「大恋愛~僕を忘れる君と」第8話|これにてホラー終了

ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」あらすじ感想

「大恋愛」の記事一覧を見る

どうも、夏蜜柑です。
TBS金曜夜10時「大恋愛~僕を忘れる君と」第8話です。

小池徹平さん演じる松尾公平、強烈なインパクトを残して退場。
6話から続いたホラー展開でしたが、ようやく終了したようです。

夏蜜柑

あー怖かった。

ふぐ丸

雨降って地固まる。

以下、ネタバレを含みます。

第8話のあらすじ

  • 真司(ムロツヨシ)との子供を身ごもるため、尚(戸田恵梨香)は産婦人科医の知識を生かして実行に移す。尚の病状は進行していたが、2人は幸せな夫婦生活を送っていた。
  • 侑市(松岡昌宏)は、公平(小池徹平)に講演会のときの映像を見せ、「ほかの患者に危害を加える人を治療するわけにはいかない」とほかの病院を紹介しようとするが、公平は「覚えてない」としらばっくれる。
  • 尚の実家を突き止めた公平は、偶然を装って尚に接触する。病気になったとたん妻に去られたことを打ち明ける公平。尚は、公平の「健康な人とは対等でいられない」という言葉に漠然とした不安を抱く。
  • 侑市から公平に注意するよう忠告された真司は、尚の身を案じる。だが尚は、真司が忘れたスマホを編集者の水野(木南晴夏)が自宅まで取りに来たり、続編のタイトルを自分よりも先に水野に教えたことに傷つく。
  • 尚が公平と会っていることを知った真司は、尚を問い詰める。真司が自分を対等に扱ってくれないことに腹を立て、家を飛び出す尚。マンションの前で待ち構えていた公平は、尚を車に乗せ、睡眠薬入りの飲み物を飲ませる。
  • 公平から連絡を受けた真司は尚を迎えに行くが、待っていたのは公平ひとりだった。思わず公平に殴りかかりそうになった真司を、尚が止める。驚く公平に「飲んだフリをした」と答える尚。
  • 尚は「忘れちゃえるところがこの病気の唯一の救い」だと言い、「全部忘れてください」と諭す。公平は「忘れたくないこともたくさんあるのにな」と言い残して尚に別れを告げる。

キャスト

北澤尚……戸田恵梨香
間宮真司……ムロツヨシ
井原侑市……松岡昌宏
木村明男……富澤たけし(サンドウィッチマン)
小川翔太……杉野遥亮
沢田柚香……黒川智花
井原千賀子……夏樹陽子
北澤薫……草刈民代
水野明美……木南晴夏
松尾公平……小池徹平

第8話の感想

松尾公平はホラーだけど、ラブラブな場面もちゃんとありました。

2人のベッドシーンが全然いやらしくなくて面白い。
笑えるベッドシーンってちょっと変だよね(褒めてます)。

これにてホラー終了

松尾公平、意外とあっさり退場しましたね。
ホラー要素が強すぎて反感を買いまくってしまったのかしら。

わたし小池徹平さんのこと嫌いじゃないのに、嫌いになりかけたもんなぁ。お見事。

夏蜜柑

当て馬で終わらせず、彼の再生まで描いてほしかったけど…。

公平がなぜそこまで尚に執着したのかは、わからずじまいでした。

幸せそうな尚と真司の仲を壊したくなったから?
自分だけが不幸なのを認めたくなかったから?

病気を理解し合えるパートナーが欲しかったから?
もともと攻撃的な性格で、病気になって我慢するのをやめたから?

一緒に死んでくれる人を探していたから……?

どれも当たっているかもしれないし、違うかもしれない。
公平自身も、本当のところはわからないのかもしれないですね。

忘れることが救いにもなる

睡眠薬入りのコーヒーを尚に飲ませて「遠い世界」に行こうと思っていた公平。

夏蜜柑

無理心中しようとしたんですかねぇ。

でも尚は公平の策にはまりませんでした。
飲んだように見せかけて、飲んでいなかったのです。

ふぐ丸

賢い!

公平の言葉にフラフラしていても(あれも演技なのか?)、自分を見失わない尚が好き。病気のせいで辛い経験をした公平に、「忘れちゃえるところが、この病気の唯一の救いでもあるのよ」と言うところも。

忘れられたらどんなに楽だろう、と思う過去は確かにある。
同時に、忘れたくないこともたくさんある。

自分の意志で、記憶を消したり残したりできたらいいのにね。

互いにかけがえのない存在だと再確認した尚と真司。
次回は待望の赤ちゃんが誕生するようです。

侑市さんと尚ママはどうなるんかしら。
2人の関係を知ったときの尚と真司の反応が楽しみ^^

「大恋愛」の記事一覧を見る


ほかの記事を読む?

ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」あらすじ感想 「大恋愛~僕を忘れる君と」第9話|ブラックな水野さん ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」あらすじ感想 「大恋愛~僕を忘れる君と」第7話|ハウリングの原因は小池徹平だった