「ダイアリー」第3回|暴かれた秘密

NHKドラマ「ダイアリー」

「ダイアリー」の記事一覧を見る

どうも、夏蜜柑です。
NHK・BSプレミアムドラマ「ダイアリー」第3回。

夏蜜柑

着物の秘密が明らかに。
父親はやはりあの人?

ふぐ丸

以下、ネタバレを含みます。

第3回のあらすじ

  • 彩加(蓮佛美沙子)は、芙由子(西田尚美)の部屋に泊まることに。芙由子は、15年前に春海(菊池桃子)からお金を借りていたが、今まで返せなかったと彩加に謝罪する。
  • 彩加は、当時の春海が昼も夜も働きづめだったこと、そのせいで自分が寂しい思いをしたことを芙由子に話す。翌日、彩加は日記を千夏(大塚寧々)に届けるため、芙由子と一緒に「高野染画工芸」を訪ねる。
  • 一方、彩加を追って金沢にやってきた悠一(中村蒼)は、春海の実家である旅館に泊まる。悠一から春海が植物状態であることを聞いた牧子(山本陽子)は、ショックで倒れてしまう。
  • 「高野染画工芸」でボヤ騒ぎがあり、そのニュースを聞いて明恵(濱田マリ)も工房にやって来る。久しぶりに顔を合わせた3人だったが、彩加が誠(緒形直人)の絵付けした着物を成人式で着たと話したことから、千夏は不安を抱く。
  • お互いのウソを暴き、険悪なムードになる3人。千夏は日記を破り捨て、彩加が現れなければこんなことにはならなかった、と言う。
  • 彩加は泣きながら謝り、母・春海が植物状態で入院していること、尊厳死を望むリビングウィルを残していることを告白する。
  • 彩加の告白を聞いた誠は、部屋を出て行く彩加を呼び止め、春海に着物を貸したのは自分だと打ち明ける。

キャスト

宮田彩加……蓮佛美沙子
宮田春海……菊池桃子
桧山悠一……中村蒼
高野千夏……大塚寧々
片瀬明恵……濱田マリ
谷村芙由子……西田尚美
宮田牧子……山本陽子
高野誠……緒形直人

第3回の感想

やはり、彩加のお父さんは誠で間違いなさそうです。
成人式の着物を貸りたのは、銀座で加賀友禅の展覧会が開かれた時だったんですね。

春海が昼も夜も働いて彩加をほったらかしにしていたのは、芙由子に大金を貸したせいでした。
でも、子供にはそんな事情はわかりません。

彩加は寂しさを募らせ、母親の愛情を疑うようになってしまった。

親子のすれ違いって、フタを開けてみれば、意外と他愛ないことだったりするのかもしれません。

千夏は、夫が事故の後遺症で、体が不自由なことを黙っていた。
明恵は、息子が引きこもりだということを隠していた。
芙由子は、ボーイズバーに入り浸って若い男に入れ込んでいた。

みんな、交換日記では見栄を張って、ハッピーな人生を送っているかのようなウソを書き連ねていた。それは彩加の母・春海も同じ。

夏蜜柑

でも、その気持ちもちょっとわかる。

みんなハッピーなのに自分だけが不幸だなんて、みじめだもんね。
そんなこと、事実でも書きたくないよね。

同級生だから、なおさら対抗心を燃やして「負けたくない」と思ってしまう。
女性は特にそういうところがあるかもしれない。

さて、春海がリビングウィルを渡した相手は、はたして誠なのでしょうか?
わたしは春海のお母さんなのではないか、と思っています。

次回は最終回。
彩加はどんな選択をするんだろう。

「ダイアリー」の記事一覧を見る


ほかの記事を読む?

NHKドラマ「ダイアリー」 「ダイアリー」最終回|親の死(人生)を受け入れる NHKドラマ「ダイアリー」 「ダイアリー」第2回|彩加の成人式の着物がヒント