ヘッドハンター第4話|次の世代にバトンを…刺さるセリフが満載

江口洋介主演ドラマ「ヘッドハンター」

「ヘッドハンター」

どうも、夏蜜柑です。
「ヘッドハンター」第4話。

今回も面白かったなぁ。黒澤のセリフに重みがあるんですよね…同世代だからかもしれないけど、すごく頷いてしまいます。伊武雅刀さん、昭和の頑固オヤジを演じさせたら右に出る人いないね。

以下、ネタバレを含みますのでご注意ください。

第4話のあらすじ

  • 山間の老舗温泉旅館「松葉楼」の主人・松原善三(伊武雅刀)が病に倒れ、新たな後継者を探すことに。灰谷(杉本哲太)と美憂(徳永えり)は「松葉楼の名前と品格を守ること」というクライアントの条件に合った候補者を数名あげるが、善三はなぜかOKを出す気配がない。
  • 黒澤(江口洋介)は善三と絶縁状態にある3人の息子と会い、後を継ぐ意志がないか確認する。三男の三郎(金井勇太)によると松葉楼はバブル崩壊後多額の借金を抱え、兄たちが金策に走り回ったと言う。すべては善三の野心が招いたことだった。
  • 黒澤たちが行き詰まっていることを知った赤城(小池栄子)は、松葉楼の後継者選びに参戦。オペレーターによる一大アミューズメント構想を打ち立て、善三の野心を煽る。赤城は、なぜ黒澤がそこまで松葉楼にこだわるのか、真意を測りかねていた。
  • 後継者選び当日、黒澤は松葉楼の顧問弁護士と、善三の息子3人を連れて現れる。そこで急遽臨時株主総会が開かれ、取締役解任決議案が提案される。3人の息子および善三の妻・瑞江(立石涼子)の賛同により、善三の解任が決定。新代表取締役には三男の三郎が就任する。
  • 三郎はオペレーターを採用せず、自ら松葉楼の再建事業計画を考案していた。善三はそこに三郎の野心を見て取り、「俺に似たな」と言う。
  • 赤城は松葉楼の宿帳の中から、黒澤がかつて家族と共に松葉楼に宿泊していた記録を見つけ出す。銀行員だった黒澤の父・健司(河野洋一郎)は、その後総会屋への多額の不正融資が発覚し、事件の主犯格として逮捕されていた。

第4話の感想

難攻不落のクライアント

老舗旅館の後継者問題という切り口でしたが、さまざまな要素が絡み合っていて、非常に重厚で見応えのある内容でした。

伊武雅刀さん演じる旅館の大旦那・善三のキャラクターも意外性があって面白かったです。
病気で体の自由がきかなくなり、引退を考えていると言いながら、腹の内では野心満々。

だから灰谷と美憂が「名前と品格を守る」後継者を連れてきても、ピンと来ない。逆に、赤城が提案するリゾート化計画には、目を輝かせて飛びつく。

最初に言ってたことと真逆ですやん( ̄∇ ̄;)

でもそういうクライアント、いっぱいいるよね~。わたしもたくさん見てきたわ~。
自分が何を望んでいるか自分でも把握してないから、言ってることがメチャクチャで。

仕事に限らずかもしれないけど、「本当に望んでいること」を言葉にするのって、難しいのかも。

 父親に愛想を尽かした息子たち

バブル時代に遊びまくり、投資で失敗して多額の借金を抱えた善三。
しかもその借金を子供たちに押しつけ、金策に走り回らせていました。

3人の息子たちは「松葉楼」から手を引き、善三とは絶縁状態に。
そりゃー愛想も尽かされるよねぇ。

でも、どうやら三男の三郎だけは、「松葉楼」のことを気に掛けていたようで。

黒澤は三郎を説得し、兄2人+母親の瑞江を味方に引き入れ、善三を解任するクーデターを起こしました。三郎は「善三の後を継ぐ気はない」けれど、「全く新しい松葉楼を経営する」気はあったようです。

三郎もまた、善三の血を受け継いだ野心家だったという結末。

次の世代にバトンを

今回いちばん響いたのは、黒澤が善三に言ったこのセリフです。

いい時代だったんですよ、あなたたちの時代は。失敗しても次がある。でも今はない。それは度胸の問題じゃない。それにこんな時代にしたのは、時代のよさを自分たちの力量と勘違いして、そこから抜け出せないあなたたちだ。

あぁ……こんなこと正面きって言えたら、どんなにスッキリするだろう(笑)

江口洋介さん、どんな気持ちで伊武雅刀さんにこのセリフ言ったのかなぁ。

このドラマを見てる人って、わりと年齢層高めだと思うんですけど、ぜひ若い人に見てもらいたいなぁ。

刺さるセリフが満載なんだよ……若い人が見ないのは、本当にもったいない。

黒澤がネクタイをしない理由

さて、物語の本筋は後継者探しでしたが、もうひとつ重要な伏線がありました。

黒澤の過去です。

冒頭で親子がキャッチボールをしているシーンがありましたが、これは予想どおり黒澤の回想でした。当時小学生だった黒澤少年は、両親と一緒にこの「松葉楼」に泊まりに来ていたんですね。

黒澤にとってそれは、どうしても守りたい「大切な思い出」のようです。

今回、黒澤の父親に関して以下のような事柄が明らかになりました。

  • 四橋銀行千代田支店の支店長だった
  • 平日でもネクタイをしていた
  • 四つ橋銀行利益供与事件の主犯格として逮捕される
  • 総会屋から多額の不正融資を受けていたらしい

黒澤がネクタイをしない理由は、父親の事件にあるようで。

もしかして父親は無実で、銀行の罪を被ったのかな……?
ネクタイをしないというのは、父親もしくは銀行を否定する気持ちの表れだと思うのですが。

眞城さん、赤城姉さんに頼まれた黒澤の情報を、焼き捨てちゃいましたねー。
利益優先かと思ったら、意外と温情があるってこと?

赤城姉さんが次回どう出るのか、楽しみです。
このドラマ、シリーズ化してほしいわー。

見逃し配信は…
ネットもテレ東にて、最新話のみ期間限定無料配信されています。

キャスト

黒澤和樹……江口洋介
赤城響子……小池栄子
灰谷哲也……杉本哲太
眞城昭……平山浩行
舘林美憂……徳永えり
及川百合……山賀琴子
武井恭平……岡田龍太郎

第4話ゲスト

松原善三……伊武雅刀
松原瑞江……立石涼子
>松原三郎……金井勇太
松原伸二……浜田学


ほかの記事を読む?

江口洋介主演ドラマ「ヘッドハンター」 ヘッドハンター第3話|若村麻由美の只ならぬ存在感 江口洋介主演ドラマ「ヘッドハンター」 ヘッドハンター最終回|ラスボスと黒澤が仕掛けた罠