左ききのエレン|各話のあらすじ・登場人物(キャスト)・原作

ドラマ「左ききのエレン」

どうも、夏蜜柑です。
2019秋ドラマ「左ききのエレン」(MBS/TBS系)の紹介です。

話題沸騰中のコミックス、待望の実写ドラマ化!! 広告代理店を舞台にした心をえぐるクリエイター群像劇 開幕!(番組公式サイトより)

神尾楓珠さん、池田エライザさんのダブル主演。
期待しかないですね……。

キャッチコピーは「天才になれなかった全ての人へ」

「自分は天才じゃないかもしれない」という誰しもが抱えるコンプレックスと、それでも自分を信じたいプライドとの間でもがく若者たちを瑞々しく描いた青春&人間ドラマ。

※この記事は随時更新中です

番組概要

放送時間
MBS:2019年10月20日(日)から毎週日曜深夜0:50~ ※初回は深夜1時15分
TBS:2019年10月22日(火)から毎週火曜深夜1:28~

原作
かっぴー/nifuni『左ききのエレン』(集英社「少年ジャンプ+」連載中)
かっぴー『左ききのエレン』(cakes連載)

脚本
根本ノンジ/守口悠介/本田隆朗

監督
後藤庸介/深迫康之/本間利幸

主題歌
ポルカドットスティングレイ 「女神」

エンディングテーマ
GOOD ON THE REEL 「あとさき」

動画配信
U-NEXT

あらすじ

広告代理店で働く駆け出しのデザイナー・朝倉光一(神尾楓珠)は、いつか“何者か”になることを夢見て、がむしゃらに働く毎日を過ごしていた。そんな中、予算3億のキャンペーンをめぐる競合の案件で、上司である神谷雄介(石崎ひゅーい)からロゴのデザインという大役を任される。しかし、光一を待っていたのは、思いもよらない展開だったー。
そんな中、光一はニューヨークで活動する天才画家で高校の同級生・山岸エレン(池田エライザ)との思い出の地を訪れ、ある事件を思い出す…。(番組公式サイトより)

原作について

このドラマの原作は、2016年3月から「cakes」にて連載スタートし、cakesクリエイターコンテストで特選を受賞したかっぴーさんによる同名漫画です。

2017年10月からは「少年ジャンプ+」でリメイク版(作画:nifuni)が発売され、話題を集めています。

登場人物(キャスト)

主要人物

朝倉光一(神尾楓珠)
目黒広告社で働く4年目のデザイナー。高校時代にエレンと出会い、その才能に対抗心を燃やす。

山岸エレン(池田エライザ)
“左きき(ザ・サウスポー)”と呼ばれる新進気鋭の天才アーティスト。ニューヨークで画家として活動しているが、謎が多くマスコミからも注目されている。絵を描くことに目覚めたのは、高校時代に光一に背中を押されたことがきっかけ。

目黒広告社

柳一(丸山智己)
クリエイティブディレクター。光一の上司。人間性に問題があり、内外に敵が多い。

神谷雄介(石崎ひゅーい)
クリエイター。光一が憧れる上司。抜群のセンスとデザイン力で会社のエースとなる。

沢村考(村杉蝉之介)
クリエイティブ局の部長。

古谷真治(堀部圭亮)
クリエイティブ局の局長。

流川俊(吉村界人)
営業部に所属する光一の先輩。かつてはコピーライターを目指していたが、ある事件をきっかけにクリエイティブの人たちを憎むようになる。

朱音優子(田中真琴)
営業局に所属する光一の同期。光一のことを気に掛けている。

冬月慎太郎(阪田マサノブ)
営業局の部長。

三橋由利奈(今泉佑唯)
コピーライター。光一の後輩。才能があり、光一のことをやや見下している。

そのほか

加藤さゆり(中村ゆりか)
光一の同級生で、エレンの幼なじみ。現在はエレンと共に働いている。

園宮千晶(久保田紗友)
目黒広告社の取引先・園宮製薬の令嬢。若くして宣伝部長に就任する。

岸あかり(八木アリサ)
有名ファッションモデル。高校生の頃から活躍している。若い人たちのカリスマ的存在。

海堂(般若)
馬車道美術学院学長。エレンの父親の後輩。

各話のあらすじ(ネタバレ有)

広告代理店「目黒広告社」で働く駆け出しのデザイナー・朝倉光一は、予算3億のキャンペーンをめぐるプレゼン案件で、上司の神谷雄介からロゴのデザインを任される。
プレゼン前夜、光一は徹夜で最終調整を行っていたが途中で居眠りをしてしまい、目覚めた時には朝の8時を過ぎていた。焦る光一のもとに、神谷から連絡が入る。神谷の助けもあってロゴデザインは完成。光一は神谷から「自分でプレゼンしろ」と言われる。
後日、プレゼンを勝ち取った光一は有頂天になるが、局長の古谷に経験不足を理由に担当を外れるよう言い渡される。割り切れない光一は神谷に対して大人げない態度を取ってしまい、反省する。
高校時代の光一は自分の才能を疑わず、広告代理店でデザイナーになることを簡単に考えていた。その自信が砕けたのは、同級生・山岸エレン(池田エライザ)が描いたグラフィティ・アートを見た瞬間だった。「本気を出せ」というエレンの言葉を思い出した光一は、神谷に電話して謝罪する。

 

この作品は、U-NEXTで動画配信されています。最新の配信状況と料金はU-NEXT公式サイトにてご確認ください。