「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」第7話|仲良しコンビに亀裂?怪しい氷見さん

スキャンダル専門弁護士 QUEEN

「QUEEN」の記事一覧を見る

どうも、夏蜜柑です。
フジ木曜10時「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」第7話。

ちょっと面白くなってきました。

ここ数回はストーリーがシンプルになって、わかりやすいです。
与田ちゃんのキャラを押し出すことで、氷見さんとの差別化を図ったところもよかった。

後半のサスペンスフルなシーン、音楽も映像もたまらんかったなぁ。

夏蜜柑

仲良しコンビにわずかな亀裂が入るという、魅惑的な展開。

第7話のあらすじ

  • スマートフォン決済サービス『ペイグッド』のクレジットカード不正利用が発覚。藤枝(中川大志)も被害に遭う。ネットでは『ペイグッド』のシステムエンジニア・芦原江梨子(西山繭子)への批難が集中していた。
  • 江梨子は与田の大学生時代の先輩だった。与田は江梨子に連絡し事務所で話を聞くことに。江梨子はシステム開発チームの責任者だったが、サービスが始まった時、育休に入っていたと言う。
  • 『ペイグッド』の社長・工藤海斗(柳下大)は、江梨子ひとりに責任を押しつけようとしていた。与田は不正利用の原因は会社側の管理上の不備にあったことを突き止める。
  • 与田は『ペイグッド』の社員たちから話を聞き、ブラック企業の実態を調査。「週刊文新」の記者・東堂裕子(泉里香)に記事を書かせ、工藤を辞任に追い込む。
  • だが工藤は、辞職する前に『ペイグッド』をマネークアミューズメントに売り、マネークの子会社の株式を手に入れる。悔しがる与田の前に江梨子が現れ、マネークの傘下に入ってからすぐ元の部署に戻れたと告げる。
  • 工藤が手に入れた株式はその後暴落。与田は、マネークから政治資金を受けている吾妻(山本耕史)のために、氷見が仕組んだことではないかと推測する。その頃氷見は、マネークの社長・村西信太郎(飯田基祐)と密会していた。

第7話の感想

今まで以上に映像が美しくて、見とれてしまったシーンがたくさんありました。
女優さんたちのアップがめちゃくちゃ綺麗ですよね。

今回は与田ちゃんがキレまくった回でした。

論理的で頭が切れるけど、不器用で露骨に感情をぶつける与田ちゃん。
裏でも表でも器用に立ち回り、一見なに考えてるかわからない氷見さん。

夏蜜柑

ふたりの対比が面白かったです。

与田ちゃんに八つ当たりされる藤枝くんがちょっと可哀想でしたけどね~。

第5話あたりから与田ちゃんの鬱屈をじわじわ描いていたのが伏線となっていたので、唐突な印象は受けませんでした。無意味に怒るキャラは苦手だけど、今回はギリギリセーフかな。

子供を持つ人と持たない人、それぞれに言い分があります。

今は年齢的に何とも思わなくなりましたが、わたしも20代、30代の頃は「どうしてわたしが尻拭いしなきゃいけないの」って思っていました。

でも与田ちゃんが言っていたように、怒る相手が違ってたんですね。
問題は、何のフォローもせずに現場に無理を強いる会社のほうにあったわけで。

今回与田ちゃんがやったように、会社とは全く関係のない外部の人間が定期的に社員の声や現場の実態を調査して、問題があれば公表するというシステムがすべての会社に適用されればいいのにと思う。

氷見さんの行動がいよいよ怪しくなってきました。
まぁもともと清廉潔白な人じゃないので、何をやっててもおかしくないけど。

まだ明らかになっていない謎

  • 氷見さんと吾妻議員との関係
  • 氷見さんの過去の逮捕歴
  • 茂呂さんの行方
最終回に向けて、なんとか盛り上げていってほしいです。

ストーリーさえもう少し見直せば、シリーズ化してもいいくらいなんですけどねぇ。
キャラ設定は最高なので。

夏蜜柑

ほんとに惜しい。

このドラマは、FODプレミアムで視聴可能です。

「QUEEN」の記事一覧を見る

ほかの記事を読む?

スキャンダル専門弁護士 QUEEN 「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」第9話|与田vs氷見は壮大なハッタリ? スキャンダル専門弁護士 QUEEN 「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」第5話|シチュエーションコメディが見たい