NHKドラマ「螢草 菜々の剣」登場人物(キャスト)・あらすじ・原作

NHKドラマ「螢草 菜々の剣」

「螢草 菜々の剣」

「螢草 菜々の剣」の記事一覧を見る

どうも、夏蜜柑です。
2019夏ドラマの紹介です。

清原果耶さん主演の時代劇「螢草 菜々の剣」(全7回)。

奉公先の主人を陥れようとする敵は、父を死に追いやった男だった!孤立無援の危機が迫る中、一風変わった仲間たちの助けを得て、主家の主人とその子供たちを守る一途なヒロインの戦いが始まる。(NHK公式サイトより)

原作は葉室麟さんの時代小説『螢草』。

武家の出を隠して風早家の奉公人となった菜々が、奉公先の主人と亡き父を陥れた仇敵に一世一代の勝負を挑む時代エンターテインメントです。

主人公・菜々を演じるのは「透明なゆりかご」でのみずみずしい演技が記憶に新しい清原果耶さん。

爽やかな風が吹き渡るような、とても清々しい時代劇です。
配役も素晴らしく、文句のつけようがないほどフィットしています。

ちなみに「螢草」とは、ツユクサのこと。
俳諧では初秋の季語として使われているそうです。

▼第1話の感想はこちら
NHKドラマ「螢草 菜々の剣」NHKドラマ「螢草 菜々の剣」第1回|配役が完璧!爽やかな時代劇始まる

※この記事は随時更新中です

番組概要

  • 動画配信:U-NEXT
  • 放送局:NHK・BSプレミアム
  • 放送時間:2019年7月26日(金)から毎週金曜夜8時~【全7回】
  • 原作:葉室麟『螢草』
  • 脚本:渡邉睦月/森脇京子
  • 演出:岡田健/黛りんたろう/鹿島悠
  • 音楽:Evan Call

あらすじ

16歳の菜々が奉公に上がった風早家には、優しい奥様の佐知と身分の分け隔てなく接してくれる主の市之進、そして二人の子供たちが居た。菜々は実は武家の出。藩内の不正を明らかにしようとした父が無実の罪で切腹に追い込まれた後、出自を隠し母方の実家に身を寄せていた。やがて佐知は結核で亡くなり、藩内の不正を正そうとする市之進にも魔の手が迫る。
その中心人物・轟が他でもない父の仇と知った時、佐知に後を託されていた菜々は、市之進とその子供たちを守って戦うことを決意した。市之進の仲間たちまでもが敵に篭絡される中、菜々の味方になったのは一筋縄でいかない連中ばかり。だが彼らの助けと父が遺した藩内の不正の証拠を切り札に、菜々は強大な敵に大勝負を挑んでいく――。(NHK公式サイトより)

原作について

このドラマの原作は、葉室麟さんの時代小説『螢草』(2012年刊)です。

父が無実の罪で切腹した後、武家の出を隠して風早家の女中となった菜々。
当主の市之進や奥方の佐知は菜々を優しく迎え入れますが、その風早家にも危機が迫ります。

亡き父のため、風早家のため、菜々は孤軍奮闘し、一世一代の勝負に挑みます。

登場人物(キャスト)

※第4話までのネタバレを含みます

菜々(清原果耶)
風早家の奉公人。もとは鏑木藩藩士・安坂長七郎の娘。14年前、父親が刃傷沙汰を起こして切腹し、家は取り潰しとなっている。その後母と共に叔父の家に身を寄せていたが、母が亡くなったため出自を隠し女中として風早家に奉公することに(第1話)。
風早家で父を切腹に追い込んだ仇敵・轟平九郎と出会ったことから復讐心を抱くようになり、偶然知り合った壇浦五平衛に密かに剣術を教わっている(第2話)。
轟の策略により風早家が閉門となった後、「枡屋」の裏手にあるあばら屋を借りて正助ととよと3人で暮らし始める(第4話)。

風早市之進(町田啓太)
風早家の主。鏑木藩藩士で、勘定方を務める。女中として雇った菜々を温かく迎え入れ、優しく見守る。乱れた藩政の刷新を目指す中で、轟平九郎と日向屋の関係に気づくが、風早家に恨みを抱く轟平九郎に陥れられ謹慎処分を命じられる(第3話)。
さらに轟を襲った首謀者としての濡れ衣を着せられ、江戸送りになる(第4話)。

佐知(谷村美月)
市之進の妻。菜々に助言を与え、姉のように優しく導く。胸の病に倒れ、武家の出であることを告白した菜々に市之進と子供たちを託し、この世を去る(第3話)。

正助(山下心煌)
市之進と佐知の息子。風早家の嫡男。市之進が投獄され風早家が閉門となった後、菜々と共にあばら屋で暮らし、儒学者・椎上の塾に通うようになる(第4話)。

とよ(田中乃愛)
市之進と佐知の娘。菜々に懐いている。風早家が閉門となった後、菜々と共にあばら屋で暮らす(第4話)。

甚兵衛(苅谷俊介)
風早家の家僕。菜々を孫のように可愛がる。

安坂長七郎(川口覚)
菜々の亡き父。鏑木藩藩士。14年前、日向屋にまつわる不正を正そうとしていたが、着服の疑いをかけられて城内で轟平九郎に斬りかかり、切腹を命じられた。

五月(奥貫薫)
菜々の亡き母。安坂家が取り潰しとなった後、実家で菜々と共にひっそりと暮らしていた。長七郎を陥れたのは轟だと漏らしていた。

秀平(阿南健治)
菜々の叔父で、五月の弟。父の跡を継いで赤村の庄屋を務めている。菜々の身を案じ、決して武家の出であることを口外しないよう忠告する。菜々が息子の宗太郎の嫁となることを望んでいる。

宗太郎(松大航也)
秀平の息子。菜々に好意を持っている。父・秀平と共に風早家を訪れ、菜々を嫁にしたいと市之進に直訴する(第3話)。

桂木仙之助(高田翔)
市之進と共に藩政改革を推し進めようとする若侍。市之進が轟の罠にはまったと知って同志たちと轟を闇討ちにしようともくろむが、返り討ちに遭う(第3話)。

雪江(南沢奈央)
武具奉行・本田内記の娘。佐知の死後、叔父が市之進に持ち込んだ縁談の相手。かねてより市之進を慕っており、縁談を断られた後も市之進の身を案じて風早家を訪れている(第4話)。

轟平九郎(北村有起哉)
藩内で隠然たる力をふるう。14年前、日向屋の不正を正そうとした菜々の父を陥れ、切腹に追いやった張本人。両替商の日向屋孫右衛門と結託し、私服を肥やしていると思われる。日向屋との関係に気づいた市之進を巧妙な手口で罪に追い込む(第3話・第4話)。

日向屋孫右衛門(本田博太郎)
藩内の商いを一手に取り仕切る豪商「日向屋」の主。轟と結託し、長年にわたって藩の財政を食い物にしてきた。轟の出自についても知っている(第3話)。

壇浦五平衛(松尾諭)
菜々が峠で出会った浪人。飛雲心刀流の免許皆伝。鏑木藩に剣術指南役として召抱えられる。道端で行き倒れていた時に菜々と出会い、だんごを60本を食べたため、菜々から「だんご平衛さん」と呼ばれる(第1話)。菜々の頼みを聞き入れ、剣術を指南する(第2話)。

舟(濱田マリ)
質屋「升屋」の女主人。元芸者。5年前に旦那に死なれて以来、女手一つで升屋を切り盛りしている。どくろの羽織は、女だからと馬鹿にする客に「命がけで商売をやっている」ことを見せつけるため。菜々からは「お骨さん」と呼ばれている(第2話)。
風早家が閉門になり行き場を失った菜々と子供たちに空き家を貸し、イヤイヤながらも何かと面倒を見る(第4話)。

椎上節斎(石橋蓮司)
儒学者。菜々が借りた家の隣に住み、藩士の子弟のための塾を開いている。菜々には「死神先生」と呼ばれている(第4話)。

田所与六(中村育二)
市之進の叔父。何かと口うるさく、金の無心もする。市之進が謹慎処分を受けたとたん、「今日限り叔父でも甥でもない」と言い放つ(第3話)。

滝(阿知波悟美)
与六の妻。軽輩である佐知に嫌味を言ったり、菜々の悪口を言ったりする(第1話)。

このドラマは、U-NEXTで視聴可能です。※最新の配信状況と料金はU-NEXTサイトにてご確認ください

「螢草 菜々の剣」の記事一覧を見る

ほかの記事を読む?

NHKドラマ「螢草 菜々の剣」 NHKドラマ「螢草 菜々の剣」第1回|配役が完璧!爽やかな時代劇始まる BS時代劇「小吉の女房」 NHKドラマ「小吉の女房」第1話|勝海舟を育てたおかしな夫婦