BRIDGE はじまりは1995.1.17神戸|登場人物(キャスト)・あらすじ

カンテレ開局60周年特別ドラマ BRIDGE はじまりは1995.1.17神戸

どうも、夏蜜柑です。
カンテレ開局60周年特別ドラマBRIDGE はじまりは1995.1.17神戸」の紹介です。

阪神・淡路大震災後、六甲道駅をわずか74日間で復旧させた実話をドラマ化!
神戸に“希望の橋”を架けた男を井浦新が熱演!
野村周平、葵わかな、椎名桔平ら豪華キャストで贈る熱きヒューマンドラマ!(カンテレ公式サイトより)

カンテレ60周年を謳うだけあって、見応えのあるドラマになりそうです。U-NEXTで配信中のプロローグドラマも面白かったです。本編への期待が高まります。

夏蜜柑

井浦新さんはスペシャルドラマの主演が続きますね。

わたしは大阪出身で震災当時も大阪にいましたが、神戸が当時どのような状況だったのか、詳しいことはよくわかっていません。報道されたものを見た程度の知識です。当時のことを思い出しつつ、新たな気持ちで見ようと思っています。

番組概要

  • 放送局:カンテレ・フジテレビ系
  • 放送時間:2019年1月15日(火)21時~23時18分 【単発】
  • 脚本:一色伸幸(映画「私をスキーに連れてって」「七人のおたく」「僕らはみんな生きている」)
  • 演出:白木啓一郎(カンテレ)
  • 音楽:イケガミキヨシ

あらすじ

1995年1月17日午前5時46分、未曽有の大震災が関西を襲った。6000人を超える犠牲者を出した阪神・淡路大震災。圧倒的な自然の力は、容赦なく人々の命を奪い、生活を破壊した。神戸の街は、一瞬にしてがれきの山と化し、交通は分断され、陸の孤島となった。中でも線路ごと崩落するなど被害の大きかったJR六甲道駅。一刻も早く鉄道を復旧させ、人と物資を運ばなければならない…。
そんな過酷な状況のなか、倒壊した駅をわずか74日間で復旧させた人々がいた。これは、過去から明日へ、人から人へ、希望の橋を架けるために困難に立ち向かった男たちの実話に基づいた物語。(カンテレ公式サイトより)

登場人物(キャスト)

磐巻組の人々

高倉昭……井浦新
六甲道駅工事所長。震災直後、JRからの依頼により倒壊した六甲道駅の復旧工事を担う。線路ごと崩落したJR六甲道駅高架橋を“ジャッキアップ”という奇抜な工法を使い、わずか74日間で復旧させた。真面目だが、熱くなるとすぐに名言を引用したがる。

國代寛治……佐藤隆太
六甲道駅現場主任。妻と2人の子供がいる。神戸市・長田区の自宅が被災しているにも関わらず、自ら志願して現場に出る。明るく豪快な性格で、後輩たちや下請けの人間からも慕われている。
結婚記念日である1月17日にサプライズで家族にロールキャベツを振る舞おうと、内緒で料理教室に通っていたが、17日当日に被災したためロールキャベツではなくインスタントラーメンを振る舞うことになった。

鶴義太郎……松尾諭
六甲道駅計画担当。高倉とは同期。高倉同様、かつて江戸川に殴られたことがあり、江戸川が退職するときは密かに喜んだ。今回復旧工事を行うにあたり、江戸川の仕事の丁寧さを目の当たりにして畏敬の念を抱く。

花祭俊貴……波岡一喜
六甲道駅工事副所長。

御手洗靖……浅香航大
六甲道駅安全管理担当。國代を兄のように慕っている。

江戸川正央……桂文枝
磐巻組OB。19年前にJR六甲道駅を作った人物。現役時代は高倉を殴りつけるなど厳しい男だったが、その仕事は丁寧かつ確実。高倉から復旧工事について相談されるが、「年寄りが口を出すのは無作法や」と言って立ち去る。

六甲道の人々

春日豊……野村周平/椎名桔平
六甲道駅近くの旅館「曙」の一人息子。高校を退学になり、世の中のすべてが面白くないとふてくされて生きている。高倉に突然工事の記録係を命じられ、ビデオカメラで工事を記録する。瞳とは姉妹のような関係。

服部瞳……葵わかな
六甲道で生まれ育つ。大阪のホテルに勤務しており、六甲道駅の倒壊によって徒歩通勤を余儀なくされる。明るく快活な性格だが、意地っ張りな面も。幼なじみの佐伯とは両想いでありながら素直になれなかったが、震災の夜、ようやく気持ちを伝え合う。

佐伯有……佐野岳
瞳の幼馴染。瞳とは両想いだが互いに素直になれず喧嘩ばかりしている。震災に見舞われた直後、大阪も同じような状況だと思い込み、大阪で働く瞳を心配して店の「かりんとう」一袋を抱えて必死に大阪へとたどり着く。

あだばな……濱田マリ
駅前に店を構えるスナック「六甲小町」のママ。

但馬源……小市慢太郞
六甲道駅前で焼鳥屋を営む店主。借金を返済したばかりの店が地震で倒壊し、途方に暮れる。当初は高倉たちを「よそ者」扱いしていたが、24時間体制で働く作業員のために現場近くで焼鳥を焼いて差し入れてくれる。

小比類巻葵……中村靖日
新聞屋の二代目。当初は高倉に怒りをぶつけていたが、現場の近くに横断幕を掲げるなど、復旧工事にあたる作業員たちを応援するようになる。

そのほかの人々

玄能美能留……ユースケ・サンタマリア
JR東日本の技術者。鉄道工事技術界の最高峰に位置する人物。宮城県沖地震で被害を受けた東北新幹線の高架を“ジャッキアップ”で修復した実績を持つ。

高倉奈々……吉田羊
高倉昭の妻。大阪で中学3年生の娘と夫と、3人で暮らす関西出身の主婦。困難に立ち向かう夫を内心では案じつつも、静かに力強く支える。

高倉もも……井頭愛海
高倉昭と奈々の娘。高校受験を控えている。

観音崎発光……片瀬那奈
被災した神戸で一発当てようともくろむ歌手。関西は苦手だったが、春日豊の実家「曙」に泊まり生活を共にするうちに街の人々と心を通わせるようになる。被災者を励ます自作の歌を作って披露する。

竹田里津……阿部純子
芦屋に通う銀行員。徒歩通勤を余儀なくされる中で瞳と出会い、友達になる。通勤の道中、瞳に父・アキオの話を面白おかしく語って聞かせるが、実は震災で亡くなっている。

佐渡島克也……葉山奨之
阪神大震災から23年後(2018年)を生きる少年。県内でも有数の進学校に通っている。悪戯心で阪神・淡路大震災慰霊碑に落書きをし、警察に捕まる。42歳の春日豊から工事の話を聞かされる。


ほかの記事を読む?

カンテレ開局60周年特別ドラマ BRIDGE はじまりは1995.1.17神戸 BRIDGE はじまりは1995.1.17神戸|カメラが重要な役割を担っていた ドラマ「レ・ミゼラブル 終わりなき旅路」 「レ・ミゼラブル 終わりなき旅路」面白かった!違和感のない日本版「ああ無情」