ディスカバリー・オブ・ウィッチズ第4話|マシューの母は危険人物?兄も登場

海外ドラマ「ディスカバリー・オブ・ウィッチズ ~第1章 魔女の目覚め~」動画配信あらすじキャスト

「ディスカバリー・オブ・ウィッチズ」記事一覧

「ディスカバリー・オブ・ウィッチズ」シーズン1第4話のあらすじと感想です。

フランスにあるマシューの実家に連れて行かれたダイアナ。
家っていうか、城ですけどね! 古城ですよ、古城!

めっちゃくちゃ素敵なお城。少し陰鬱な感じもよき。

マシューの母と兄が登場し、家族関係が徐々に明らかになってきました。

第4話のあらすじ

ノックスから逃れるため、マシューの母イザボーが暮らすフランスの古城に身を寄せることになったダイアナ。だがイザボーは夫フィリップを魔女に殺されたことから、魔女に敵意を抱いていた。

ダイアナの叔母サラは「彼女は50~60年代に南米で魔女を皆殺しにした」と言い、ダイアナにすぐに離れるように忠告するが、ダイアナは偏見を持たずイザボーの立場を尊重する。

ノックスはコングレガシオンで緊急会合を開き、マシューが掟を破って魔女と逃亡したことを明かす。マシューの兄・ボールドウィンはマーカスに連絡し、ダイアナが「生命の本」を見つけたことを知る。

「生命の本」が発見された事実を知らされ、騒然となる一同。ボールドウィンはセット・トゥールに使者を送り、調査のためダイアナを連れ戻すことを提案する。

マシューはダイアナの両親が殺害された現場写真を調べ、加工処理が施されていることを突き止める。がれきの下には魔女の円が描かれており、殺したのは人間ではなく魔女だった。

コングレガシオンの会合に出席したアガサは、息子ナサニエルの妻ソフィが父から受け継いだ立像について尋ねる。ソフィは幻視で渡す相手が錬金術に関係があると見抜き、「その女性は闇の王と一緒にいる」と話す。

ダイアナの誠実な態度に心を開き始めるイザボー。だが城にドメニコが現れ、ダイアナに「生命の本」を渡せと迫る。マシューはドメニコを追い返すが、ダイアナに特別な気持ちを抱いていることを知られてしまう。

マシューは誓約を守るため、ダイアナと別れることを決意。研究所に侵入した者がいるという連絡を受けたマシューは、ダイアナを城に残してオックスフォードへ戻る。

登場人物はこちら

海外ドラマ「ディスカバリー・オブ・ウィッチズ ~第1章 魔女の目覚め~」動画配信あらすじキャストディスカバリー・オブ・ウィッチズ|全話あらすじ感想・登場人物(キャスト)・動画配信

第4話の感想

マシューの母は危険人物?

フランスのお城では、マシューの母イザボーが待ち受けていました。「ザ・姑」みたいな雰囲気のマシューママ。見るからに不機嫌そうで怖いです。

それには理由があって。イザボーの夫フィリップは、魔女に殺されていました。以来、城には家族以外の者が訪れなくなったそう。悲しみから心を閉ざしてしまったんでしょうね。

そんなわけで、魔女に恨みを抱くイザボーは、ダイアナをまったく歓迎していません。彼女のことはダイアナの叔母サラも知ってて、「今すぐそこを離れなさい」と言うくらい、危険人物扱いしていました。

でもダイアナの誠実な態度にふれて心を許すようになり、みんなで一緒に夕食を楽しんだり、パーティールームでダンスをしたり、楽しそうでした。

マシューの兄ボールドウィン登場

ダイアナとマシューがお城でのんびり過ごしている間に、コングレガシオンでは緊急会合が開かれていました。

ノックスによって呼び集められた9人の中には、マシューの兄ボールドウィン、ナサニエルの母アガサ、そしてマシューを追うジェルベールとドメニコもいました。

マシューの兄がここで登場。どうやら彼はヴァンパイアのリーダー的立場のようです。弟が魔女と逃亡したとノックスから聞かされ、驚いてマーカスに電話。

で、マーカスがマシューの息子であることが明かされました。やっぱりねー。

マーカスから「生命の本」がダイアナによって発見されたことを知り、会議室でノックスを問い詰めるボールドウィン。「生命の本」が見つかったことで、騒然となる一同。

それはデーモンのリーダーであるアガサも同様で、彼女は会議の途中でこっそりナサニエルの妻ソフィに電話を入れ、彼女が探している「立像を渡すべき相手」がダイアナだ確信します。

ソフィが父親から託されたっていう“白のクイーン”の立像がなんなのかは今もって謎だけど、やはりダイアナに繋がりましたね!

不気味なジェルベール

ダイアナの魔力は徐々に覚醒しつつあるみたいですが、ノックスは以前から彼女が大いなる力の持ち主であることに気づいていたんですかね?

サトゥがそのことを問い詰めようとしたら、ブチ切れて怪しげな魔術で脅し、サトゥの口を封じてしまいました。ダイアナの両親を殺した犯人は、今のところノックスが有力ですね。

不気味なのは、ジェルベールです。

コングレガシオンではボールドウィンの手前おとなしくしていましたが、ほかの種族と仲良くするつもりはないらしい。

おまけに「ド・クレアモント一族は衰退の道をたどっている」とか言ってて(しかもボールドウィンに面と向かって)、こりゃなんか良からぬ事をたくらんどるな、と。

ジュリエット(ジェルベールの娘?)はあっさりマシューの職場に辿り着いて、マーカスに襲いかかるし。

古城を訪ねてきたドメニコは追い返すことができたけど、マシューがダイアナにぞっこんなことがバレてしまい、なんだか厄介なことになりそうです。

ほかの記事を読む?