ドラマ「GHOSTTOWN」第2夜|変な終わり方と消化不良でモヤモヤする

ドラマ「GHOSTTOWN」

「GHOSTTOWN」の記事一覧を見る

どうも、夏蜜柑です。
フジテレビの深夜ドラマ「GHOSTTOWN」第2夜。

えっ、なに?
これで終わり?

なんとも中途半端な終わり方。
それとも「続きはFODで!」ってことなんだろうか。

でもそれなら「続きはFODで!」っていう告知があってしかるべきですよね。
それがないってことは、やっぱりこういう終わり方なのかも。

ふぐ丸

ツッコミどころ満載。

第2夜のあらすじ

  • 山本(大谷亮平)たちは川に浮かんでいる咲(中川可菜)の遺体を発見する。張(大地)は自分たちの仲間が死ぬのと入れ替わりに、誰かが死から蘇るのではないか、と推測する。
  • 晴日(水上京香)は中岡(水石亜飛夢)の子供を妊娠していることを告白。晴日に思いを寄せる張はお腹の子の父親になると宣言し、一緒に生きて帰ろうと晴日を励ます。
  • 気を失った麗(田辺桃子)の代わりに助けを呼びにいった晴日は、正体不明の生物に襲われ命を落とす。晴日を失った張は麗を責める。
  • 山本と張は、祠の前で大量の犬の頭の骨を発見する。山本はこの村で、犬の頭部を埋めて怨霊にして人間を呪い殺す技術「犬神」が行われていたことを知る。
  • 山本は江戸時代のある村で起こった事件を思い出す。飢饉で食料がなくなったその村では、食い扶持を減らすために犬神を使って殺し合いを行い、村が全滅したという。
  • 新美(尾上寛之)は山本を敬愛するあまり、山本がパリの学会に自分ではなく麗を連れて行ったことを受け入れられずにいた。新美は麗への嫉妬と憎悪を募らせ、麗を殺してしまう。そして麗に触れたことで、新美の両腕も動かなくなってしまう。
  • 山本は地中に埋もれた遺体の腕に黒い斑点があるのを見つける。噴火の際に地下深くにあった未知の細菌が岩石と一緒に地表に現れ、それが遺体と反応したのではないかと推測する。
  • 山本への敬意が報われないことに不満を抱く新見は、山本に対し屈折した思いを爆発させる。新美に触れられた山本は、両腕が動かなくなってしまう。
  • その頃、山本の妻・夕夏(星野真里)は警察に捜索願を出し、ダムの放水を中止するよう訴えかけていた。樹海の上空には山本たちを捜索するヘリが飛んでいたが、見つけることができない。
  • 山本は新美の思いをくみ取り、関係を修復したいと伝える。そこへ作業着を着た謎の老人(山本龍二)が現れる。老人に殺されそうになった山本を、張が楯になって助ける。老人に刺された張は命を落とす。
登場人物の詳細はこちら
ドラマ「GHOSTTOWN」ドラマ「GHOSTTOWN」登場人物(キャスト)・あらすじ

第2夜の感想

映像はきれいで雰囲気はよかったけど、ストーリーは薄っぺらくてチープでした。
M資金もダムも杉沢村も犬神も、すべてが中途半端で消化不良。

夏蜜柑

「えっ、なんで?」と何度思ったことか。

犬神の村

山本たちが迷い込んだ場所は、江戸時代に陰惨な事件を起こした村。

飢饉で食料がなくなり、食い扶持を減らすために「犬神」を使って殺し合いを行った結果、全滅したという。

ちなみに「犬神」とは、憑物の一種。

犬神
四国を中心に,九州の東部,中国地方の西部などに分布するつきものの一種。これらの地域では,犬の霊を神としてまつる家筋(〈犬神筋〉〈犬神持ち〉〈犬神統〉などという)が存在し,その家の者は,自分が好ましくないと思う者に犬神を憑(つ)けて,病気や死に至らしめることができると信じられている。ひとたび犬神をまつると,末代までその家から離れることがなく,しかも縁組を通じて広がると信じられたので,犬神筋との婚姻はきらわれた。(世界大百科事典 第2版より)

山本は自分たちが迷いこんだ場所を「死んだ霊が人間を殺すことで蘇る場所」だと説明していましたが、それと上記の事件がどう繋がってるんでしょうねぇ。

死んだ霊が、この地に残っている犬神を操って、やってきた人間を殺しているってことですか? もったいぶった割には平凡というか、なんというか。

夏蜜柑

「ふーん」という感想しかない。

未知の細菌

もうひとつは、腕が動かなくなる現象について。
こっちは「犬神」とも「蘇り」とも無関係らしい。

これも山本の推測ですが、噴火の際に地下深くにあった未知の細菌が岩石と一緒に地表に現れ、それが遺体と反応した、と。

夏蜜柑

つまり「未知の細菌」が原因だった。

これも普通といういうか、なんというか。
特に驚きはないですね。

っていうか、きっかけが「M資金」だったから、てっきりGHQがらみだと思ってたよ。

薄っぺらい人間ドラマ

登場人物の設定もありきたりでした。

期待したミステリーやホラーよりも、意外と人間ドラマ部分のシーンが多かった気がしますが、取り上げられる問題が薄っぺらいので興味を引かれることはなかったです。

キャスティングや役者さんの演技はよかったんですけどね。

夏蜜柑

尾上寛之さんはこういう役がハマるよね。

山本教授がなぜここまで尊敬されるのかも謎です。
ダム放水を3日後に控えた樹海に学生を連れて行ったり、学生を犠牲にして生き延びたり。

ふぐ丸

判断力なさすぎ。

バッドエンド……?

結局、生き残ったのは山本と新美だけ。
2人とも救出されないまま、ダムの放水が始まる警報が。

最後はバッドエンドととらえるべきなのか否か。
ハッキリしない点も含めて、モヤモヤする終わり方でした。

ドラマ「GHOSTTOWN」は、FODで無料配信中です(期間限定)。

「GHOSTTOWN」の記事一覧を見る

ほかの記事を読む?

ドラマ「GHOSTTOWN」 ドラマ「GHOSTTOWN」第1夜|樹海に迷い込んだ主人公たち ドラマ「ミラー・ツインズ」 ミラー・ツインズ|登場人物(キャスト)・あらすじ