WOWOW「引き抜き屋~ヘッドハンターの流儀~」登場人物(キャスト)・あらすじ

WOWOWドラマ「引き抜き屋~ヘッドハンターの流儀~」

「引き抜き屋~ヘッドハンターの流儀~」

どうも、夏蜜柑です。
2019秋ドラマの紹介です。

WOWOWの連続ドラマ「引き抜き屋~ヘッドハンターの流儀~」

雫井脩介の渾身の新境地ともいえる小説をドラマ化!駆け引き、裏切り、騙し合い――知られざるヘッドハンティング業界を描くビジネスエンターテインメント。(WOWOW公式サイトより)

原作は、「検察側の罪人」「仮面同窓会」など多くの作品が映像化されている雫井脩介さんの小説。

親の会社をクビになり、ヘッドハンターへ転身した主人公が熾烈な戦いに巻き込まれながらも、「仕事とは何か」見つめ直していくお仕事ドラマです。

※この記事は随時更新中です

番組概要

  • 放送局:WOWOWプライム
  • 放送時間:11月16日(土)から毎週土曜夜10:00~
  • 原作:雫井脩介『引き抜き屋(1)鹿子小穂の冒険』『引き抜き屋(2)鹿子小穂の帰還』
  • 脚本:渡辺千穂(「5人のジュンコ」「べっぴんさん」)
  • 監督:西浦正記(「きんぴか」「劇場版コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-」)
  • 音楽:木村秀彬(「ブラックペアン」「コウノドリ」)

あらすじ

「私をクビに?」──父親が社長を務めるアウトドア用品メーカー、フォーンの幹部として働いていた鹿子小穂(松下奈緒)は愕然とした。ものづくりへの信念を引き継いで仕事に励んでいたが、突然の解雇。背景には“あるヘッドハンター”を介して招聘された人物の策略が…。そんな中、小穂の前に「ヘッドハンター」を名乗る渡会花緒里(内田有紀)が現われ、くしくも彼女が働くヘッドハンティング会社・フォルテフロースで働くことに。そして、ボスの並木剛(小手伸也)に連れられて初仕事に行くと、そこには競合の剛腕ヘッドハンター戸ケ里政樹(渡部篤郎)が…。駆け引き、裏切り、騙し合いを繰り広げながら、小穂は一癖も二癖もある経営者らクライアントやキャンディデイト(ヘッドハンティングの候補者)と対峙し、「人の人生を預かる仕事」にやりがいを見いだしていくが…。その一方、フォーンの経営に暗雲が漂い始めていた。その裏にいるのは…。(公式サイトより)

原作について

このドラマの原作は、雫井脩介さんの小説『引き抜き屋(1)鹿子小穂の冒険』『引き抜き屋(2)鹿子小穂の帰還』(2018年刊)です。

登場人物(キャスト)

鹿子小穂(松下奈緒)
父親が社長を務める会社を突然クビになり、ヘッドハンティング会社〈フォルテフロース〉で働くことになる。

渡会花緒里(内田有紀)
ヘッドハンティング会社〈フォルテフロース〉の敏腕ヘッドハンター。小穂の先輩。

並木剛(小手伸也)
ヘッドハンティング会社〈フォルテフロース〉のボス。

戸ケ里政樹(渡部篤郎)
競合の剛腕ヘッドハンター。切れ者で、小穂たちの宿敵となる。

畔田知行(要潤)
小穂の良き相談相手となるプロ経営者。

所美南(秋元真夏)
ヘッドハンティング会社〈フォルテフロース〉の秘書。

岩清水誠(中林大樹)
畔田と親交がありスポーツビジネスを手掛ける経営者。

鹿子隆造(長谷川初範)
小穂の父。アウトドア用品メーカー〈フォーン〉の創業者。

大槻信一郎(杉本哲太)
戸ケ里の手によって〈フォーン〉の常務に就任し、小穂を追い出して、ある策略をめぐらす。

高橋ひとみ
石黒賢
戸次重幸
木村祐一
神尾佑
原田泰造
笹野高史
駿河太郎
忍成修吾