「インハンド」第1話|寄生虫トリビアがグッとくる

ドラマ「インハンド」

どうも、夏蜜柑です。
TBS金曜10時「インハンド」が始まりました。

寄生虫っていうワードが怖かったのですが、面白かったです。

山P演じる主人公・紐倉博士がとても魅力的。初回で好きになりました。
菜々緒さんと濱田くんもすごくいい。楽しい。

心配していた寄生虫も直接映ることはなかったので、モウマンタイでした。何より紐倉博士の〝寄生虫愛〟が尋常じゃないので、なんとなく寄生虫が可愛く思えてきてしまう(もちろん気のせい)

今後が楽しみなドラマになりそうです。

第1話のあらすじとキャスト

第1話のあらすじ

  • 台田総合病院の医師・高家春馬(濱田岳)は、心筋梗塞で亡くなった複数の患者が〝シャーガス病〟という感染症にかかっている可能性を指摘する。だが院長の黒野(正名僕蔵)は取り合おうとせず、高家は厚生労働省に匿名で内部告発状を送る。
  • 告発状を受け、外務省から内閣官房サイエンス・メディカル対策室へ出向になった牧野巴(菜々緒)は、変わり者の寄生虫学者・紐倉哲(山下智久)の研究室を訪ねる。〝シャーガス病〟は、トリパノソーマという寄生虫がサシガメという昆虫を媒介にして体内に入ることにより引き起こされる病気だった。
  • 紐倉と牧野は台田総合病院へ行き、高家と会う。亡くなった患者の血液からは、いずれもトリパノソーマが確認された。そのうちのひとりは、10年前に〝シャーガス病〟を日本に持ち込んだ「チチクチオイル」を売り出したオケヤ食品の社長・桶矢だった。
  • 「チチクチオイル」を特定保健用食品に認定した厚労省の倉井雄一(相島一之)と院長の黒野は、医療過誤は高家のねつ造によるものだと発表し、高家に懲戒解雇処分を言い渡す。サイエンス・メディカル対策室の網野(光石研)も厚労省の判断には逆らえないと匙を投げる。
  • 紐倉は10年前に「チチクチオイル」で〝シャーガス病〟を患い自殺した江里口慈帆の父・江里口新(風間杜夫)を疑い、高家と共に江里口の家を調べる。江里口は敷地内の小屋で大量のサシガメを飼っていた。
  • 江里口は倉井を拘束し復讐しようとしていたが、紐倉に説得されて思いとどまる。江里口は逮捕され、倉井は自主退職により退職金6000万円を手に入れる。紐倉は医者を辞めた高家に声をかけ、研究所の助手として雇う。

第1話のキャスト

紐倉哲……山下智久
高家春馬……濱田岳
牧野巴……菜々緒
御子柴隼人……藤森慎吾
熊谷美緒……高橋春織
城田幸雄……酒井貴浩
山崎裕……田口トモロヲ
大谷徹……松尾貴史
網野肇……光石研

ゲスト
江里口新……風間杜夫
倉井雄一……相島一之
黒野秀之……正名僕蔵

第1話の感想

キラキラドラマは苦手なんだけど、これは面白かった。

主人公の紐倉博士は寄生虫学者で人間嫌いという変わり者。
学者にありがちな設定だけど、ネガティブな感じではないんだよね。

山下さんがもともと持っているフワッとした雰囲気もあるのだろうけど、独特の〝おかしみ〟が出ていて好感が持てました。

右手の義手についても「暗い過去を背負っている」という匂いを出さず、明るい描写でサラッと流しているところがいいですね。ただ何かあることは確かなので、今後明らかになっていくと思われます。

紐倉博士が語るセリフも素敵です。
ちょっと笑えて、不思議と納得してしまう「寄生虫トリビア」が個人的にはツボ。

「打たれ弱いな。ヌマエラビルを見てみろ。彼らはマイナス196度の液体窒素にさらされても、32か月冷凍保存されてもびくともしないで生きてんだぞ。少しはその生命力を見習えよ」

わたし寄生虫は好きじゃないけど生物にはめちゃくちゃ興味あるので、こういうのグッとくるわー。いや、そんなゾンビみたいなのと比べられても困るんだけどさ。

ちなみにこのセリフは、濱田くん演じる高家が「難しいよ、組織に刃向かうのは」とぼやいた直後の返しでした。

サブの2人もいい感じで絡んでいます。

菜々緒さんが〝普通の役〟をやっているのが新鮮だったけど、めっちゃイイじゃないですか。これくらいのヘアメイクのほうが似合うしキレイだし可愛いと思う。

菜々緒さん演じる牧野巴が勤務する「サイエンス・メディカル対策室」のシーンが意外と面白かった。お堅いエリート集団の部署かと思ったらそうでもなく。

イケイケの牧野とは対照的な、事なかれ主義の光石さんと藤森さんが交わす縁側のおじいちゃんたちみたいな会話が好き。

でもいざとなると行動を起こしてくれる人たちでもあって、意外と頼りになるかも?
今後は厚労省のあの人がキーマンになりそうですね。楽しみ。

次回からは濱田くん演じる高家が正式に紐倉博士の助手になるようなので、2人の関係の変化も見どころになりそうです。

テンポもいいですし、コミカルの度合いも強すぎずちょうどいい。
全体的に期待が持てるドラマでした。

このドラマは、Paraviで視聴可能です。※最新の配信状況と料金はParaviサイトにてご確認ください

ほかの記事を読む?

ドラマ「ミラー・ツインズ」 「ミラー・ツインズ」第1話|誘拐された双子の兄が生きていた アガサ・クリスティ「予告殺人」 アガサ・クリスティ著「予告殺人」あらすじ解説|伏線の妙と意外な犯人