dele(ディーリー)第1話|一瞬も目が離せない面白さ

dele(ディーリー)

どうも、夏蜜柑です。
テレ朝金曜ナイトドラマ「dele(ディーリー)」第1話。

夏蜜柑

待ちわびたドラマが始まった!面白い!
深夜枠とは思えない豪華さ。

ふぐ丸

以下、ネタバレを含みます。

第1話のあらすじ

  • 何でも屋の真柴祐太郎(菅田将暉)は、夫の暴力から逃げた妻からの依頼で、夫のもとにいる息子を誘拐。だが誘拐犯と間違われて逮捕される。法廷で祐太郎に魅力を感じた弁護士の坂上舞(麻生久美子)は、保釈手続きを取り、彼に仕事を紹介する。
  • 舞の弟・坂上圭司(山田孝之)は、クライアントの死後に不都合なデジタル遺品を“内密に”抹消する「dele. LIFE」という会社を立ち上げていた。頑固でプライドの高い圭司はこれまで誰ともうまくいかず一人で仕事をこなしてきたが、姉の頼みを断り切れず、渋々祐太郎を受け入れる。
  • 祐太郎は圭司の指示で、クライアントの安岡春雄(本多章一)の死亡確認に出向き、安岡の遺体を発見する。自殺と断定し速やかにデジタル遺品を削除しようとする圭司。だが祐太郎は他殺の可能性を主張。安岡は、息子の俊(川口和空)に「悪いヤツをやっつけるすごい記事を書く」と話していた。
  • スケジュールアプリの内容から、安岡が城南署の会計課に勤務する片山薫(江口のりこ)と頻繁に会っていたことが判明。2人は大学時代の同級生で、城南署の不正会計に気づいた薫が安岡にリーク。警察の組織ぐるみの犯罪を暴こうとしていた。
  • 安岡が口封じのために殺されたと知った祐太郎と圭司は、逃亡中の薫を探し出し、証拠のデータが薫のデスクのパソコンに入っていることを聞き出す。城南署に忍び込んだ祐太郎は間一髪でデータを持ち出すことに成功。安岡を殺した警察官は逮捕される。
  • 祐太郎は給料を前借りして俊の誕生日プレゼントを買い、父親からだと言って渡す。立派なジャーナリストと思われた安岡だが、隠しフォルダの中には芸能人を罠に嵌めてネタを作った証拠がたくさん入っていた。圭司はそれを祐太郎に見せられなかったと姉の舞に語る。

第1話の感想

出会いから始まるとは思わなかったので、ちょっと驚きのオープニングでした。

夏蜜柑

わずか3分で、祐太郎の魅力を伝えてしまった。
すごい。

ふぐ丸

祐太郎は、裏表がなくて無邪気で人なつっこくて、みんなが好きになってしまう魅力あふれる人物。

でもこれ、文章では伝わらない。菅田さんの演技を見てとしか言えない。
そしてどうやら今見ている彼からは想像できない、全く別人だった過去もあるようで。

一方、山田孝之さん演じるプログラマーの圭司は、頭が良くて自尊心が高くて非社交的。
原因不明の難病で下半身の麻痺が進行し、車椅子生活を送っている。

圭司は、デジタル世界である特定の部屋を覗こうとするとき、必要なのは知識でも技術でもひらめきでもなく、社交性と機動力だと言っていました。

その人のことを調べ、周囲の人から話を聞き、時には本人にも接触する。
それができない自分は、ハッカーでもクラッカーでもないただのプログラマーだと。

その社交性と機動力を、祐太郎が担っていくワケですね。

夏蜜柑

抜群の身体能力を持つ祐太郎、スパイ顔負けの大活躍。
でも意外と圭司も機敏でツヨイ。

ふぐ丸

圭司は一見冷たい人に見えるけど、実は人慣れしてないだけなんだろうね。
おまけに、見かけによらず度胸がある。

最初、あんなに首突っこむの嫌がってたから、途中でもうやめるとか言い出すんじゃないかと思ってたのですが……。

それどころか、むしろ本気モード全開でトコトンやる気になってて笑ってしまった。

最後、依頼人の嫌な面を見つけても祐太郎には見せず黙ってる、という優しさにもグッとくる。

夏蜜柑

これから毎週この2人を見られる喜び。
最高のコンビ。

ふぐ丸

動画配信は…
このドラマは、U-NEXTで視聴可能です。※最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください

キャスト

真柴祐太郎……菅田将暉
坂上圭司……山田孝之
坂上舞……麻生久美子
牧野……般若
片山薫……江口のりこ

created by Rinker
¥691 (2018/12/19 11:14:49時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥691 (2018/12/19 01:39:39時点 Amazon調べ-詳細)

ほかの記事を読む?

dele(ディーリー) dele(ディーリー)第2話|Pretendの意味と復讐の意図 dele(ディーリー) dele(ディーリー)第3話|5本のバラの意味と交響曲第5番