「大恋愛~僕を忘れる君と」第1話|2人が面白すぎて来週も見る。

ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」あらすじ感想

どうも、夏蜜柑です。

TBS金曜夜10時「大恋愛~僕を忘れる君と」が始まりました。

夏蜜柑

見る予定なかったのに見てしまった。

ふぐ丸

そして来週もゼッタイ見る。

以下、ネタバレを含みます。

第1話のあらすじ

  • 2013年5月。北澤尚(戸田恵梨香)は、母・薫(草刈民代)が院長を務める“KITAレディースクリニック”で医師として働いている。3か月前に精神科医・井原侑市(松岡昌宏)とお見合いをして、婚約。理性的で感情に流されない侑市こそ理想の相手だと思っていた。
  • 結婚まであと1か月と迫り、尚は引っ越し業者に頼んで侑市のマンションに自分の荷物を運び込ませる。引越し業者でアルバイトをする間宮真司(ムロツヨシ)は、尚の荷物の中から自分が21歳の時に書いた小説「砂にまみれたアンジェリカ」を発見するが、自分が作者であることを言い出せない。
  • 真司が水漏れの後始末を手伝ったことで、急接近するふたり。尚は真司を食事に誘い、すっかり意気投合する。そして真司が自分の大好きな小説を書いた作家だと知った尚は、真司と一夜を共にし、侑市との婚約を解消することを決める。
  • 尚と真司の関係を知った母・薫は猛反対。必死に尚を思いとどまらせようとするが、尚は自分の中に生まれた初めての熱情とひたむきに向き合おうとする。戸惑いながらも尚を受け入れる真司は、尚にすすめられて再び原稿に向かう。
  • 尚から婚約解消を打ち明けられた侑市は、結婚までに真司との関係を清算すれば許すと言う。だが真司の家へ向かう途中に事故に遭い、病院へ運ばれた尚のMRIを目にした侑市は、尚の脳に軽度認知症障害の兆候を感じ取る。

キャスト

北澤尚……戸田恵梨香
間宮真司……ムロツヨシ
木村明男……富澤たけし(サンドウィッチマン)
小川翔太……杉野遥亮
沢田柚香……黒川智花
井原千賀子……夏樹陽子
北澤薫……草刈民代
井原侑市……松岡昌宏

第1話の感想

展開が早いのでついつい引き込まれてしまいました。

夏蜜柑

まさかこんな早い段階で認知症の症状が出るとは思わなかった。

わたし恋愛ドラマは苦手なんですけどね~。
ムロツヨシさんと戸田恵梨香さんのカップルがめちゃくちゃ良くて、見ていて気持ちがいい!そして面白い!

居酒屋でアテレコするシーンが最高だった。
演技じゃないでしょアレ。2人そのまんまでしょ(笑)

ただベタベタするんじゃなくて、楽しそうな雰囲気を見せてくれるところがいいよね。
尚じゃないけど、わたしも甘ったるいこと言う人、好きじゃないんで。

それと、登場人物がみんなロジカルなところも気に入った。
言葉が明瞭で理路整然としているから、スカッとする。

ムロさん演じる真司は小説家なので、セリフが論理的でわかりやすい(少し詩的なのも◎)。
運命の恋に落ちて戸惑う尚も、そんな自分を客観的に見つめることができる人物。

松岡昌宏さん演じる侑市の冷静なところも好きだなぁ。
これからもそのままでいてほしい。尚にフラれて人が変わっちゃったら嫌だな。

尚と侑市がめちゃくちゃ合理的な考えのもとに結婚を決めるくだりは、描きようによっては傲慢不遜にも見えるところだけど、ぜんぜん嫌味に感じなかった。

ストーリーは既視感満載で昔の少女漫画っぽい。
だけど、そのほかの部分で惹かれる要素が多いドラマでした。

これから尚の病気が進んで暗い展開になるかもしれないけど、来週も見ます。

夏蜜柑

戸田さんがポパイのオリーブに似てるって、うまいこと言うなぁ。


ほかの記事を読む?

ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」あらすじ感想 「大恋愛~僕を忘れる君と」第2話|尚を支える頼もしい人たち 「獣になれない私たち」あらすじ感想 獣になれない私たち第1話|ラブコメ?ブラックすぎる始まり