ヨーアンスン一家~彼らの正体~|各話あらすじ・登場人物(キャスト)・予告動画

北欧ドラマ「ヨーアンスン一家~彼らの正体~」あらすじキャスト

北欧ドラマ「ヨーアンスン一家~彼らの正体~」(全10話)についてまとめました。

妊娠を機に詐欺師を引退したある夫婦。娘と息子が生まれすっかり所帯じみた夫婦のもとに過去の共犯者が現われ復帰を迫り……。子どもたちとの生活は守れるのだろうか?

WOWOW公式サイトより

デンマーク発のコミカル犯罪サスペンス。詐欺師から足を洗った夫婦が生活に困窮し、復帰を迫られて悪戦苦闘する姿など、コミカルな要素も多い作品。IMDbの評価は7.5。

デンマーク映画賞ドラマ部門で、エーリク役のラース・ランデが主演男優賞、ニナ役のリーネ・マリーア・クリステンセンが主演女優賞にノミネートされました。本国デンマークでは、2022年にシーズン2が放送されています。

※この記事は随時更新中です。各話視聴後、加筆修正します

作品概要

  • 放送局:WOWOW
  • 放送時間:2023年2月1日(水)から毎週水曜23:00~
  • 製作国:デンマーク(2018年)
  • 原題:Friheden
  • 製作総指揮:ミタ・ルイーズ・フォルデイガー・ソーレンセンほか

あらすじ

17年前までクリスティアンとシモーネを名乗る詐欺師仲間だったエーリクとニナは、ニナの妊娠をきっかけに裏稼業から足を洗い、まっとうな市民として生きようと決心。そして現在。娘と息子が生まれた2人は普通の家族として幸せに暮らしていたが、転職を続けたエーリクは無職で、地道に働くニナの収入だけでは住宅ローンの支払いや電化製品の修理・買い替えに足らず、一家は困窮にひんしていた。
そんなある日、過去に夫妻と組んでいた詐欺師ジャクリーネがやって来る。ジャクリーネによれば製薬会社“インヴォファーマ”は、国連との契約を悪用し多額の利益を出しているという。ジャクリーネは夫婦に同社への詐欺で大金を稼ごうと復帰を迫るが……。

WOWOW公式サイトより

予告動画

登場人物(キャスト)

エーリク(ラース・ランデ)
元詐欺師。当時の名前はクリスティアン。17年前、妻ニナの妊娠をきっかけに裏稼業から足を洗い、まっとうな市民として生きてきた。だが17年間で17回も転職し、現在も無職。経済的に困窮し、ニナとも喧嘩が絶えない。大金を手に入れて現状を変えようと、かつての仲間ジャクリーネの誘いに乗ることを決める。

ニナ(リーネ・マリーア・クリステンセン)
元詐欺師。当時の名前はシモーネ。妊娠を機に足を洗い、現在はIT企業で財務管理の仕事をしながら家族を支えている。転職を繰り返す夫エーリクに愛想を尽かしている。当初は復帰を拒んでいたが、ジャクリーネに脅され、家族のためにやむをえず協力する。

ジャクリーネ(ロッテ・アンデルセン)
エーリクとニナのかつての仲間。3年間服役していた。借金返済のために製薬会社を狙った詐欺計画を企て、足を洗ったエーリクとニナを無理やり引き込む。

エスター(エマ・B・マロット)
エーリクとニナの娘。17歳。23歳のパトリックと付き合っている。両親の過去については何も知らない。

カイ(エミール・トルストロップ)
エーリクとニナの息子。エスターの弟。

パトリック(カスパ・ルフヴァル・スティーンスビアク)
エスターの恋人。友人とアクション・パークを経営している。

マス・モラル(Morten Brovn)
製薬会社インヴォファーマのCEOの息子。国連との契約交渉を担当している。ジャクリーネが詐欺計画のターゲットに選んだ人物。

セヴェリン・モラル(Morten Suurballe)
製薬会社インヴォファーマの創業者でCEO。マスの父親。

マーク(Behruz Banissi)
ジャクリーネの協力者。

ベアテリン(Morten Kirkskov)
ニナの会社の上司。ニナに想いを寄せている。

各話のあらすじ(ネタバレ有)

詐欺師のクリスティアンとシモーネは、シモーネの妊娠をきっかけに犯罪から足を洗い、まっとうに生きることを決める。17年後、2人はエーリクとニナに名前を変え、線路沿いの古い家を購入。普通の夫婦として暮らしながら、娘のエスターと息子のカイを育てていた。
エーリクは17年間で17回もの転職を繰り返し、現在も失業中だった。ニナは地道に働いていたものの、彼女の収入だけでは家のローンの支払いや電化製品の買い替えまではまかなえず、一家は困窮していた。
そんなある日、エーリクは面接のために訪れたレストランで、かつての犯罪仲間ジャクリーネと再会する。彼女はエーリクにある計画を打ち明け、手を貸してほしいと持ちかける。
帰宅したエーリクは、ニナにそれとなく復帰を打診するが、「今のあなたには無理よ」と一蹴される。発奮したエーリクはニナに内緒で家電店の経営者を騙し、新しい食洗機とエスターのパソコン、カイのタブレットを手に入れる。自信を得たエーリクは、ジャクリーネに電話して「計画に乗る」と告げる。
ニナは取引先との会食に出向くが、レストランで待っていたのは上司のベアテリンだけだった。ベアテリンは騙したことを謝り、ニナを食事に誘う。
ニナの浮気を疑ったエーリクは、店に乗り込んでベアテリンを追い出し、ニナを問い詰める。2人が帰宅すると、ジャクリーネが来ていた。エーリクから何も聞かされていなかったニナは、突然現れたかつての仲間に驚く。
ジャクリーネは服役中、2人のことを聞かれても答えなかったと恩を着せ、計画に協力しなければ正体をバラすと脅す。そして明日の朝会う約束をして帰っていく。
エーリクは新しい食洗機を設置するが、排水管が壊れてしまう。

翌朝、ヨーアンスン家の地下室は水浸しになっていた。ニナはエーリクとともにジャクリーネに会いに行き、職場にバラさないこと、子供たちを巻き込まないこと、終わったらもとの生活に戻り、二度と会わないことを条件として計画に協力することを決める。
ジャクリーネが狙うのは製薬会社のインヴォファーマ社だった。インヴォファーマ社は国連難民キャンプに医薬品を届ける契約を悪用して稼ぎ、さらに巨額の金が入る予定だという。国連との契約交渉を担当するCEOの息子マス・モラルをターゲットに決めたジャクリーネは、エーリクとニナに彼の身辺を探るよう頼む。
エーリクはマスを追跡し、重役会議の情報をつかむ。真夜中、ニナはインヴォファーマに侵入して重役会議を盗み見るためのカメラを設置する。自宅で遠隔操作をしていたエーリクは、娘のエスターにニナの居場所を聞かれ、とっさに「夫婦喧嘩の真っ最中で、友達の家に行った」とウソをついてやりすごす。
翌朝、エスターは6つ年上の恋人パトリックとの交際をニナがよく思っていないことに腹を立て、「自分はどうなの」と昨夜のことを持ち出す。
エーリクは“フランク・ゼラー”を名乗ってマスに接触し、彼の信用を得ることに成功。だがその夜、マスは重役会議で契約更新の担当を外され、代わりにヴィラッドセンが選ばれる。
ジャクリーネは「ヴィラッドセンを排除して、このままマスを利用する」と言うが、ニナは彼女の腕が落ちたのではないかと不安を抱き、エーリクにインヴォファーマの競合を調べるよう頼む。
ジャクリーネはヨーアンスン家に盗聴器を仕掛け、密かに2人の会話を盗み聞きしていた。

エーリクとニナ、ジャクリーネの3人は、マスの代わりに契約担当となったヴィラッドセンを排除するべく動き出す。ニナは作家に扮してヴィラッドセンに取材を申し込み、彼の携帯に細工をする。エーリクは2人が会っているところをマスに見せ、彼女はゼンタックスという製薬会社の社員だと吹き込む。
マスはヴィラッドセンの裏切り行為を会社に報告する。彼の携帯から証拠となるメールが見つかったため、ヴィラッドセンは重役会議でクビを宣告される。マスは彼の代わりに契約担当を任されることに。
フランク・ゼラーとしてマスの信頼を得たエーリクは、偶然を装ってマスがいるクラブへ行き、一緒に酒を飲む。フランクが出会い系に登録していることを知ったマスは、近くにいた“ピーア”という女性とマッチングさせる。ピーアとして現れたのはジャクリーネだった。ジャクリーネは国連事務局で通訳をしていると話し、「お金で買える不正契約がある」とマスに話す。
その頃、エスターは友人からエーリクが“フランク・ゼラー”の名前で出会い系に登録していることを知らされ、エーリクの携帯を追跡して居場所を突き止める。そして偵察に行ったクラブで、ジャクリーネと抱き合っているエーリクを目撃し、ショックを受ける。
翌朝、ニナは国連難民高等弁務官事務所の職員ビアギッタを装い、マスからの問い合わせの電話に出る。「まだ契約はできない」と、不正契約があることを匂わせるニナ。焦ったマスは“フランク”と“ピーア”を呼び出し、相談する。エーリクは「他社の提示条件を突き止め、それを上回ればいい」と助言する。

北欧ドラマの記事