NHK大河「いだてん」第11回|三島天狗の挑戦と“百年の孤独”

NHK大河ドラマ「いだてん」

「いだてん」の記事一覧を見る

どうも、夏蜜柑です。
2019年NHK大河ドラマ「いだてん」第11回。

文句なしに面白いなぁ。
面白いし、泣けるし、笑えるし、面白いし。

今回は三島天狗と「百年の孤独」に泣かされました。

記録は大したことなかったかもしれませんが、三島氏がオリンピックを心から楽しんでくれてよかった。余裕がなくて必死で、ビリっけつだったけど、清々しい笑顔が最高でした。

ふぐ丸
「ミスター12秒」返上。

第11回「百年の孤独」のあらすじ感想

オリンピック、開幕

1912年(明治45年)7月6日、ストックホルムオリンピック開会式です。
当時の様子を再現したVFXが素晴らしい。きれい。

「JAPAN」だ「日本」だとさんざん揉めたプラカードの表記は、間をとってローマ字で「NIPPON」となりました。これ、その後も定着したらよかったのに。

「NIPPON」と書かれたプラカードを四三さんが、日の丸の国旗を三島天狗が持ち、その後ろに治五郎先生、大森監督、田島さん(治五郎先生に急遽呼ばれた)。通訳のダニエルまで加わっていました。

現在残っている開会式の写真、2枚ともパッとしないんですよね。
1枚は四三さんが、1枚は三島天狗が旗に隠れちゃってる(こっちは安仁子が撮った写真らしい)

夏蜜柑
安仁子の写真はイマイチ、という前回の振りがここで。

三島天狗の挑戦

三島天狗は男子100m走の予選に出場します。
緊張と不安で押しつぶされそうになる三島氏を見て、大森監督が声をかけました。

「短距離はね、タイムを競い合う競技だ。つまり、敵はタイムのみ。
一緒に走る選手のことは、ライバルではなくタイムという同じ敵に立ち向かう同志と思いたまえ」

いいこと言うなぁ大森さん!

その言葉で心が軽くなった三島天狗は、「ヨォシ!」と気合いを入れてトラックに向かいます。

レースの結果はダントツの最下位でした。
欧米人の速さには、まるでかなわなかった。

でも、自己記録を更新して、11秒台に乗せることができました。
大森監督と抱き合い、喜ぶ三島天狗。

敵はタイムのみ。
レースには負けたけど、過去の自分には勝った。

夏蜜柑
素晴らしいよ。

「プレッシャー」を知る四三さん

三島天狗は治五郎先生の前では「これからいかにして世界レベルに追いつくかですね」と前向きな発言をします。

が、四三さんには「やはり日本人には短距離は無理なようだ」と本音を漏らします。

三島氏は200mの予選でも惨敗。
四三さんは、しだいに重圧を感じ始めます。

マラソンレース3日前、四三さんが何をしていたかというと、「押し花作り」。
乙女チックなシーンに仕上がっていて思わず笑ってしまいますが、史実です。

四三さんは「勝たなければ」という焦りとモヤモヤを、押し花で鎮めようとしていました。

三島天狗は四三さんの気持ちを軽くしようと、かつて四三さんが自分にかけてくれた言葉をそのまんま伝えるのですが、「熊本弁でバカにして!」とキレられてしまいました。

「そのモヤモヤは君、プレッシャーだよ。西洋人はそれを、プレッシャーと呼ぶそうだ」

モヤモヤの正体が「プレッシャー」という名前で、西洋人もみんな持っているものだとわかり、一気に心が晴れる四三さん。

夏蜜柑
言葉の力だねぇ。

自分でもなんだかよくわからない、モヤモヤしたもの。
でもそれには「プレッシャー」という名前がちゃんとついていた。

名前があるということは、世間に認知されているということ。
つまり、自分だけのものではなく、一般的なものだということ。

それだけでホッとして、孤独から解放される。
言葉ってすごいな……と感動させられたシーンでした。

走りきった三島天狗

7月12日。三島氏の最後のレース、400m予選が始まります。
大森監督は病状が悪化して伏せっているため、四三さんがコーチ役を代任。

5人中3人が直前に棄権したため、走るのは三島氏を入れて2人だけ。
2着までが予選通過なので、この時点で既に準決勝進出が決まっています。

でも、三島天狗は全力で走りました。

結果は2着でした。
次も頼むぞ、という言葉に「もう次はないです」と答える三島天狗。

「日本人に短距離は無理です。百年かかっても、無理です。もう十分、走りました」

楽しかった、悔いはないという三島氏を、治五郎先生と四三さんは「よくやった」「お疲れさま」と労いました。

なんでこんなに感動するんでしょうね……爽やかで、胸が熱くなるシーンでした。

スポーツってこんなにシンプルなものだったのか、と改めて思いました。
「楽しかった」「お疲れさま」単純に、それだけでいいんですよね。

そして三島天狗に伝えたい。
「百年かかっても無理」じゃなかったんだよ、ということを。

噺家パートもチラリ

円喬師匠から「三遊亭朝太」と言う名前をもらった美濃部孝蔵。
なんと、何も教わっていないのに、高座に上がることに。

「できるよ。君には、何かあるから」という漠然とした理由のお墨付きをもらい、孝蔵は戸惑いつつも初高座に向けて準備します。が……うまくいかず、酒浸りに。

夏蜜柑
大丈夫かねぇ。

昭和パートもチラリ

少しですが、昭和パートの皆さんも久々に登場しました。
ストックホルムオリンピックの記録映画を見つけ、喜ぶ面々。

なんでも、黒澤明監督が東京五輪の記録映画の総監督を任され、「日本人が初めてオリンピックに出た時の開会式が見たい」と言ったそうで。

でも、開会式の日本チームはほとんど映ってなかったんだけどね……。

出演者が逮捕され、スタッフは今てんてこ舞いだろうと思います。
播磨屋さんが誰になっても応援しますし、ゴールまで見届けるつもりです。

代役が早く決まりますように。
この先、順調に走れますように。

ドラマ「いだてん」は、U-NEXTで視聴可能です
※最新の配信状況と料金はU-NEXTサイトにてご確認ください

「百年の孤独」とは

今回のサブタイトルは「百年の孤独」でした。
コロンビアの作家、ガルシア=マルケスが1967年に発表した長編小説のタイトルです。

南米の架空の村“マコンド”の創世から滅亡までを辿る、百年にわたる奇想天外な年代記。現実と幻想が入り交じる、壮大な神話的世界が描かれています。著者の代表作で、世界的ベストセラーとなりました。

劇中で、400mの予選を走りきった三島弥彦は、「日本人に短距離は無理です。百年かかっても無理です」と言いました。

ストックホルムオリンピックで弥彦が感じた「孤独」は、それほどに深いものだったのでしょう。この日から、日本の短距離選手は「百年の孤独」を背負うことになりました。

日本男子トラック種目のオリンピックでの初のメダル獲得は、96年後。
2008年北京オリンピック・陸上男子4x100mリレーでした。

キャスト

明治パート

金栗四三……中村勘九郎
嘉納治五郎……役所広司
春野スヤ……綾瀬はるか
三島弥彦……生田斗真
永井道明……杉本哲太
大森兵蔵……竹野内豊
大森安仁子……シャーロット・ケイト・フォックス
可児徳……古舘寬治
美川秀信……勝地涼
野口源三郎……永山絢斗
美濃部孝蔵……森山未來
橘家円喬……松尾スズキ
金栗実次……中村獅童
三島弥太郎……小澤征悦
三島和歌子……白石加代子
シマ……杉咲花
清さん……峯田和伸
小梅……橋本愛
本庄……山本美月
田島錦治……ベンガル

昭和パート

古今亭志ん生……ビートたけし
田畑政治……阿部サダヲ
岩田幸彰……松坂桃李
東龍太郎……松重豊
平沢和重……星野源
美津子……小泉今日子
おりん……池波志乃
今松……荒川良々
五りん……神木隆之介
知恵……川栄李奈

「いだてん」の記事一覧を見る

ほかの記事を読む?

NHK大河ドラマ「いだてん」 NHK大河「いだてん」第12回|運命の分かれ道…消えたカナクリ NHK大河ドラマ「いだてん」 NHK大河「いだてん」第10回|ラザロ選手に足袋をあげる四三さん