NHK正月時代劇「家康、江戸を建てる」登場人物(キャスト)・あらすじ・原作

正月時代劇「家康、江戸を建てる」

どうも、夏蜜柑です。
2019冬ドラマの紹介です。

NHK正月時代劇「家康、江戸を建てる」(NHK)。

寒村から「大都市・江戸」を計画した、ドリーマー徳川家康と、家康の夢に人生を賭けた熱い男たちのドラマ!
直木賞作家・門井慶喜作品、初のドラマ化。NHK正月時代劇、初の2夜連続放送!
家康と「無名の男たち」の「江戸作り」を、4Kでダイナミックに再現します!(公式サイトより)

夏蜜柑
原作を読みました。面白かったです。
ふぐ丸
時代劇版「プロジェクトX」。

番組概要

  • 放送局:NHK総合、BS4K
  • 放送時間(NHK総合):前編…2019年1月2日(水)夜9時~/後編…2019年1月3日(木)夜9時~
  • 放送時間(BS4K):前編…2019年1月1日(火・祝)夜7時~/後編…2019年1月2日(水)夜7時~
  • 原作:門井慶喜『家康、江戸を建てる』
  • 脚本:八津弘幸(「半沢直樹」「家政婦のミタゾノ」「小さな巨人」「陸王」)
  • 音楽:林ゆうき
  • 演出:前編…西谷真一/後編…一色隆司

あらすじ

前編「水を制す」あらすじ

徳川家康(市村正親)は、低湿で水浸しの大地(今の東京)に、人が住めるようにするには、どうすれば良いか?と考えた。海水が流れ込んでくる関東の低地では井戸から水を得難く、人が生きるための清水の確保が急務であった。いわゆる上水の整備を命じられたのは、家臣・大久保藤五郎(佐々木蔵之介)。若き日、戦場で傷を負い、馬にもまたがれぬ身となり、家康のための菓子作りを長年してきた大久保は、現在の井の頭池から江戸の町に上水を通すという一世一代の大仕事に取り組む。が、右腕となるのは、武蔵野農民の人望厚いだけの名主・内田六次郎(生瀬勝久)と、変人テクノクラート・春日清兵衛(千葉雄大)。二人の扱いに手を焼く藤五郎に比べ、利根川の流れを変えるという大工事に挑む伊奈忠次(松重豊)は着実に成果を上げていく。長引く工事に幕府の金庫番・大久保長安(高嶋政伸)が猛烈に圧力をかけてくる中、藤五郎は神田上水完成のため、伊奈の協力を求めるが・・・(公式サイトより)

後編「金貨の町」あらすじ

家康(市村正親)が目指したのは、全国共通貨幣「小判」を一手に製造する首都・江戸の建設である。この頃、日本の経済の中心は、豊臣家の拠点・大坂であった。大坂に物が集まり人も集まり、発展を遂げる。江戸を大坂以上の経済都市にする。そのためには日本全国に流通し、安心して利用される日本初の流通貨幣を「江戸」で、製造しなくてはならない。家康が抜擢したのは、褒賞の品としての大判の金貨作りを牛耳ってきた京の名家後藤家の一職人に過ぎない橋本庄三郎(柄本佑)であった。随一の腕を誇りながら、「後藤家の人間」でないため、名を出して仕事をする事ができなかった庄三郎にとって、江戸に行き家康の下で「天下万民に流通する日本初の小判」を作れることは千載一遇のチャンスであった。しかし、京の後藤家当主・徳乗(吉田鋼太郎)は娘・早紀(広瀬アリス)との縁組をちらつかせたり、さらには秀吉の力をも使い、小判製造の邪魔をする。庄三郎はひたすら均一で上質な小判作りにまい進する。そして、関が原の戦い。家康に背中を押され、庄三郎の打った手は?(公式サイトより)

原作について

このドラマの原作は、門井慶喜さんの『家康、江戸を建てる』です。

いわば「プロジェクトX」の時代劇バージョン。
今までこういう小説を読んだことがなかったので、面白かったです。

秀吉から「関八州をやろう」と言われた家康。
それは事実上の“左遷”でしたが、家康は国替えに応じ江戸を本領とします。

荒れ寺のようにお粗末な江戸城のまわりには、泥湿地だらけの灰色の土地が広がっていました。

利根川東遷、神田上水、江戸城築城……家康と家臣たちによる日本史上最大のプロジェクトを描いた、巨大都市「江戸」の誕生物語です。

第1話「流れを変える」
家康から江戸の地ならしを任された伊奈家が三代にわたって利根川東遷に挑む話。
第2話「金貨を延べる」
家康から小判の製造を任された橋本庄三郎が全国に流通する貨幣鋳造に挑む話。
第3話「飲み水を引く」
家康から上水工事を任された大久保藤五郎と内田六次郎が江戸の町に飲み水を引く話。
第4話「石垣を積む」
石切の吾平が伊豆で切り出した巨石を貴三太が江戸城の石垣に積む話。
第5話「天守を起こす」
将軍職を継いだ秀忠が父・家康の命で白壁の天守を建てる話。
夏蜜柑
ドラマでは、全5話のうち第2話と第3話が前後編で描かれます。

江戸(時代)には興味津々なんですけど、わたしは大阪生まれの大阪育ちなので、地理的にピンとこない部分が多いんですよね。原作を読んでいても、文章だけではイメージしにくい部分が多々あって。

映像で視覚化してもらえることは非常にありがたいです。

登場人物(キャスト)

徳川家康……市村正親
秀吉の一声で江戸に移封される。家臣たちがこぞって反対する中、江戸の地に希望を見い出し、壮大な都市計画を企てる。

大久保長安……高嶋政伸
甲斐出身の代官頭。猿楽師の子として生まれ、武田信玄に家臣として取り立てられたと言われている。甲斐時代からの同僚・伊奈忠次と評判を分ける有能な官僚。徳川の財政を一手に請け負い差配した。
藤五郎から上水工事の役目を奪うため、密かに邪魔をする(前編)。庄三郎の小判作りを激励するが、秀吉に先を越されたことで庄三郎を責める(後編)。

語り……石坂浩二

前編「水を制す」

大久保藤五郎(主水)……佐々木蔵之介
家康に菓子を献上する菓子司。喜怒哀楽の沸点が異常に低い。三河の一向一揆で鉄砲玉を受けて負傷し、歩行が不自由になる。菓子作りで水を利き分ける舌を持つことから、家康に「江戸の飲み水探し」を命じられる。大任を任され意気揚々と江戸へ向かうが……。

内田六次郎……生瀬勝久
武蔵野にある集落の名主。家康に「七井の池」を案内したことから上水の普請を任される。最初は藤五郎と衝突するが、次第に意気投合するようになる。礼儀を知らず言葉は荒いが、人足からの人望は厚い。

春日清兵衛……千葉雄大
上水普請に革新的な技法を持ち込んだ技術者。工事のためなら妥協を許さない完璧主義者で、六次郎が連れてきた人足たちを辞めさせようとする。

伊奈忠次……松重豊
徳川家家老。関東代官頭。家康に江戸の「地ならし」を命じられ、利根川東遷に挑む。同じ代官頭である大久保長安とは評判を分け、「関東の双璧」と呼ばれた。藤五郎から直々に頼まれ、腕の立つ職人衆を貸し出す。

安兵衛……マギー
どんな時でも藤五郎に付き添う従者。藤五郎をかばって大怪我をする。子供の頃にはやり病で身内を全員亡くしており、きれいな水を引くことで疫病がなくなることを願っている。

伊可……優香
藤五郎の妻。夫・藤五郎の壮大な仕事の完成を信じている。

絹……藤野涼子
藤五郎のひとり娘。年中家を留守にして上水工事に明け暮れる父・藤五郎に反発する。

後編「金貨の町」

橋本庄三郎……柄本佑
後藤家の職人。いずれ名をなすという野心を秘めて日々精進を続けている。金貨作りの手腕は右に出るものはない。主の徳乗や徳乗の弟・長乗に功績を奪われることに悶々としていたが、家康に見い出され、新天地・江戸で小判作りに挑む。
徳乗の娘・早紀との縁組に心を躍らせるが、縁組は庄三郎を江戸へ行かせるための徳乗らの計略で、庄三郎が江戸にいる間に早紀は他家へ嫁いでしまう。

早紀……広瀬アリス
徳乗の娘。庄三郎のことを誰よりも理解し、影ながら応援する。父・徳乗の命により庄三郎と夫婦約束をするが、庄三郎が江戸に残ることになり、後藤家のために他家へ嫁ぐ。その後も庄三郎を想い、庄三郎からの文を捨てられずに持っていた。

中越与一郎……林遣都
後藤家の職人。庄三郎の弟分。庄三郎と共に江戸に同行し、金貨作りの主要メンバーとなる。庄三郎の信頼を誰よりも得ていたが、金を盗んだことが露見し庄三郎に追い出される。その後京へ戻り、家康の小判作りを密告して後藤家に再び雇い入れられる。

志村伝衛門……高橋和也
家康の御家人。江戸で庄三郎と与一郎を住まわせ、面倒をみる。

栗……伊原六花
伝衛門の娘。庄三郎に思いを寄せるようになる。早紀からの文が途絶えて心配する庄三郎を見かねて、ひそかに早紀に成り代わって文を書いていた。

後藤徳乗……吉田鋼太郎
金細工の名門・後藤家の当主。秀吉の庇護を受け、金貨製造の独占をもくろむ。娘・早紀との縁談の条件として、一年間江戸へ行くことを庄三郎に命じる。関ヶ原の戦いでは石田方につく。

後藤長乗……吹越満
徳乗の弟。気が短く、兄の権力をかさに着て我が物顔で振る舞う。家康に指名され、貨幣鋳造を担うため庄三郎と共に江戸へ向かうが、一年後に庄三郎を江戸に置いて京へ帰ってしまう。


新着記事を読む?