「極道めし」第5話|新メンバーは元力士

連続ドラマJ 「極道めし」

連続ドラマJ 「極道めし」

どうも、夏蜜柑です。
BSジャパン連続ドラマJ「極道めし」第5話。

夏蜜柑

元力士の丸山くん加入。
チーズハンバーグにやられた。

ふぐ丸

以下、ネタバレを含みます。

第5話のあらすじ

  • 服役2年目を迎えた一平(福士誠治)のもとに、女性が面会に現れる。八戸(徳井優)が去って4人になった204号室では、うまい飯バトルがマンネリ化していた。
  • 看守が新人の丸山(キャッチャー中澤)を連れてくる。図体のでかい丸山に期待する面々だが、丸山は「飯の話に興味がない」とうまい飯バトルに興味を示さない。
  • 4人は丸山を取り込むべく、うまい飯話を始める。荒木(小沢仁志)が話す唐揚げや、小津(今野浩喜)が語る立ち食いそばに、徐々に興味を示し始める丸山。
  • 一平は、料理人になったいきさつを話し始める。酔って不良に絡んだ一平は定食屋の主人・充蔵(角野卓造)に助けられ、茶漬けを出される。充蔵の娘はかつて一平と付き合っていた初恋の女性で、再会に驚く一平。
  • その女性こそ、面会に来ていた現在の一平の妻だった。そこへ看守が現れ、一平に届いた手紙を渡す。一平の話にごくりと喉を鳴らした丸山は、自分が元力士であることを打ち明け、厳しい修行時代に食べたハンバーグの話をする。
  • 丸山の話に喉を鳴らす3人。だがなぜか一平は塞ぎ込んだ表情。丸山は、ハンバーグを作ってくれた女性を守るために暴漢を殴り、全治三か月の怪我を負わせて逮捕されたのだった。
  • 丸山は、女性が自分を待ってくれているのではないかと希望を抱いていたが、一平は「待ってなんかいない」と吐き捨て、看守の前で丸山に殴りかかる。

第5話の感想

今回は、いつにもまして柳沢慎吾さんと小沢仁志さんに笑わされました^^

夏蜜柑

ちょいちょい持ちネタを挟んでくる慎吾ちゃんが好き。
オープニングナレーションで既に笑えた。

ふぐ丸

ついに一平くんが料理人になったいきさつが明かされるのか?
とワクワクしたのですが、手紙のせいでうやむやになってしまいましたねー。

しかし第1話に登場した初恋の彼女が、現在の妻だったとは。
面会に来ていた彼女はちょっと複雑そうな表情をしていたけど、別れる気なのかなぁ?

夏蜜柑

でも、このドラマ意外とどんでん返しあるので、ミスリードかも。

新入りの丸山くんもいい味出してて面白いですねぇ。
相撲部屋のくだりは妙にリアルで笑えなかったけど。

丸山くんが起こした暴行事件にしても、どう考えても相手のほうが悪いと思うけど、それでも罪になっちゃうんでしょうか……。

夏蜜柑

鉄板皿のチーズハンバーグはいけませんね。
これはアカン。

ふぐ丸

看守の前で丸山を殴ってしまった一平くん。
懲罰房行きになるようです。

夏蜜柑

次回、なぜか八戸さんが再び登場!?
追記
204号室の俳優陣が“うまい飯”を語り合うスペシャル動画「極めしトーク」が、公式サイトで期間限定公開されています。めっちゃ面白いです^^

ほかの記事を読む?

連続ドラマJ 「極道めし」 「極道めし」第4話|さよなら八戸さん 連続ドラマJ 「極道めし」 「極道めし」あらすじ・登場人物(キャスト)・原作