ハロー張りネズミ第3話|昭和感が溢れるアクション

どうも、夏蜜柑です。
「ハロー張りネズミ」第3話。

事件の内容はけっこう重いのですが、重くなりすぎない絶妙なバランスでした。
個人的には、ラストでグレがかほるに語った言葉が印象に残りましたね~。
そして今回の見どころは、なんといってもアクションです!

第3話「蘭子という女・後編」ネタバレ

陰謀の証拠となる資料を見つけた南(リリー・フランキー)の事務所が爆破され、五郎(瑛太)は急いで駆けつけますが、南はとっさに書類の山に身を隠したため無事でした。

五郎は、25年前の事件に関わる舞原(中原丈雄)と大臣の蔵元(若松武史)が事実を隠蔽するためにやったのではないかと推測します。

蘭子(深田恭子)はあかつか探偵事務所で仲井(吹越満)に会い、話を聞きます。蘭子にCD-Rを送ったのは、やはり仲井でした。

仲井はサンダー貿易を辞めた後、実家にもどっていました。仲井の実家は、死んだ蘭子の父・四俵乙吉(平田満)がはめられる原因となった因縁の土地のそばにあり、そこにはNEXTエネルギー施設が建っていました。

6年前、その施設が突然爆発するという事故があり、仲井の妻と子供たちは爆発に巻きこまれて亡くなり、仲井の母も精神的なショックで自殺を図りました。

自分も死んでしまおうと考えた仲井は、「どうせ死ぬなら、殺された副社長のことをちゃんとしようと」と、泣きながら語ります。

五郎たちは蘭子の身の安全を考え、ビジネスホテルに身を隠すよう言います。ホテルの部屋の窓からは、蘭子の父・乙吉が飛び降りたサンダー貿易のビルが見えていました。

翌日、グレ(森田剛)が探偵事務所に行くと、中はひどい有様で、作業着を着た怪しい男(高橋努)がパソコンの前に立っていました。

逃げようとしたグレを捕まえ、資料のありかを吐かせようとする男。グレは必死に抵抗を試み、男と激しい格闘を繰り広げます。

男の腕をカッターナイフで刺し、なんとか逃れるグレ。すると、男は銃を持ち出して発砲、グレが身を隠している隙に姿を消します。しかし、男が見ていたパソコンの画面には、蘭子が泊まるホテルの情報が……。

グレから連絡を受け、急いで蘭子のもとへ走る五郎。男は清掃員を装って蘭子の部屋に入り込み、資料を出すよう銃を発砲して蘭子を脅します。

蘭子の部屋にかけつけた五郎でしたが、資料を手にした男は蘭子を人質にとり、逃亡を図ります。男と蘭子を追って、屋上へ上がる五郎。

その頃、仲井はサンダー貿易のビルを訪ね、舞原と会っていました。仲井は「例の資料を渡す代わりにもう一度サンダー貿易で働かせて欲しい」と舞原に提案し、舞原はそれを喜んで受け入れます。

舞原が蔵元に電話をしている最中に、仲井は改造拳銃を取り出していました。

「四俵副社長を殺したのは、あなたですよね?」
「違うんだ!殺すように命令したのは蔵元先生で、私は人を雇って……」
「殺させたんだろ!」
「殺したのは先生で、私はただ、立ち会っただけ……」
「おまえが殺したんだろ!!」

仲井が発砲すると窓ガラスが割れ、舞原は外に投げ出されます。

五郎は、蘭子を助けようと男と揉み合ううちに、屋上の端から男と一緒に転落してしまいます。茫然とする蘭子でしたが、「蘭子さーん」と呼ぶ声が。下を見ると、五郎が柵に捕まってぶら下がっていました。必死に五郎を引き上げる蘭子。

男は落下して地上で血を流し、空には資料の紙が舞っていました。向かいにあるサンダー貿易のビルを見ると、窓際に仲井の姿が……。

仲井は警察に捕らえられますが、動機については報道されませんでした。かほる(山口智子)は「最初から自分ひとりで舞原を殺すつもりだったのかね?」と言います。「だと思いますよ」とグレ。

グレは、仲井の実家を訪れたときに、タオルをかけた段ボールの中に改造拳銃が入っていたのを見たと言います。仲井の気持ちを考えると、何も言えなかったというグレ。

「信頼していた上司が殺されて、でも逃げて……。で、家族があんなことになって。仲井さんが20年間どんな気持ちで過ごしてきたかなんて、俺たちにはわからないでしょ?」

仲井は五郎と面会し、四俵乙吉が死んだ時の現場写真を見て、殺したのは舞原だとわかった、と語ります。現場に残っていたダイイングメッセージは、乙吉が左手で「MAIBARA」と逆に書いたものでした。

「自分の目的は舞原を殺すことだったんです」と告げる仲井。蛭田や蔵元のことは、刑務所の中で手記として書くと言います。

かほるは帝国リサーチの片桐(矢島健一)から電話で「手を引け」と言われます。「また死人が出るぞ」と言われて黙りこむかほる。

蘭子との別れを惜しむ五郎でしたが、翌日事務所に行くと、パソコンに向かう蘭子の姿が。
かほるは、事務や経理などの仕事をしてもらうために雇ったと言います。

「改めまして四俵蘭子です。よろしくお願いします」と微笑む蘭子を見て、喜ぶ五郎。

第3話「蘭子という女・後編」感想

後編はシリアスな展開で、アクションが盛りだくさんの回でした。
森田剛さんと高橋努さんの格闘シーン、釘付けになるほどハラハラしました~。

ホテルでの瑛太さんと高橋努さんのシーンもそうですが、全然スマートではなく完璧でもない(ように見える)、悪く言えば泥臭いアクションが、このドラマには似合いますね。
昭和感&ドブネズミ感が溢れるアクション、すごく良かったです!

事件はとりあえず解決、したのかな?
悪徳政治家たちはお咎めなしだったので、ちょっとスッキリしないけど……。
蘭子にしても、あれだけ「謎」を強調してた割には何もなかったし。
レギュラーメンバーになったので、これから明かされるのかも。

今回の昭和ネタは、アニメ映画「ルパン三世 カリオストロの城」でルパンがクラリスを抱き締めようとして我慢する……というシーン。瑛太さんがホテルで再現してましたね。

それから、ラスト近くでかほるが片桐に言った「悪い奴ほどよく眠る」っていう台詞。これは、黒澤明監督の映画のタイトルそのままです。この映画、土地開発公団とか汚職疑惑とか飛び降り自殺とか、今回の事件とかぶる部分が多いんですよね~。

ちなみにタイトルの意味は、「本当に悪い奴は表に自分が浮かび上がるようなことはしない。人の目の届かぬ所でのうのうと枕を高くして寝ている」という意味だそうです。

次週は幽霊編?
また今までとは違うテイストになりそうなので、楽しみです!


ほかの記事を読む?

ハロー張りネズミ第4話|本気ホラーがコワ面白い ハロー張りネズミ第2話|マブイ深キョン&スネークマンショー