「極道めし」第4話|さよなら八戸さん

連続ドラマJ 「極道めし」

連続ドラマJ 「極道めし」

どうも、夏蜜柑です。
BSジャパン連続ドラマJ「極道めし」第4話

夏蜜柑

毎回面白くて飽きないわ~
八戸さんの意外な過去。

ふぐ丸

以下、ネタバレを含みます。

第4話のあらすじ

  • 羊羹を賭けたバトルは、一平(福士誠治)と八戸(徳井優)の同点決勝となる。賞品の羊羹は荒木(小沢仁志)が預かるが、翌朝になると羊羹がなくなっていた。自分が食べたと思い込んだ荒木は、なんとか同点決勝を延期しようとする。
  • 小津(今野浩喜)は誘惑に勝てず、夜中に羊羹を全て食べてしまった。みんなにバレるのが怖くて同点決勝を中止にしようとする小津。そんな時、八戸が体調不良を訴え病舎に移される。
  • 3日後、無事に八戸が戻ってきたことで、同点決勝が再開される。3日間特訓を重ねた一平は、キャバクラのボーイ仲間の腰崎(遠藤雄弥)と激辛カニ味噌チゲ鍋を食い逃げした話をする。だが「チゲ」が何かわからない面々は、誰も喉を鳴らさない。
  • 八戸は、警官として山梨の田舎の交番に勤めていたことを語り出す。ある日、森に逃げ込んだ連続強盗犯(矢野聖人)を見つけて確保した八戸だったが、犯人ともみ合う中で水筒の水をこぼしてしまう。うだるような暑さの中、道に迷って森の中をさまよい歩く2人。
  • 犯人の男は、八戸が眠っている隙に逃げようとする。だが逃げる途中で湧き水を見つけ、八戸を助けるために水を持って戻ってくる。そのとき飲んだ水は、いちばんのご馳走だったと語る八戸。
  • 204号室の面々は全員喉を鳴らし、八戸の話を聞き終えると拍手喝采する。八戸は明日から医療刑務所に移ることになったと打ち明ける。これまでの感謝の気持ちを込めて羊羹をみんなで分けようと言う八戸。
  • その時、坂井(柳沢慎吾)が夜中に羊羹を食べてしまったことを打ち明ける。小津が食べたのは、坂井が代わりに置いた「匂いつき羊羹けしごむ」だった。一平は八戸に「もう一勝負やりましょう」と持ちかける。

第4話の感想

いい年したおっちゃんたち(しかも犯罪者)が、中学生レベルのアホな戦いにマジになるのが最高に面白いこのドラマ。

今回も羊羹をめぐるワチャワチャが楽しく、最後のオチに笑ってしまいました。
「匂いつき羊羹けしごむ5個セット」って……なんか普通にありそうだから怖い。

夏蜜柑

一気食いしちゃった小津さん。そりゃ味しないよね

一平くん、前回は餃子で喉鳴らせなくて、ビールの話に転換。
今回は激辛カニ味噌チゲ鍋で喉鳴らせなくて、まさかの怪談話に転換。

変化球でしか勝てない一平

ふぐ丸

八戸さんの元警察官告白も驚いた。
そんであの湧き水は本当においしそうだった!!

万引きがバレて警察官をクビになった、というのは本当だろうけど、犯人を悪い奴と思えなくなった、というのも本当なんじゃないかと思う……。

八戸さん、医療刑務所に移るから今回でサヨナラだそうです。
八戸さんの話、癒やされるから好きだったのになぁ。残念。

夏蜜柑

というわけで、次回からはセカンドシーズンに突入
謎の新人・丸山が登場

ふぐ丸


ほかの記事を読む?

連続ドラマJ 「極道めし」 「極道めし」第5話|新メンバーは元力士 連続ドラマJ 「極道めし」 「極道めし」第1話|面白いおっちゃんたちの飯語りバトル