「大恋愛~僕を忘れる君と」第4話|脳みそとアップルパイ

ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」あらすじ感想

「大恋愛」の記事一覧を見る

どうも、夏蜜柑です。

TBS金曜夜10時「大恋愛~僕を忘れる君と」第4話です。

侑市さんがいいんだよなぁ~。

尚には真司がお似合いだと思うけど、恋敵の侑市さんが思った以上にいい人だもんだから困る。病気で不安な尚が頼るのも仕方ないと思う。

尚への愛に気づいた時の、侑市さんの途方に暮れたような顔がまたよくて。
キュンとしてしまった。

夏蜜柑

みんな切ないね。

以下、ネタバレを含みます。

第4話のあらすじ

  • 真司(ムロツヨシ)の名前を間違えて「侑市さん」と呼んでしまった尚(戸田恵梨香)。真司はショックを受けるが、気づいていない尚に何も言えない。
  • ひとりでアパートに帰った尚は、コンロの火や風呂の湯を止め忘れ、思わず侑市の名前を呟く。真司の前でも名前を呼び間違えたのではないかと不安に駆られる尚。
  • 翌日、真司は退院し、引っ越し屋の先輩・木村(富澤たけし)がアパートを訪ねてくる。真司が小説家だと知らない木村は、尚から説明を受け驚く。
  • 薫(草刈民代)は、街で偶然侑市(松岡昌宏)の母・千賀子(夏樹陽子)に会う。侑市が尚の主治医だと知った千賀子は、「ほかの病院に移ってほしい」と冷たく言い放つ。
  • クリニックで尚が担当していた患者・畑野(高橋ひとみ)は、病院で侑市の診察を受ける尚を偶然見かけ、尚の病気に気づく。その後、クリニックの口コミサイトは炎上。キャンセルの電話が相次ぐ。
  • 薫と尚は、厚生労働省の審議室に呼び出される。侑市は診断書を持って同席し、尚が医師の仕事をすることに何ら問題はないこと、尚がいかに患者の気持ちに寄り添った医師であるかを話す。
  • 真司は、尚が心の中で頼りにしているのは侑市で、自分に恋をしたのは病気のせいだと尚を責める。傷ついた尚は真司のアパートを飛び出し、外にいた侑市と鉢合わせる。
  • 侑市は「尚に僕が必要なんじゃない。僕に尚が必要なんだ」と告白する。尚は自分が愛しているのは真司だと伝え、真司のアパートに戻る。だが真司は、尚に「別れよう」と切り出す。

キャスト

北澤尚……戸田恵梨香
間宮真司……ムロツヨシ
木村明男……富澤たけし(サンドウィッチマン)
小川翔太……杉野遥亮
沢田柚香……黒川智花
井原千賀子……夏樹陽子
北澤薫……草刈民代
井原侑市……松岡昌宏

第4話の感想

2人がイチャイチャするシーンは、見ていて楽しい雰囲気が伝わってくるので好きです。

いつもなら、恋愛ドラマのこういうシーンを見ると「こっぱずかしいからやめれーっ!!」ってなって、目をそらすかチャンネル変えるかしちゃうんですけどね。

夏蜜柑

この2人は大丈夫。

そういう意味で、わたしにとって非常に貴重なドラマです(笑)

もちろんそれだけじゃないですし、悲しくなるシーンも多いのだけど。
テンポとバランスがいいので、あまり暗い気持ちにはなりません。

真司が別れを切り出した真意は?

前回の終わりで、真司のことを「侑市さん」と呼んでしまった尚。
真司は「こんなことは序の口」と自らを励まそうとするのですが、やはり相当ショックだったようです。

尚の前では聞かなかったフリをしていたのに、最後にバラしちゃうんですよね。
そして尚が頼りにしているのは自分ではなく侑市で、自分を好きになったのは病気のせいだと言ってしまう。

侑市に対する嫉妬心からの、尚への八つ当たりとしか思えないのですが……。

ずっと優しかった真司が突然キレるなんて、どう考えてもおかしいので、きっとわざとなんでしょう。
尚に「別れよう」と言ったのも、尚のためだと思います。

夏蜜柑

もしかして、侑市と尚の会話を聞いてたの…?

ただ、予告を見ると真司と尚が結婚式を挙げていたし、真司の新作「脳みそとアップルパイ」も本になっていたので、別れるとしても一時的かと。

真司、何か思うところがあるのかもしれません。

侑市の見合い相手がコワい

今回いちばんヤバそうだなと思ったのが、侑市の新たなお見合い相手・梓澤レイ(桜井ユキさん)です。

尚とは真逆のタイプのお嬢様で、なんとも圧の強い人でした。
侑市は、レイの圧に負けて「結婚を前提にお付き合い」を始めるのですが。

お断りする理由を見つけられないまま、ズルズル付き合う侑市。
そして最後に、尚への愛に気づいてしまう。

夏蜜柑

レイとはこれっきり、ってことないよねぇ~。

レイは一度目をつけた男は何が何でも手に入れる、って感じの女の人だったし。
尚と侑市の関係を壊しにかかる予感100%で、怖いです。

脳みそとアップルパイ

最後に、今回私が地味にハマった小説のタイトルを列挙しておきます。

「脳みそとアップルパイ」
「図太い煙突のアンジェリカ」
「6000万持ってるアンジェリカ」
「アンジェリカってナンジェリカ」

でもダントツは、やはりこれ。
濡れた雑巾を放置したような体臭がする女と、そんな女の体臭が好きな男の物語。

夏蜜柑

「絞って そして私を乾かして」

 

「大恋愛」の記事一覧を見る


ほかの記事を読む?

ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」あらすじ感想 「大恋愛~僕を忘れる君と」第5話|あの居酒屋でプロポーズ ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」あらすじ感想 「大恋愛~僕を忘れる君と」第3話|最後の尚の一言に「!!」