「極道めし」第8話|おっちゃんたちの失恋話

連続ドラマJ 「極道めし」

連続ドラマJ 「極道めし」

どうも、夏蜜柑です。
BSジャパン連続ドラマJ「極道めし」第8話。

夏蜜柑

今回は、うまい飯話からの失恋話。
壁際でいじいじするおっちゃんたち。

ふぐ丸

以下、ネタバレを含みます。

第8話のあらすじ

  • 坂井(柳沢慎吾)は配膳係からタバコを入手。今回の旨い飯語りバトルはタバコを賭けて行われることになり、気合いが入る一同。
  • 小津(今野浩喜)、丸山(キャッチャー中澤)、荒木(小沢仁志)は、なぜかうまい飯の話から失恋話になってしまい、聞いている面々はすっかり白けてしまう。話す方も、昔の恋を語るうち意気消沈してげっそり。
  • やる気をなくす一平(福士誠治)だが、仕方なく話を始める。充蔵(角野卓造)の定食屋で働き始めた一平。充蔵の娘・彩也子(井桁弘恵)が高校時代の彼女だったという偶然も重なり、一平は彩也子といい雰囲気に。
  • そんな時、充蔵が病気で倒れてしまう。店を休むわけにいかない、と一平は充蔵のレシピ通りに「しょうが焼き」を作って出すが、常連客からはそれぞれ違うクレームが入る。
  • 不思議がる一平に、帰ってきた充蔵は「当たり前だ」と言う。充蔵は客の好みに合わせて味を変えていたのだった。「プライドがないことが私のプライドです」と語る充蔵。
  • 一平は尊敬する充蔵の代わりになれるよう、早く一人前になりたいと考える。そして彩也子に「これからの人生を一緒に歩んでほしい」とプロポーズする。
  • だがその彩也子からの手紙はいっこうに届かず、店も八戸(徳井優)からの報告でなくなっていることがわかり、一平は落ち込んでしまう。
  • 結局だれも喉を鳴らさず、バトルは引き分けに。「タバコは坂井さんが吸えばいい」と一同は言う。だが坂井自身は喫煙の習慣はなく、みんなのために入手したと打ち明ける。ところがいざ吸おうとすると、ライターがない。
  • そこへ看守が現れ、荒木は慌ててタバコをトイレに捨ててしまう。その直後、坂井がマッチを取り出すが、後の祭りだった。

第8話の感想

今回はマンネリ打破のため、賞品はタバコ。
配膳係に顔だけで合図を送り(ホントに通じているのかは謎)、坂井さんが入手しました。

夏蜜柑

でも坂井さん自身はタバコ吸わないんだよね。
One for allの精神。

ふぐ丸

で、いつになく張り切る一同なんだけど、どういうワケか小津さんの話が妙な展開になり。

職場で孤立→昼休憩時に居場所がない→同僚との微妙な空気を避けるため、食べかすが残る弁当箱をティッシュで自作→可哀想な小津に同情した出前の女の子が告白→明るくなり職場に溶け込む→彼女にフラれる。

そこから失恋話が伝染。
自分で話して自分で落ち込むパターンに陥る一同。

夏蜜柑

落ち込んで寝転ぶおっちゃんたちの丸い背中がめっちゃかわいい。

最後は一平くんが妻との結婚エピソードを語るのですが、やっぱりチーン状態に。

彩也子さん、どうしたんだろうね。
お店、移転しただけだったらいいんだけど。

で、結局だれも喉を鳴らさず、引き分けに。
だれがタバコもらうのって話になって、実は坂井さんがタバコ吸わないことが判明。

それを知った一同は、すっかり坂井さんを見直し、これまでの態度を詫びるのですが。

「『~ですよ』って敬語を使ってたんですが、その『です』、実は英語の『DEATH』の意味で使ってました」

夏蜜柑

小津さんの意味わからん謝罪、ウケる。

次回はまた204号室に新人さんが入ってくるようです。
これ、どういう結末になるんだろ。


ほかの記事を読む?

連続ドラマJ 「極道めし」 「極道めし」第9話|一平が銃刀法違反で捕まった理由 連続ドラマJ 「極道めし」 「極道めし」第4話|さよなら八戸さん