ヘッドハンター第5話|ハッピーアワーにほろり

江口洋介主演ドラマ「ヘッドハンター」

「ヘッドハンター」

どうも、夏蜜柑です。
「ヘッドハンター」第5話。

今回はバッドエンドなのか……と諦めかけてましたよ。誠実で人がよくて仕事もできる西郷さん(と妻)が最後に救われてよかった。会社人間だけど、家でも優しい夫というのがいいですね。

以下、ネタバレを含みますのでご注意ください。

第5話のあらすじ

  • 黒澤(江口洋介)は、北東鉄鋼の西郷守男(板尾創路)に転職話を持ちかける。クライアントは西郷の労務管理能力と謹厳実直な人柄を買い厚遇を用意していたが、西郷はその場で断る。ひとつの会社を勤め上げることに美徳を感じていた西郷は、黒澤のようなヘッドハンターを嫌っていた。
  • 西郷の妻・早苗(山下容莉枝)が介護疲れで倒れてしまう。要介護の父をホームへ入れるにはお金が必要だった。西郷は転職先の年収200万円アップという条件に心が揺れるが、どうしても決断できない。
  • 北東鉄鋼の粉飾決算が表面化し、調査が入ることに。社長の王子山(団時朗)は社員に責任を負わせて罪を逃れようとしていた。黒澤は自分の父親が汚名を被せられて逮捕された過去を語り、西郷を説得するが、西郷は会社に残り精算事業に就く決意をする。
  • 赤城(小池栄子)はホテルのバーで黒澤に会い、西郷から大口の人数を紹介してもらったと話す。会社が傾くとわかった西郷は、後輩たちの再就職のために密かに手を回していたのだった。
  • 社長の王子山が逮捕され、北東鉄鋼は倒産。職を失った西郷に、黒澤は転職先として病院の事務長というポストを紹介する。系列のホームに父親を入れることも可能だと知った西郷は、転職を決意する。

第5話の感想

まるで武士のような西郷

今回の候補者は、心から会社を愛する、まるで“武士”のように実直な西郷(だからこの名前なの?)

わたしは「ひとつの会社を勤め上げること」に美徳を感じる人の感覚はわからないし、どっちかというと黒澤のほうに共感できるはずなのですが、西郷に対して反感は抱かなかったですね。

彼がヘッドハンターを嫌悪する理由を語るくだりは、「ちょっとわかる」って思ったし。

今まで描かれてきた会社人間って、たいてい「家庭には無関心で一顧だにしない」「妻には高圧的に振る舞う」っていう男性が多かったのですが、西郷はその点が違っていました。

妻が父親の介護でヘトヘトになっていることを気に掛け、何とかしたいと思っているのに、どうしても自分の信念を曲げられない。勇気がなくて転職に踏み切れない。

西郷のそんな葛藤も見え、わたしのような「組織嫌い」な人間でも嫌悪感を抱かない人物造形になっていました。

そういう人柄だったから、黒澤は彼を救うことにこだわったんだろうね。

ハッピーアワーにほろり

そんな会社人間の西郷だから、粉飾決算が表沙汰になって会社が危うくなっても、最後まで会社に居続けるだろうと見越していたらしい黒澤。

平成会東城病院の人事担当が何より誠実さを求める人だと知っていて、最初から西郷を斡旋することを考えていたとしたら……どんだけ計算高いのよ、黒澤さん( ̄∇ ̄;)

でも、ホテルのバーで、クソ社長の膝にバーボンをどぼどぼぶっかけて「俺が地獄に落とす」って言うシーンはシビれたわー。宣言通り、直後に社長逮捕されたしね(眞城に密告させた?)

いちばんホッとしたのは、西郷の妻が介護から介抱されたことかな……。

辛いことを口にも顔にも出さず、ハッピーアワーで安くなったワインを1杯飲む、それだけが気の休まる時間だったなんて……切なすぎる。

西郷だけでなく、彼女自身も生真面目で人のいい性格だったのかもしれないね。
転職が決まって、夫婦でハッピーアワーのワインを飲むシーンにはほろりときた。

これはドラマだから全部うまくいったけど……現実でも誠実な人が救われる世の中であってほしい。

 黒澤の父親とのリンク

前回、銀行員だった黒澤の父親が「総会屋から多額の不正融資を受けていた」として逮捕されたことが明らかになりましたが、やはり無実だったようで。

黒澤の父は、真面目な会社人間だった為に利用され、汚名を着せられて逮捕されたらしい。その後、執行猶予がつくも廃人同然になり、酒に溺れて死んだという。

ここで西郷が登場したのは、組織の犠牲となって死んだ黒澤の父親とリンクさせるためだったのでしょうね。

でも、黒澤は最後まで諦めず、結果的に西郷が望む形で転職させました。
黒澤は、父親のことを全否定しているわけではないみたい。前回は、父親との思い出の場所を守ろうとしたし……。

どうやら黒澤が抱える問題は、父親とは別のところにありそう。

黒澤が殺した人と関係あり?

さて、今回は杉本哲太さん演じる灰谷の言動が非常に気になりました。

ラストで、徳永えりさん演じる美憂の「社長、ああ見えて会社人間が好きなんですかね?会社への熱い思いを持った人っていうか……」という言葉に対して、怒ったように「冗談じゃない。それを潰してきたのがあいつだよ」と言い返した灰谷。

そしてその直後、灰谷は黒澤が通っている古い洋食屋から出てきた眞城と合流し、店の外から看板娘の百合をじっと見つめていました。

「間違いないよ。あんたが捜してたのは、あの女だ」

と、眞城は言ってましたが……。
まさか洋食屋のウェイトレスがそんな重要人物だったとは^^;

灰谷は、「人を殺した」という黒澤の過去と関わりがありそうです。

セリフから想像するに、黒澤が殺した人は灰谷も知っている「会社への熱い思いを持った人」で、もしかして百合はその人の娘とかですかねー?

あのホテルのバーで、「月命日」だと言って黒澤が飲んでいた芋焼酎のお湯割りは、その人の好きなお酒だったのかも。

次回は、野間口徹さんが悪徳ヘッドハンター役?で登場するようです。
赤城と黒澤がタッグを組むというのも見もの。楽しみです。

見逃し配信は…
ネットもテレ東にて、最新話のみ期間限定無料配信されています。

キャスト

黒澤和樹……江口洋介
赤城響子……小池栄子
灰谷哲也……杉本哲太
眞城昭……平山浩行
舘林美憂……徳永えり
及川百合……山賀琴子
武井恭平……岡田龍太郎

第5話ゲスト

西郷守男……板尾創路
西郷早苗……山下容莉枝
王子山……団時朗


ほかの記事を読む?