「限界団地」第2話|足立梨花は立派な団地妻

ドラマ「限界団地」ネタバレ感想

「限界団地」の記事一覧を見る

どうも、夏蜜柑です。
「限界団地」第2話。

寺内の一挙手一投足から目が離せません(笑)今回は穂乃花ちゃんの出番が少なめ。大音量で最中の声を流す内容に、天使は不釣り合いですもんね。

以下、ネタバレを含みますのでご注意ください。

第2話のあらすじ

  • 寺内誠司(佐野史郎)の孫・穂乃花(渡邊詩)とケンカをしたクラスメートの家が火事で全焼する。江理子(足立梨花)の夫・高志(迫田孝也)は、寺内が真夜中に団地の敷地内で不審な行動を取っているのを目撃、怪しむようになる。
  • 寺内は、団地の住人で、小学校のPTA会長でもある田中郁美(春木みさよ)が日用雑貨の配達員と不倫をしていることを知る。また、江理子が郁美から何かと面倒な仕事を押しつけられ、いじめに似た扱いを受けていることもわかる。
  • 寺内は、自治会長の金田(山崎樹範)に頼んで盗聴器を仕掛けた回覧板を届けさせ、不倫の最中の音声を団地内に流し、郁美を団地から追い出すことに成功。金田がカラオケ騒音で悩まされていた隣人の八十島花子(阿南敦子)に対しては、団地の集会所で他の住人たちと一緒にカラオケを楽しむことを勧める。
  • カラオケの最中に、寺内が野菜ジュースを飲んで卒倒。病院に運ばれる。野菜ジュースは郁美の不倫相手である配達員が届けたもので、怒った住人たちは配達員を団地から閉め出す。江理子ら団地の住人たちは、寺内に信頼を置くようになる。
  • ある晩、寺内は団地の敷地内に埋められていた古い花瓶を掘り出し、加代子(江波杏子)に報告。そして、穂乃花の母親となる存在・江理子を見つけてくれたことを、加代子に感謝するのだった。

第2話の感想

寺内のピュアすぎる団地愛が怖いのと同時に面白い。
足立梨花さん演じる江理子、「立派な団地妻です!」と太鼓判を押されてもねぇ(笑)

今回のターゲットは、小学校のPTA会長・田中郁美(春木みさよさん)と、不倫相手の“御用聞き”。“御用聞き”って……いつの時代よ^^;

郁美の罪は、「団地内で不倫をしている」ことと、「江理子をいじめて楽しんでいる」こと。

寺内の怒りを買った結果、不倫の真っ最中の声を大音量で団地内にまき散らされる……という恥ずかしいことに。でも今回は殺されなかっただけマシだと思わないとねぇ。

隣人のカラオケ騒音で悩む自治会長の金田は、ミミズの死骸や犬のふんを集めて隣の部屋に投げ込む「カラオケばばあ抹殺計画」(これ笑ったw)を企てるのですが、寺内に「犯罪です」と指摘され。

いや、アナタにだけは言われなくないです(笑)

寺内が隣人の騒音をなんとかする代わりに、金田が郁美に盗聴器を仕掛けた回覧板を持っていく、という交換条件を飲みます。

しかしカラオケ騒音の女性は寺内や穂乃花に害を与えていないので、そこは穏便に解決。その結果、寺内はますます団地内での存在感を強めていくことに……。

ヤマシゲさん演じる自治会長、真っ先に寺内に排除されそうなダメ男だけど、なんだかんだ意外と生き延びそうですね。利用価値アリって判断したのかしら。

そして少しずつ、寺内と加代子(江波杏子さん)の関係が明らかになってきました。

一瞬だったのでわかりづらかったのですが、寺内が昔この団地に住んでいた時、彼は殺人現場を目撃したようです。その犯人は、花瓶を使って誰かを殴り殺していました。

今のところ、犯人は加代子もしくは加代子に近い人物と思われます。
寺内は、埋められていた花瓶を掘り返し、加代子のために隠蔽しようとしているみたいなので。

ふと思ったのですが。

あの幽霊が出るっていう部屋、昔寺内が住んでいた部屋なのでは?
で、あの部屋で誰かが殺されたのでは?

さらに、寺内がこの団地に越してきた目的は、江理子を穂乃花の母親にするためでした。
加代子が江理子を推薦し、それで桜井家の隣の部屋に越してきたみたいですね。

しかしそうなると、ますます江理子の夫・高志が危ない。

彼は寺内のことを怪しんでいるし、江理子を傷つけているし。
次のターゲットになりそうな予感……(((;;OдO;lll)))

次週はお休みで、第3話は6月23日放送です。
このドラマ面白い^^

見逃し配信は…
フジテレビオンデマンドにて、最新話のみ期間限定無料配信(期間外は有料配信)されています。

「限界団地」の記事一覧を見る


ほかの記事を読む?

ドラマ「限界団地」ネタバレ感想 「限界団地」第3話|恐怖のアップルパイ ドラマ「限界団地」ネタバレ感想 「限界団地」第1話|恐怖のドアノブカバー