ヘッドハンター第6話|悪いやつらにコーヒーを

江口洋介主演ドラマ「ヘッドハンター」

どうも、夏蜜柑です。
「ヘッドハンター」第6話。

毎回面白いねぇ~。経済ドラマなのにミステリが楽しめるっていう。そしてモヤモヤした気持ちを黒澤が最後に吹き飛ばしてくれる。今回は赤城さんの一言もお見事でした。満足。

以下、ネタバレを含みますのでご注意ください。

第6話のあらすじ

  • 芥川紘一(宅間孝行)は若くして「タマル精機」の人事部長にのし上がり、次期社長とも噂される野心家。ある日、元上司の川端敏夫(春海四方)が現れる。川端は何か言いかけた途端、急性心筋梗塞で倒れてしまう。
  • 芥川は、川端の妻・妙子から川端が悪質なヘッドハンターに騙されたと聞き、赤城(小池栄子)に相談。赤城は黒澤(江口洋介)に声をかけ、2人は悪徳業者を探すため協力することに。
  • 赤城の調べで、ダブルウィナー社の島崎剛(野間口徹)が浮上。島崎にヘッドハントされた川端は、帝京設備に転職するが、その後御家騒動が勃発。川端は閑職に追いやられ解雇通知を受けていた。
  • 帝京設備の社長は島崎の大学時代の先輩で、島崎は御家騒動が起こることを知っていた。そして芥川は島崎と通じており、退職を渋るリストラ候補者たちを島崎にヘッドハントさせて辞めさせていたのだった。
  • 不正が明るみに出た島崎はライブ物産に転職しようとするが、採用されたのは病を治して復帰した川端だった。

第6話の感想

悪いやつら

今回の黒幕は、悪徳ヘッドハンターの島崎(野間口徹さん)と、タマル精機人事部長の芥川(宅間孝行)でした。

2人とも悪いやつらだったねぇ~。
罪悪感なんてこれっぽっちも抱いてなさそうだったし。

芥川が毎日川端さんの見舞いに来てるのは、心配してるからじゃないって薄々わかったけど。意識が戻って真実を語られるのを恐れてたんですね。

でも、日々大量のリストラ候補者を抱え、辞めると言わない候補者を島崎にヘッドハントさせてノルマをこなしていた……ていう内情を聞くと、複雑な気持ちになってしまうわ。

わたしは人事の仕事にもリストラにもヘッドハントにも無縁だったので、よくわからないけど、リストラする方も大変そう。だからってこんな真似していいとは思いませんけど。

出世を望むこと自体は悪いとは思わないし、そういう人がいるから会社が成り立っているのだろうけど、自己利益のために弱い立場の人を利用したり、人生を弄んだりするような行為には虫唾が走るわ。

最後は、黒澤がビシッと言ってくれたのでスッキリ。
そして赤城さんは島崎にコーヒーぶっかけるという(笑)

そのあと「暴力反対」って真顔で言う黒澤さんが面白かった^^

勧善懲悪ではあるけど、誠実な人が最後に報われるという結末は、やっぱりホッとしますね。

黒澤の過去

今回、いつものバーに杉本哲太さん演じる灰谷が現れまして。
「芋焼酎のお湯割り、焼酎濃いめ」を頼んで、こんなことを語りました。

ある男の話

  • 父の不幸もあって、苦学して夜間大学を出た
  • 町工場を経営していた社長に拾ってもらうが、しばらくして退職
  • アメリカに渡り数々の企業を転々としてカネの亡者になる
  • 帰国後外資系ファンド会社に入社
  • 恩師の町工場を買収
  • 社員は路頭に迷い、社長は一人娘を残して自殺
  • ビジネス界から足を洗い、違う仕事に就く

ほぼほぼ予想どおりでしたね~。

しかし灰谷は「約束通り、俺がお前を殺してやるよ」と言ってたので、2人の間で何か決めごとがあるようです。

同じ会社で働いているし、灰谷は黒澤の見張り役的な感じなのかな。
「また間違いを起こすようなら殺してくれ」みたいな?

「誰でも自分の力を過信する。世界を動かしているような気になるときがある。そういうときはきっと誰かを傷つける。取り返しがつかないほどにな」

芥川にそう語っていた黒澤。
自分の過去を重ね合わせていたのかな。

次回は平田満さん演じる外科医がターゲットのようです。
お医者さんもヘッドハンティングされたりするんだねぇ。

見逃し配信は…
ネットもテレ東にて、最新話のみ期間限定無料配信されています。

キャスト

黒澤和樹……江口洋介
赤城響子……小池栄子
灰谷哲也……杉本哲太
眞城昭……平山浩行
舘林美憂……徳永えり
及川百合……山賀琴子
武井恭平……岡田龍太郎

第6話ゲスト

芥川紘一……宅間孝行
島崎剛……野間口徹
川端敏夫……春海四方


ほかの記事を読む?