞いて動揺する樫野木。さらに香澄から「ママはフィールドワークをやってた頃のパパが一番カッコよかったって言ってた」と聞かされ、ショックを受ける。なぜなら、家族のためにフィールドワークをやめたからだ。
  • 樫野木はフィールドワークについて楽しそうに話す一輝に苛立ち、「人生の成功者みたいな顔をして学生たちを勘違いさせないでほしい」と大声で怒鳴り、「ここから消えてほしい」と言ってしまう。
  • 一輝が帰った後、鮫島(小林薫)は樫野木を呼んで話を聞く。一輝の言動や一輝を許容する鮫島に苛立っていると話す樫野木に対し、鮫島は「相河先生のせいにしておけば向き合わないですむことがあるんじゃないの」と指摘する。

第9話の感想

樫野木先生が落とした爆弾

樫野木先生は、初回からずっとスルーされ続けてきました。

何か言おうとしても誰かに邪魔されたり、無視されたり。
真剣に意見しようとしてもまともに聞いてもらえなかったり。

夏蜜柑

下心が見え見えだし、日和見主義だからね。

笑える場面でもあったんだけど、そうやってずっと無視され続けると、樫野木先生自身も、見ている側も、少しずつ(知らないうちに)ストレスが溜まっていくんですよね。

樫野木先生が爆発するのは、自然の成り行きだったのかもしれません。
少なくともわたしは「はぁ?何言ってんのコイツ」とは思わなかった。

相河先生みたいになれたら幸せだよね。
学力があって、できないことがあっても支えてくれる人がいて。
好きなことだけやってられて。

子供はさ、キラキラした大人に憧れるけど、キラキラした大人なんて、ほんの一握りしかなれない。

なのに学生たちも、相河先生みたいになりたがってる。
なれなかったらどうすんの? 責任とれんの?

相河先生はさ、ここだからいられるんだよ。よそじゃやっていけない。
それわかってる? わかってるなら、人生の成功者みたいな顔して、学生たちを勘違いさせないでほしい。

一輝を責めているのに、樫野木先生の泣き叫ぶ声が聞こえてくるようでした。

相河先生のようになれなかった自分。
好きなことだけやって生きていける“一握りの人間”になれなかった自分。

樫野木先生がどういう事情でフィールドワークをやめたのか、本当のところはわかりません。

昔の一輝のように、好きなはずのフィールドワークを楽しめなくなったのかもしれない。
育実のように、常識や固定観念にとらわれ、他人の目を気にしすぎたのかもしれない。

それは今も「大きな挫折」として、彼の心に深い傷跡を残しているように思います。
夢をあきらめた人間にとって、一輝はまぶしすぎるんです。

学生たちのためって言ってるけど、違うよね。自分のためだよね。
自分の傷ついた心を、一輝が放つ光から必死に守っているような気がします。

夏蜜柑

わたしにも思い当たることあるからわかるよ。

しかしこの強烈な爆弾を、いったいどう処理するのか。
今まで以上に、この先の展開にドキドキしています。

一輝の決意

樫野木先生が投げつける言葉に打ちのめされ、立ち去るしかなかった一輝。
愕然とした顔に、彼が受けた衝撃の大きさが表れていました。

夏蜜柑

あんなことを言われて平気な人はいません。

樫野木先生にはまぶしく映る一輝にも、挫折はあったかもしれません。

鮫島先生や山田さんのような人たちが、いつもそばにいるわけじゃない。
おそらく、一輝の個性を受け入れられない人のほうが多いのではないかと思います。

好きなことをして生きていける人間は一握り。
それを心から楽しめる人間は、もっと少ない。

それだけ、一輝は壁を乗り越えてきたのだと思います。

突然水泳を始めたり、ロシア語を勉強し始めたり、一輝はまた新しいことを始めようとしている様子。
現状に満足しているわけではなさそうです。

夏蜜柑

がんばれ一輝。

面白い水本先生

育実は急に一輝を意識し始めましたね。

少し唐突なようにも感じましたが、育実をどう思っているかという問いに対する一輝の回答が最高でした。

水本先生は、謎や不思議でいっぱいです。
水本先生と一緒にいると、感動や発見があります。

でも、いい思いだけじゃありません。嫌な気持ちになったときもありました。
いろんな気持ちになります。

つまり、僕は水本先生のことが面白いです。

これ最高の賛辞じゃないですか?

“面白がる天才”の一輝に「面白い」と言ってもらえるなんて。

夏蜜柑

好きって言われてるようなもんでしょー。

一輝も言ってたけど、感情に言葉をつけた人はホントすごいですよね。

よーく考えてみたら「面白い」ってなんなのかわかんないですもんね。
どういう感情かを具体的に説明しろって言われたら、答えられない。

「嬉しい」も「楽しい」も「悲しい」も、目に見えないモノ。
それに名前をつけて言葉という形にした人はすごいけど、同時に言葉を頼りすぎると危険でもある。

わたしが思ってる「面白い」とあの人が思ってる「面白い」は、違うこともあるからね。

いよいよ来週は最終回です。

脚本家の橋部敦子さんは、「最終回に熊野事務長にどうしても言わせたい一言がある」そうで。↓↓

参考 「僕らは奇跡でできている」脚本・橋部敦子が最終回に隠した秘密とは?Yahoo!Japanテレビ

熊野事務長のひとことも楽しみだけど、沼袋先生が最後に何を言うかも楽しみだなぁ^^

 

「僕らは奇跡でできている」の記事一覧を見る


ほかの記事を読む?

「僕らは奇跡でできている」あらすじ感想 僕らは奇跡でできている最終話|宇宙へ行った一輝と存在しない大河原さん 「僕らは奇跡でできている」あらすじ感想 僕らは奇跡でできている第8話|山田さんとタコの秘密が明らかに