NHKドラマ「遙かなる山の呼び声」登場人物(キャスト)・あらすじ・原作

NHKドラマ「遙かなる山の呼び声」

「遙かなる山の呼び声」

どうも、夏蜜柑です。
11月に放送される単発ドラマの紹介です。

NHKスーパープレミアムスペシャルドラマ「遙かなる山の呼び声」

日本映画の名作「遙かなる山の呼び声」が、38年の年月を経て、テレビドラマとしてよみがえります。
夫を失いながらも酪農に夢と生涯を掛ける女性と、悲運な宿命を負った男との出会いと別れを、北海道の大自然を舞台に、ダイナミックかつ感動的に描きます。(NHK公式サイトより)

「遙かなる山の呼び声」といえば、山田洋次監督&高倉健さん主演の名作映画。
わたしも子供の頃から大好きで、未だに何度も見返すお気に入りの映画です。

思い入れが強いだけに、現代版リメイクには、正直なところ複雑な思いがあります。
先入観にとらわれずに見ることは、難しいと思いますし……。

でも、一ファンとして「映画を見ていない若い世代に知ってほしい」という思いもあるんですよね。
阿部寛さんと常盤貴子さんの共演に期待したいと思います。

夏蜜柑

北海道の大自然にも注目。

※この記事は随時更新中です

番組概要

  • 放送局:NHK・BSプレミアム
  • 放送時間:2018年11月24日(土)夜9時~(89分)【単発】
  • 原作:山田洋次
  • 脚本:山田洋次/坂口理子(映画「メアリと魔女の花」)
  • 演出:朝原雄三(映画「釣りバカ日誌」、映画「武士の献立」)

あらすじ

2018年春の北海道・中標津。夫を亡くした風見民子(常盤貴子)は、亡夫がこだわり続けた完全放牧酪農を周囲の反対にも負けずに続けている。昨年、風見家は大幅な赤字へ転落。今年は黒字が必達の課題となっている。しかし、民子をとりまく環境は崖っぷち状態である。義父は持病が悪化し、主な労働役務は民子ひとりの肩にずっしりと重くのしかかっているのが実態だ。
そんな折、嵐の夜にバイクが故障して動かなくなり、風見牧場へ一晩の宿を求めに来た男(阿部寛)が民子の前に突然現れた。ぶっきら棒に男は言った・・「ここで働かせてください!」(番組公式サイトより)

原作(リメイク元)について

このドラマの原作(リメイク元)は、1980年に公開された映画「遙かなる山の呼び声」です。

created by Rinker
松竹ホームビデオ
¥1,814 (2018/11/19 01:51:52時点 Amazon調べ-詳細)

「男はつらいよ」シリーズの山田洋次監督が、「幸せの黄色いハンカチ」に続いて高倉健さんを主演にして撮った作品です。

舞台が北海道だったり、出演者の多くが「幸せの黄色いハンカチ」にも出演していたりと、似ているところが多い2作品ですが、関連性はなく全く別の物語です。

ちなみにわたしは高倉健さんの映画の中ではこの作品がいちばん好きで、映画全体でも「好きな映画トップ10」に必ず入れてしまうほど、お気に入りの作品です。

1980年の映画「遙かなる山の呼び声」の感想はこちら↓

映画「遙かなる山の呼び声」映画「遙かなる山の呼び声」感想|日本映画史に残るラストシーン

登場人物(キャスト)

田島耕作……阿部寛
風見牧場へ一晩の宿を求めに来た謎の男。

風見民子……常盤貴子
北海道・中標津で酪農を営む未亡人。亡き夫がこだわり続けた完全放牧酪農を続けているが、経営状態は厳しい。

筧利夫
中原丈雄
高畑淳子
佐藤優太郎(子役)


ほかの記事を読む?

映画「遙かなる山の呼び声」 映画「遙かなる山の呼び声」感想|日本映画史に残るラストシーン NHKドラマ「満願」ネタバレ感想 NHKドラマ満願第2夜「夜警」|柳岡の涙の意味