NHKドラマ「フェイクニュース」登場人物(キャスト)・あらすじ

ドラマ「フェイクニュース」あらすじ感想

どうも、夏蜜柑です。
2018秋ドラマの紹介です。

北川景子さん主演のNHKドラマ「フェイクニュース」

人々はどんどん感情的になり、事態が思わぬ方向へと拡大していく中、ネットメディアの女性記者が事実を追い求め、孤軍奮闘する。果たして、彼女はフェイクニュースが溢れる世界で、事実をつかみ、伝えることができるのか。嘘が溢れ、誰もが何を信じていいのかわからない時代に、どう立ち向かっていくのか―。(公式サイトより)

夏蜜柑

脚本は「逃げ恥」「けもなれ」の野木亜希子さん。

ふぐ丸

青虫から始まる予測不能なエンタメドラマ。

番組情報

  • 放送局:NHK総合
  • 放送時間:2018年10月20日(前編)/10月27日(後編)いずれも土曜夜9時~
  • 作:野木亜紀子(「アンナチュラル」「逃げるは恥だが役に立つ」「獣になれない私たち」)
  • 音楽:牛尾憲輔 (映画「モリのいる場所」「サニー/32」「聲の形」)
  • 演出:堀切園健太郎(前編)/佐々木善春、堀切園健太郎(後編)

あらすじ

大手新聞社からネットメディアに出向してきた東雲樹(北川景子)はある日、編集長の宇佐美寛治(新井浩文)からインスタント食品への青虫混入事件について取材するよう命じられる。樹の前に現れたのは、SNSに青虫混入の投稿をした男(光石研)。この男は嘘をつぶやいたのか。一体、何が目的なのか。

青虫混入の投稿をきっかけに、事態は思わぬ方向へ拡大。企業間の争いにまで発展し、やがてその矛先は樹自身にまで及ぶ。何が本当で何が嘘かもわからない世界の中で、樹は記者としてフェイクニュースにどう立ち向かうのか。一連のフェイクニュース騒動の果てに、樹が見つけた真実とは――。(公式サイトより)

登場人物(キャスト)

※前編のネタバレを含みます

東雲樹……北川景子
東日本新聞社からネットメディア「イーストポスト」に出向してきた女性記者。新聞記者時代、最上の不正を暴こうとして失敗。最上からセクハラを受け、トルリョチャギからのパンデ・トルリョチャギ(回し蹴りからの後ろ回し蹴り)をお見舞いし、最上を全治1か月の病院送りにした。
SNSに「鶴亀うどんに青虫混入」という投稿をした猿滑に取材をし、事件の真相を突き止めようとする。

猿滑昇太……光石研
SNSに「鶴亀うどんに青虫混入」の投稿をした男。アカウント名は〈木から落ちない日本猿〉。
老舗お菓子メーカー「八ツ峰製菓」の商品開発部部長で、看板商品「竹取の里」の開発者だが、最近は社長がヘッドハントした長久保に主導権を握られ、居場所を失っている。
青虫混入の投稿をきっかけに、SNSで「鶴亀屋食品」や「テイショーフーズ」の企業体質を批判していたが、松村の記者会見でそのことが明るみに出てしまい、個人情報をネットに拡散されてしまう。

西剛……永山絢斗
東日本新聞社の社会部記者。樹の元同僚で同期。たまに飲みに行って樹の愚痴を聞かされる。樹が病院送りにした政治家・最上圭一に関する情報を樹に提供する。

網島史人……矢本悠馬
樹の同僚。「イーストポスト」の若手記者。樹が編集長の差別発言を諫めたことから、樹に協力するようになる。母親が在日三世であることを樹にだけ打ち明ける。

宇佐美寛治……新井浩文
「イーストポスト」編集長。樹に青虫混入事件を取材するよう命じる。記事の内容よりも、PV数やコストパフォーマンスを重視する。

八ツ峰航平……岩松了
老舗お菓子メーカー「八ツ峰製菓」の社長。自らヘッドハントした長久保の言いなりで、猿滑が開発した看板商品「竹取の里」をコンビニから引き上げる。

長久保勝……吉田ウーロン太
「八ツ峰製菓」の開発担当者。社長が自らヘッドハントしたやり手の人物。猿滑を見下しており、会社に置いておくだけの「文鎮」だと形容する。

沖田忠信……おかやまはじめ
「鶴亀屋食品」の社長。青虫混入事件で苦情の電話が殺到し、対応に追われる。その後、青虫混入はデマだったという見方が広まり、「鶴亀うどん」の販売を再開するが、元社員の春田から罪を告白する手紙を受け取り動揺する。

春田……駒木根隆介
「鶴亀屋食品」の元社員。青虫を製品に混入させた張本人。入社したばかりの頃、先輩に怒られて腹を立て、出来心で青虫を混入させた。事件が大ごとになったため、罪悪感に駆られて社長の沖田に謝罪の手紙を送る。

松村慶次……神保悟志
「鶴亀屋食品」の親会社「テイショーフーズ」の広報部長。ウェルマートのコンペを「八ツ峰製菓」と争っており、今回の青虫混入事件は「八ツ峰製菓」の社員がライバル企業の評判を落とすために仕組んだものだと記者会見で発表する。

最上圭一……杉本哲太
元官僚で川浜県知事選の立候補者。樹の新聞記者時代の取材先で、樹にセクハラをした張本人。経済政策の目玉として「テイショーフーズ」を誘致し、大規模な開発計画をもくろんでいる。

福田幸三……三田村賢二
川浜県の現職知事。最上と次期知事選を争っている。

鮫島遊……永岡佑
広告代理店「サーフ・アンド・ファイン」の責任者。

猿滑里留……金子大地
猿滑の息子。大学生。父親が投稿したとも知らず、SNSで青虫混入の投稿を拡散させる。

猿滑睦子……池津祥子
猿滑の妻。趣味のカラオケやゴスペルに夢中で、猿滑を適当にあしらいしょっちゅう外出している。


ほかの記事を読む?

ドラマ「フェイクニュース」あらすじ感想 NHKドラマ「フェイクニュース」前編|誰もが加害者になりえる 「獣になれない私たち」あらすじ感想 獣になれない私たち第1話|ラブコメ?ブラックすぎる始まり