dele(ディーリー)第4話|天才超能力少年が遺した絵

dele(ディーリー)

どうも、夏蜜柑です。
テレ朝金曜深夜「dele(ディーリー)」第4話。

夏蜜柑

ケイが面白可愛くてしょーがない。
今回は超能力&幽霊ネタ。

ふぐ丸

以下、ネタバレを含みます。

第4話のあらすじ

  • 依頼人の日暮裕司(野田洋次郎)から遺書らしきメールが届く。圭司(山田孝之)は「今回は特別」と日暮の削除依頼ファイルを開く。そこには子供が描いたと思われる絵が数点格納されていた。
  • すぐに日暮の死亡確認に向かう祐太郎(菅田将暉)だが、なぜか圭司が同行することに。 日暮は取り壊しが決まった古いアパートで絶命。病死だった。2人は遺体の下から描きかけの風景画と古ぼけた女性の写真を発見する。
  • 日暮は25年前に一世を風靡した天才超能力少年で、圭司のヒーローでもあった。だが、ある番組で、少女の失踪した母親の居場所を霊視したところ、失敗。世間から猛烈なバッシングを受け、それ以来メディアから姿を消していた。
  • 圭司と祐太郎は、その時の少女・松井美香(松本若菜)に会いに行く。美香は、25年前の時点で母は死んでいて、日暮が自分を傷つけないために嘘をついたのではないかと考えていた。
  • 美香は日暮が残した絵のひとつに見覚えがあり、その場所へ車を走らせる圭司と祐太郎。すると、次々と絵に描かれているとおりの景色が飛び込んでくる。やがて2人は、日暮の霊に導かれるように美香の母親の遺体が埋まっている山中へたどり着く。
  • 2人によって遺体が発見され、マスコミは大いに騒ぎ立てる。だが2人は、遺体が埋められていた場所に落ちていた名刺入れを持って、美香の父親に会いにいく。
  • 25年前、美香の母親を殺したのは、美香の父親・重治(矢島健一)だった。2人は、最後まで美香の幸せを願った日暮の思いを汲んで、重治の罪を警察には話さなかった。
  • 日暮が最後に描いた風景絵は、子供の頃に自分を捨てた母親が住んでいる家だった。圭司は「自分たちが彼のことを覚えていればいい」と言い、2人は母親に会わずにその場を立ち去る。その2人を見送って頭を下げ、母親を見つめて消えていく日暮の霊。

第4話の感想

うーーーん。いいなぁ。今回もいいなぁ。

見ず知らずの美香のために嘘をつき、自分が責められても秘密を守り抜いた日暮少年は、他人の心の痛みがわかる優しい子だったんだろう。

でも、死ぬ間際になって、本当にその判断が正しかったのか、わからなくなってしまった。だから「dele. LIFE」にその判断を委ねたのかもしれない。

命が尽きる時まで彼女の幸せを願い、亡くなってからも霊になって2人を導くなんて、どれだけ人がいいのって思ってしまう。おまけに自分を捨てた母親の幸せな姿を見て成仏するなんて……切ない。

どんな人にも、一言では語れないドラマがあって。
だけど、たいていの人は知る機会もないまま、挨拶したり仕事したりすれ違ったりしていて。

圭司と祐太郎だって、もし事務的に仕事を全うしていれば、依頼人の人生を垣間見ることもないワケで。

それが普通というか、当たり前なんですけどね……。
だからこそ、こういう作品に心を動かされるかもしれません。

本当はみんな、他人の人生に興味があるんだと思う。

野田洋次郎さん演じる日暮は、本物の超能力者でした。
しかも、亡くなった後も霊として登場するという変則技。

夏蜜柑

でも全然アリでしたね~。

子供の頃、日暮(と超能力)に憧れていたという圭司。
今でもスプーン曲げに挑戦する圭司を見て、「超能力なんてインチキくさい」と笑う祐太郎。

キャラ的に逆。

ふぐ丸

そのくせ、圭司はいざとなるとビビりまくるし、祐太郎は超能力に目覚めるわ霊感は発揮するわで、なんだかよーわからんけど面白すぎる2人でした。

夏蜜柑

喫茶店のシーンが最高だった。

舞を演じる麻生久美子さんの存在も大きいですよね。

2人が好き勝手暴れまくることができるのは、彼女がしっかり手綱を握っているからで。
なのでこちらも、なんとなく安心して見ていられる部分があります。

まぁ、手綱を握っているというよりは、尻拭いをさせられている気もするけど。
行動の予測がつかないヤンチャ坊主2人を管理するのは、さぞや大変だろうとお察しします。

でも楽しそう。

ふぐ丸

動画配信は…
このドラマは、U-NEXTで視聴できます。※最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください

キャスト

真柴祐太郎……菅田将暉
坂上圭司……山田孝之
坂上舞……麻生久美子
日暮裕司……野田洋次郎
松井重治……矢島健一
松井美香……松本若菜

created by Rinker
¥691 (2018/12/17 04:28:14時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥691 (2018/12/17 00:22:41時点 Amazon調べ-詳細)

ほかの記事を読む?

dele(ディーリー) dele(ディーリー)第5話|愛の夢と2人の過去 dele(ディーリー) dele(ディーリー)第2話|Pretendの意味と復讐の意図