「極道めし」あらすじ・登場人物(キャスト)・原作

連続ドラマJ 「極道めし」

連続ドラマJ 「極道めし」

どうも、夏蜜柑です。
2018夏ドラマの紹介です。

BSジャパン連続ドラマJ「極道めし」

204号室の囚人たちが、おいしい食べ物の思い出を語り合うドラマです。
ほかのグルメドラマと違うのは、彼らが「食べ物の思い出を語るだけ」という点。

夏蜜柑

思い出を語るだけで、その場で食べるわけじゃないんだよね。
言葉だけで味を再現させる、語り手の技が見どころ。

ふぐ丸

一話完結ですが、毎回おっちゃんたちがいろんなネタを披露してくれるので、飽きません。めっちゃ笑えます!

番組情報

  • 放送局:BSジャパン
  • 放送日時:2018年7月14日(土)から毎週土曜夜9時~
  • 原作:土山しげる「極道めし」
  • 脚本:福原充則(「視覚探偵日暮旅人」「下北沢ダイハード(第5話)」) ほか
  • 監督:白川士(「永遠の仔」「三匹のおっさん」)ほか
  • 主題歌:嘘とカメレオン「JOHN DOE」

原作について

このドラマの原作は、土山しげるさんの漫画「極道めし」(全10巻)
「漫画アクション」2006年6月20日号~2012年8月21日号に連載されたグルメ漫画です。

この作品、わたしは知らなかったのですが、2011年に永岡佑さん主演で映画化もされているんですね。日テレのバラエティ番組「人生が変わる1分間の深イイ話」(2010年)でも紹介されたようです。

刑務所に収監されている受刑者たちが今までに一番おいしかった食べ物の話をして、その中で一番旨そうな話をした者が勝ち、という設定が面白いです。

追記
原作者の土山しげるさんは、2018年5月24日にがんで亡くなられました。心よりご冥福をお祈り申し上げます。

あらすじ

様々な罪を犯して収監された受刑者たち。多くの制約の下、毎日給仕されるそれ程美味しいとは言えない食事が唯一の楽しみとなる。好みのおかずや特別に出されるおやつなどを食べるだけで幸せになれる。
そんな刑務所のとある雑居房。
世間とは隔絶された中、毎日の食事のおかずや甘いおやつなどの争奪戦がひっそりと繰り広げられている。その静かであるが熱い闘いに勝利すると、部屋の各人のおかずなど好きなものを一品ずつ取れるというのだ。
その勝負とは、部屋の者が順番にシャバで食べた一番美味しかった食い物の話をして、最も旨そうな話をした者を勝者とするというもの。判定は、話を聞いて「ごくり」とつばを飲み込んだ数が多い者の勝ち。
大騒ぎは出来ない。看守が飛んできて懲罰を受けてしまう。あくまで静かに思い出を語るのである。しかし、そんなことお構いなしに、食い物だけでなく意地やプライドまでもかけた壮絶に熱い戦いが繰り広げられる!(公式サイトより)

登場人物(キャスト)

※ネタバレを含みます

原一平……福士誠治
204号室の新人。銃刀法違反で収監される。やんちゃな少年時代を過ごし補導歴がある。元不良仲間の友人に頼まれた運び屋をしている際、銃刀法違反の罪に問われ実刑判決を受ける。
当初「食べ物の話はしたくない」と頑なに〈うまい飯語りバトル〉への参加を拒んでいたが、ほかの4人にせがまれて渋々参加する。なかなかバトルに勝てず、極意を盗もうと必死になっている。
収監される前は定食屋で料理人をしていた。妻は定食屋の娘。出所後は妻が待つ店に戻るつもりでいたが、店がなくなっていることを知りショックを受ける。

八戸伍三郎……徳井優
窃盗常習犯。204号房の長老的存在で、皆のまとめ役。出所する度に軽犯罪で捕まり刑務所に舞い戻っている。今回も刑務所に入るためにわざと刑事の前で事件を起こした。娑婆よりも刑務所のほうが居心地がいいと思っている。
学校を出てすぐ警察官になり、山梨の田舎町で交番勤務をしていたことがある。元警官であることを打ち明けた翌日、病気治療のため医療刑務所に移る。出所後、一平に定食屋がなくなっていることを知らせる手紙を書く。

坂井直次……柳沢慎吾
詐欺師。嘘つきで話術が巧みなのでうまい飯話も得意だが、どこまで本当かわからない。母子家庭で貧しい少年時代を送る。高校時代はラブレターや読書感想文の代筆などで小銭を稼ぎ、そこそこ贅沢をしていたらしい。

荒木健作……小沢仁志
小心者の暴力団組員。単細胞で怒りっぽく、仁義に熱く涙もろい。破壊的ないびきをかく。東北出身で、少年時代は秋田の名産漬物「いぶりがっこ」がおやつがわりだったらしい。

小津弘……今野浩喜
元サラリーマン。会社の金(少額)を横領して服役中。出張が多かったサラリーマン時代に経費で全国各地のグルメを堪能している。営業マンだったため、話上手。時々人を小馬鹿にした笑いを浮かべ、怒りを買う。

丸山憲明……キャッチャー中澤
第5話から登場。八戸が去った後、204号室に入った新人。元力士。体は大きいが性格は気弱。相撲部屋での猛烈なシゴキやイジメに耐え、幕下まであと一歩というところまで番付を上げるが、女性がらみで暴力事件を起こしチンピラたちに重傷を負わせる。

米倉巧巳……沢井正棋
第9話から登場。一平の服役3年目に204号室に加わった新人。元チンピラで、各地の刑務所に服役した経験を持つ。実は、一平が料理人として働いていた定食屋に嫌がらせを仕掛け、立ち退きを迫っていたことが後に判明する。

腰崎……遠藤雄弥
一平が勤めていたキャバクラのボーイ。何かと一平を敵対視していたが、仕事中に一緒に店を抜け出し餃子を食べて以来、意気投合。食い逃げの相棒となる。

大瓦彩也子……井桁弘恵
一平の妻。一平が高校時代に付き合っていた初めての彼女でもある。再会し結婚に至るが、現在は音信不通となっている。

大瓦充蔵……角野卓造
彩也子の父。定食屋を経営している。一平がやさぐれていた時に一杯のお茶漬けを食べさせたことから、一平を雇うことになる。店は一平が収監されている間に立ち退きを余儀なくされ、充蔵も亡くなっている。

向田吉雄……和田聰宏
看守。通称「先生」。大学時代に通い詰めた定食屋「まるふじ」にまつわる苦い思い出がある。

野村孝治……橋本真一
看守。通称「若」。

各話のタイトル

リンクをクリックすると、あらすじと感想の記事に飛びます(ネタバレ注意)。

第1話 魔法のカツカレー
第2話 涙の野沢菜めし
第3話 灼熱!情熱!鉄鍋餃子
第4話 鳴らせ!運命の同点決勝
第5話 愛の肉汁 俺とあいつのハンバーグ
第6話 サクサクとろ~り運命のカニクリームコロッケ
第7話 メシだ!女囚だ!ゴクリ!てんこ盛りスペシャル
第8話 男と女、からみ合うタレとしょうが焼き
第9話 おでんのからしが目にしみる 塀の中のクリスマス
最終話 酒と泪と男とゴクリ 愛と追憶のCセット定食

ほかの記事を読む?

連続ドラマJ 「極道めし」 「極道めし」第1話|面白いおっちゃんたちの飯語りバトル 連続ドラマJ 「極道めし」 「極道めし」第4話|さよなら八戸さん