義母と娘のブルース第5話|奇跡のプロポーズ

「義母と娘のブルース」

どうも、夏蜜柑です。
TBS火曜ドラマ「義母と娘のブルース」第5話。

夏蜜柑

ピュアな夫婦にくぎづけ。
やっと本物のプロポーズ。

ふぐ丸

以下、ネタバレを含みますのでご注意ください。

第5話のあらすじ

  • 公園で突然倒れた良一 (竹野内豊)は、病院に運ばれそのまま入院することに。亜希子(綾瀬はるか)はみゆき(横溝菜帆)に「骨折」と嘘をつき、良一の会社にお詫びに行く。
  • 良一の検査の結果は思わしくなく、さらに亜希子が自分の代わりにプレゼンを担当すると聞いて、良一は思わず心ない言葉をぶつけてしまう。
  • みゆきは、亜希子の負担を軽くするため、学校が終わったら和子(麻生祐未)の家に帰ることを提案。亜希子は良一のために仕事をやり遂げる決意をし、良一も治療に専念することを誓う。
  • 亜希子のプレゼンはうまくいき、良一の検査結果も良好だった。退院した良一に、みゆきは奇跡の写真を集めたアルバムをプレゼントする。
  • その夜、みゆきにねだられて初めて3人で一緒に寝ることに。みゆきが眠りについた後、良一は亜希子に「もし僕が治っても、一緒にいてくれますか?」と尋ねる。
  • 良一が治ったら去る覚悟をしていた亜希子は、「こんな奇跡のような受注があっていいのでしょうか」と戸惑いながらも受け入れる。
  • 翌日、良一は亜希子を連れて写真スタジオへ出かける。良一は、ウェディングドレスを着た亜希子と、おそろいの白いドレスを着たみゆきと、タキシードを着た自分とで、写真を撮りたいと言う。

第5話の感想

死んだ妻に会えるのなら、死ぬのも悪くないと思っていた良一。
だけど、亜希子と会って「死にたくない」と思うようになった。

「僕は、亜希子さんと一緒に、みゆきが大きくなっていくのを見たいです」

今までは「ピンピンコロリで逝きたい」とあんなに治療を拒んでいたのに、今回は看護師さんに怒られるほど、治療に前のめりになっていました。

あの世で死んだ妻と再会するよりも、この世で亜希子やみゆきと一緒に生きていくことを選んだ良一。亜希子の存在が、良一の気持ちを大きく変えたんですね。

夏蜜柑

そして亜希子にも、少し変化が。

ビジネスライクで現実主義だった彼女が、奇跡を信じるようになり、亡くなった良一の妻に祈ったり、目の前を通り過ぎる霊柩車を見て親指を隠したりする。

良一に生きていてほしいから。

この契約結婚で、亜希子は娘ができると思っていました。
夫までついてくることは、彼女にとって想定外だった。

「これは、鉄を買ってくれという契約を取りに行ったところ、ついでにアルミもお願いと言われたようなものです。私は、こんな奇跡のような受注をいただいてよいのかと」

それに対して良一は、「これは奇跡でもなんでもないんですよ。その営業さんが、すっごく素敵な人だっただけです」と言う。

例えがおかしいねん。

ふぐ丸

夏蜜柑

まったくこの2人は。

でもこれ、今度こそ本物のプロポーズですよね。
良一も亜希子も、お互いに必要な相手だということに気づいたってことですよね。

何もかも順調で、みんな幸せで、奇跡はわりと頻繁に起きていて。
このままこの夫婦は、この家族は、本物の家族になっていくんだろうなぁ……と思いたいのですが。

たぶん、そうはならないですよね。

最初の頃は、うだつの上がらない良一よりも、仕事がバリバリできる亜希子のほうが頼りになりそうだと思ったけれど、今は亜希子が心配です。

仕事以外のことには、まるでダメな亜希子。
大きな愛で家族を支えていた良一がいなくなったら、亜希子はどうなるんでしょう。

次週から第2章がスタートします。
予告が放送されなかったけど、公式サイトで予告を見たら、みゆきが高校生になっていました。

夏蜜柑

つらい。

キャスト

宮本亜希子……綾瀬はるか
宮本良一……竹野内豊
宮本みゆき……横溝菜帆
宮本愛……奥山佳恵
麦田章……佐藤健
田口朝正……浅利陽介
笠原廣之進……浅野和之
下山和子……麻生祐未
猪本寧々……真凛
前原大輔……村本大輔(ウーマンラッシュアワー)
宮本みゆき(高校生)……上白石萌歌


ほかの記事を読む?

「義母と娘のブルース」 義母と娘のブルース第6話|9年後イケメンになった大樹君 「義母と娘のブルース」 義母と娘のブルース第4話|涙の偽装結婚